P5GC-MX/1333

    P5GC-MX/1333

    FSB 1,333MHzに対応するコストパフォーマンスに優れるmicroATXマザーボード

    • Intel 945GCチップセット搭載
    • 独自にFSB 1,333MHzに対応
    • 省スペースPCに最適なmicroATXマザーボード
    • 起動時にBIOSを更新できるEZ Flash機能搭載
    • BIOSをCD-ROMから復旧できるCrashFree BIOS 2搭載
    • 環境に配慮したGreen ASUS対応製品
      Product Image

      製品の特徴

      FSB 1,333MHzに独自対応するハイコストパフォーマンスマザーボード

      P5GC-MX/1333コストパフォーマンスを徹底的に追及したX-Seriesの製品となっています。搭載機能をマザーボード本来の機能に極力絞り、できるだけシンプルな構成のマザーボードになるように設計を行いました。Core 2 Duoに対応しているだけでなく、独自にFSB 1,333MHzに対応しており、コストを重視しつつ性能にも妥協しないPCを実現できます。

      省スペースPCに最適な、グラフィックス機能内蔵のmicroATXマザーボードです


      3D処理も可能なグラフィックス機能を搭載

      チップセットにIntel 945GCを採用し、ビデオカードがなくても画面出力が可能です。グラフィックスコアは、3Dグラフィックス機能に対応するIntel Graphics Media Accelerator 950なので、比較的処理が軽い3Dゲームなら十分プレイ可能。3D処理性能に不満を感じたら、後からビデオカードを追加することも可能です。

      microATXサイズで省スペースPCに最適

      通常のATX規格よりも小さなmicroATX規格のマザーボードなので、省スペースPCの自作に最適です。microATXとは言え、ビデオカード用のスロットとしてPCI Express x16スロットを搭載します。ビデオカードを使用しなくてもディスプレイ出力が可能なので、最初は内蔵グラフィックス機能を使用し、後からビデオカードをアップグレードするという使い方も可能です。

      環境に配慮したGreen ASUS対応

      Green ASUS logoASUSでは、環境に配慮した製品作りを行うために独自に製造基準を定めています。その基準のことをGreen ASUSと呼び、対応製品にはロゴを付けることにしています。Green ASUS対応製品では、廃棄時の処理が難しい鉛などを使用せず、パッケージにもできるだけ簡素で再処理が可能なものを使用しています。また、Green ASUSはEU(ヨーロッパ連合)が定めるRoHS(Restriction of the use of certain Hazardous Substances in electrical and electronic equipment)指令にも対応しています。
      RoHS対応製品には、このロゴが貼られています


      ASUSが独自に搭載している主な機能

      静音・低温化関連機能

      Q-Fan(冷却ファン自動制御機能)

      Q-FanQ-Fanは、CPUファンの回転数を自動で制御する機能です。CPUの温度に応じてファンの回転数を自動で変更するので、低負荷時にPCの動作音を大幅に抑えることができます。


      BIOS関連機能

      EZ Flash(BIOS内蔵のBIOSアップデートツール)

      EZ FlashEZ Flash 2は、BIOS設定画面から簡単にBIOSの更新を行える機能です。BIOS設定画面の「ASUS EZ Flash 2」を選択するとEZ Flash 2ツールが起動し、USBメモリやフロッピーディスク、またはCD-Rなどに保存したBIOSイメージからBIOSを更新することができます。


      CrashFree BIOS 2(BIOSトラブル時の復旧機能)

      CrashFree BIOSCrashFree BIOSは、BIOSの更新時などにBIOSがクラッシュしてしまった場合でも、サポートCD-ROMから簡単にBIOSを復旧することができる機能です。この機能があれば、BIOSがクラッシュした場合でもマザーボードを修理に出す必要がなくなります。

      MyLogo(起動画面カスタマイズ機能)

      MyLogoMyLogoは、BIOSの起動画面をカスタマイズする機能です。あじけないPOST画面や、メーカーロゴなどではなく、自分好みの画面を起動画面に設定することができます。