ROG STRIX X99 GAMING

    ROG STRIX X99 GAMING

    イルミネーション機能を搭載するR.O.G.シリーズのゲーマー向けIntel X99マザーボード

    - LGA2011-v3対応
    - Intel Core i7シリーズCPU対応
    - Intel X99チップセット搭載
    - DDR4メモリ×8枚(最大128GB)対応
    - PCIe x16×4、PCIe x1×2
    - SATA 6Gb/s×10、SATA Express×1、M.2×1、U.2×1
    - USB 3.1 Type-A×1、USB 3.1 Type-C×1、USB 3.0×8、USB 2.0×8
    - 1000BASE-T×1、IEEE802.11ac/n/a/g/b
    - Bluetooth 4.1
    - LEDでマザーボードを鮮やかに光らせる「ROG Aura」機能を搭載
    - ゲーム用の「SupremeFX」オーディオ機能を搭載
    - ネットワークゲームの通信優先度を高める「GameFirst IV」機能を搭載
    - 安定性を高めたLGA2011-v3完全互換の独自ソケット「OC Socket」を搭載
    - デジタル電源回路の「DIGI+ VRM」を搭載
    - オーバークロック専用チップの「TPU」を搭載
    - 省電力を実現する電力制御チップの「EPU」を搭載
    - 業界最高水準の高性能ファンコントロール機能「Fan Xpert 4」を搭載
    - 重いカードも安心な高耐久PCI Expressスロット「SafeSlot」を搭載
    - USB 3.1の速度を上げる「USB 3.1 Boost」機能を搭載
    - ATXフォームファクター
    Product Image

    基本性能の違い

    イルミネーション機能

    ゲーム用オーディオ

    ゲーム用LAN機能

    付加機能

    インターフェース

    マルチGPU対応

    高い耐久性

    「R.O.G.(Republic of Gamers)」シリーズは、ASUSの製品シリーズの中では最上位の製品シリーズであり、PCゲーマーおよびオーバークロッカー向けに特別に設計を行った製品シリーズです。「ROG STRIX」モデルは、その中でもとくに、これからPCゲームを始めたいというライトゲーマーから、日々ライバルと戦っているようなヘビーゲーマーまで幅広く対応できるようにした製品となっており、ゲーム用のさまざまな機能を搭載しています。

    イルミネーション機能
    LEDでマザーボードを美しく照らす

    マザーボードが搭載しているLEDだけでなく市販のLEDテープにも対応しているので、PCケース内をかっこよく光りで演出することができます。

    ROG Aura機能

    マザーボードの中央に配置したR.O.G.ロゴとバックパネルカバーのSTRIXロゴの下のライン、および拡張スロットのロック部分は使用時に美しく光り、さらに付属ソフトで光の色を自由に変更できます。淡く明滅させたり、CPUの温度に応じて色を変えさせたりすることもでき、マザーボードをよりスタイリッシュに演出することが可能です。

    • Static

      常に点灯させます

    • Breathing

      穏やかに明滅させます

    • Strobing

      点滅させます

    • Color Cycle

      色を変化させて点灯させます

    • Music Effect

      音楽に合わせて点滅します

    • CPU Temperature

      CPU温度に応じて光の色を自動で変えます

    • Rainbow

      流れるように色を変えて点灯させます

    • Comet

      星が流れるように光らせます

    • Flash and Dash

      光が動いているように点滅させます

    • Glowing Yoyo

      ヨーヨーのような動きで光らせます

    市販のLEDテープに対応

    5050タイプのLEDテープに対応するピンヘッダをマザーボード上に搭載しており、市販のLEDテープを接続すれば、PC全体をLEDテープでデコレーションすることができます。

    ※LEDテープ用ピンヘッダは12V/2Aまで対応しています。最大出力で使用する場合はLEDテープの長さを2m以内にする必要があります。

    ※LEDテープは別途購入する必要があります。また、製品には延長ケーブルが1本付属しています。

    ゲーム用
    オーディオ機能

    ゲーム用のオーディオ機能として、クリアで高音質なことが特徴の「SupremeFX」機能と、ゲーム内の音を画面上に視覚情報として表示できる「Sonic Radar II」の2つの機能を搭載しています。

    SupremeFX
    オンボード機能とは思えない高音質オーディオ機能

    ゲームを楽しむ際に、よりクリアで迫力ある音を楽めるように、本製品にはゲーム用の「SupremeFX」オーディオ機能を搭載しました。オーディオ回路はデジタルエリアとアナログエリアを分離してアナログ回路へのノイズの侵入を抑えており、別途サウンドカードを用意することなく、マザーボード単体でクリアな音質を実現しています。また、300Ωのインピーダンスに対応するヘッドホンアンプを搭載し、高性能なハイインピーダンスヘッドホンにも対応しました。

    EMIカバー

    対ノイズカバーをオーディオチップに搭載することで、チップへのノイズの影響を最小限に抑えています。

    デュアルオペアンプ

    2つのオペアンプを搭載しており、高性能なハイインピーダンスヘッドホンやヘッドセットも使用できます。

    ニチコン製オーディオコンデンサ

    オーディオ用コンデンサとして定評があるニチコンのコンデンサを使用しています。より深みのある音を実現します。

    デジタル/アナログ分離基板

    基板上をデジタルエリアとアナログエリアに分けることでノイズの影響を最小限に抑えています。

    Sonic Radar II
    ゲーム内の音の方向を視覚化

    ゲーム用に特化したオーディオ機能として、ゲーム内の音がする方向を画面上にグラフィカルに表示する「Sonic Radar II」機能を搭載しています。たとえば一人称視点のシューティングゲーム(FPS)などで、敵の足音や銃声がする方向と距離を画面上に視覚的に表示することができます。

    ゲーム用 LAN機能

    ゲーム用のLAN機能として、CPU負荷が少ないことで定評のあるIntel製LANコントローラーの「Intel I218-V」に、電気特性に優れた高性能LANポートの「LANGuard」、ゲームの通信優先度を高める「Game First IV」の3つの機能を搭載しています。

    Intel製LANコントローラー
    ゲームに最適なLANコントローラー

    ネットワークゲームをより快適に楽しめるように、本製品にはCPU負荷が低いことで定評のあるIntel製LANコントローラーの「Intel I218-V」を搭載しています。Intel製LANコントローラーはTCPとUDPのスループットが高いことも特徴で、使用環境によってはほかのLANコントローラーよりも大幅な性能向上を実現します。

    低いCPU負荷

    高いTCPとUDPのスループット

    LANGuard
    優れた信号特性を実現した高性能LANポート

    本製品は高耐久で高品質なLANポートを搭載しています。「LANGuard」という名称のこのLANポートは、一般的なLANポートとくらべて1.9倍の静電気の電圧に耐えることができ、2.5倍の過電圧(最大15,000V)に耐えることができます。また、LANGuardでは内部に使用しているコイルなどの部品にも低ESRの高性能なものを使用しており、通信時の優れた信号特性を実現しています。

    1.9倍の電圧に耐えられる
    静電気

    2.5倍の電圧に耐えられる
    過電圧

    GameFirst IV
    ゲームの通信優先度を高める

    「GameFirst IV」は、ゲームのデータ通信の優先度を上げることでネットワークゲームのタイムラグを減らすソフトです。たとえばバックグラウンドでデータのダウンロードを行っていても、ゲームの通信優先度を上げておけばゲームへの影響はほとんどありません。

    Multi-Gate Teaming

    有線LANと無線LANを同時に使用することで通信帯域を上げる「Multi-Gate Teaming」機能も搭載しています。

    付加 機能

    ゲームをよりスムーズに動かすために、ROG STRIX X99 GAMINGはオーバークロックのための機能を搭載しています。オーバークロックのためのさまざまな技術と機能を搭載し、CPUやメモリの性能を限界まで引き出します。

    OC Socket
    安定性を高めたLGA2011-v3完全互換の独自ソケット

    「OC Socket」は、IntelのLGA2011-v3ソケットに若干のピンを追加した、ASUSが独自に開発を行ったCPUソケットです。高負荷時などの高電圧が必要な際に、CPUが要求する電圧を通常のLGA2011-v3ソケットよりも正確に供給することができます。たとえば、CPUが通常よりも高い1.8Vの電圧を急に要求した場合、LGA2011-v3ソケットではその瞬間には1.7V前後の供給にとどまってしまうのに対して、OC Socketでは正確に1.8Vを供給することができます。また、OC SocketはDDR4メモリの動作にも影響を与えます。DDR4メモリのクロックを上げる場合に、LGA2011-v3ソケットと比べてより低い電圧で安定動作させることが可能です。

    通常のLGA2011-v3

    2011ピン

    電圧
    CPUコア電圧 1.728V

    設定した電圧に届かない

    OC Socket

    ピン数を増加

    電圧
    CPUコア電圧 1.824v

    設定した電圧をほぼ実現

    オーバークロックおよび高負荷時にCPU電圧が1.825V必要な場合に以下のような差が発生(左:LGA2011-v3、右:OC Socket)

    キャッシュバスの電圧調節に対応

    Core i7が搭載するキャッシュバスは、CPUコアとメモリコントローラーとシステムエージェントとL3キャッシュをつなげるバスです。CPUのあらゆる処理に必須となる重要なバスであり、このキャッシュバスのクロックを上げることが、CPUの性能を上げることにつながります。ASUSのOC Socketでは、このキャッシュバスの電圧を調節することができ、キャッシュバスのクロックを通常のマザーボードよりも上げることができます。

    リファレンス設計のマザーボードではキャッシュ倍率を30倍までしか設定できませんが、OC Socketを搭載するASUSのマザーボードなら45倍以上に設定することができます

    ROG Strix X99 Gaming

    キャッシュバスはCPUの主要部分を結ぶバスです。キャッシュバスのクロックを上げることでCPUの性能が大きく向上します

    3DMark Physics

    10%

    性能向上

    21,281

    23,303

    定格

    ROG STRIX X99 GAMING(OC)

    メモリ転送速度

    40%

    性能向上

    2,800

    MB/s

    3,200

    MB/s

    定格

    ROG STRIX X99 GAMING(OC)

    DDR4読み出し速度

    21%

    性能向上

    66,961

    MB/s

    81,482

    MB/s

    定格

    ROG STRIX X99 GAMING(OC)

    DDR4書き込み速度

    36%

    性能向上

    58,834

    MB/s

    73,635

    MB/s

    定格

    ROG STRIX X99 GAMING(OC)

    3DMark Physics
    CPU: Intel Core i7-5960X 4.8GHz | MB: ROG STRIX X99 GAMING | メモリ: Corsair DDR4-2133×4 | ビデオカード: GTX 780 | OS: Windows7 64bit

    AIDA64 memory benchmark
    CPU: Intel Core i7-5960X | MB: ROG STRIX X99 GAMING | メモリ: Corsair DDR4-2133×4 | ビデオカード: GTX 780 | OS: Windows7 64bit

    DDR4メモリの安定性を向上
    T-Topologyデザイン

    ASUSのX99マザーボードでは、互換ソケットのOC Socketによって、DDR4メモリのオーバークロックでの安定動作を向上しています。また、CPUの左右にメモリスロットを等間隔で配置することで、同じチャンネルのメモリの配線を無理なく同じ長さにすることができ、高クロック時の安定性を向上しています。

    ワンクリックですべての設定を自動設定
    オーバークロック設定や省電力設定やファン設定を
    自動で設定する便利機能

    付属のAI Suite 3が搭載する5-Way Optimization機能は、マザーボードのオーバークロックの設定、省電力の設定、電源回路の最適化、ファン制御の設定、LANの最適化、オーディオ設定の最適化をすべて自動で行う便利機能です。マザーボードの設定がめんどうだという方や、自作PCの初心者の方は、まずこの機能をお試しください。とても簡単にPCを最適な状態に設定してくれます。


    • ゲームをスムーズに実行できるようになります。また、オンラインゲームに最適なLAN設定や、ゲームに最適なオーディオ設定を行います。
    • 低負荷時にはファンの回転数を抑えて静かに、高負荷時には冷却重視でファンを高速回転させるといったファンの設定を自動で行います。
    • 高負荷時であってもゲームをスムーズに実行できるようにします。
    • アイドル時や低負荷時には自動で省電力動作するので消費電力を削減できます。
    Fan Xpert 4
    業界最高水準の高性能ファンコントロール機能

    Fan Xpert 4は、CPUファンとケースファン、および液冷ポンプの回転速度を温度に応じて細かく制御できるファンコントロール機能です。PWMファンとDCファンの両方に対応しており、PWMファンに対しては、DC制御を組み合わせることで低回転時の制御精度を向上する、PWM/DCハイブリッド制御の「Extreme Quietモード」を使用できます。また、3Aまでの強力なファンを駆動できる「High AMPファンヘッダ」も搭載しています。各ファンに対して、CPU温度や電源回路の温度など、温度制御に使用する温度の計測場所を指定できるので、自分のPC環境に合わせた制御が可能となっています。

    ファンヘッダ

    液冷ポンプ用ヘッダ

    温度センサ

    拡張ファンヘッダ

    液冷ポンプ用ヘッダ

    PWMおよびDC制御に対応する液冷ポンプ用ヘッダです。液冷クーラーの冷却液の流量を制御できます。

    High AMPファンヘッダ

    3Aまでの強力なファンを制御できます。

    ファンヘッダ(PWM/DC両対応)

    ファンがPDM制御かDC制御かを自動で判別して適切な制御を行えます。

    保護チップ

    ファンを過電流などから守る保護チップです。

    拡張ファンヘッダ

    便利な機能 »
    • ソフトなしでも使用可能:ファン制御機能は付属のソフトからだけでなくUEFIからも同様の設定を行えます。
    • ファンスキャン機能:ファンのスペックや実際に動作可能な回転数の範囲などをワンクリックで自動検出します。
    • Extreme Quiet Mode:PWMファンが苦手とする極低回転域において、DC制御方式を使用することで正確な制御を行える、PWM/DCハイブリッド制御を使用することができます。
    « 左のページに戻る

    グラフィカルで使いやすいUEFI BIOS

    ASUSでは、初心者からパワーユーザーまであらゆるユーザーに使いやすいように設計を行ったグラフィカルなUEFI BIOSを搭載しています。従来のBIOSと変わらない操作性を備えたAdvanced Modeと、メモリ搭載量やCPUクロックなどを分かりやすく表示するEZ Modeの2つの動作モードを用意し、マザーボードの設定を容易に変更することができます。

    CrashFree BIOS 3

    UEFI BIOSの更新時などにUEFI BIOSがクラッシュしてしまった場合に、UEFI BIOSの復旧を行える機能です。UEFI BIOSの更新ファイルを保存したUSBメモリまたは付属のサポートDVDを使用して、簡単にUEFI BIOSの復旧を行えます。

    EZ Flash 3

    UEFI BIOSからインターネット接続を行ってUEFI BIOS自身を更新できる機能です。

    RAMCache
    メインメモリをストレージにしてゲームの動作を軽快にする

    「RAMCache」機能を使えば、メインメモリの一部をSSDやHDDのように使用することで、ゲームの起動速度や読み込み速度を高速化できます。

    インターフェース

    最高4GB/s(32Gb/s)に対応するM.2など、高速なインターフェースを搭載しています。

    U.2

    最新のU.2ポートを搭載

    32Gb/sの転送速度を持つ、最新のU.2ポートを搭載しています。最新のSSDを使用できます。

    USB 3.1 type A+C

    USB 3.1ポートを搭載

    10Gb/sの帯域幅を持つUSB 3.1ポートを搭載しています。Type-AとType-Cの2種類のポートを備えており、最新のUSB機器を使用できます。

    M.2 22110

    M.2スロットを搭載

    32Gb/sの転送速度を持つ、M.2スロットを搭載しています。基板タイプのM.2 SSDを使用できます。

    無線LAN

    2x2 IEEE802.11ac/n/a/g/b対応無線LAN機能を搭載

    2.4GHz/5GHzデュアルバンドに対応し、IEEE802.11ac/n/a/g/bの最大867Mbpsの無線LANを使用できる無線LAN機能を搭載しています。無線LAN機能を使用する際は付属のアンテナを使います。

    ※アクセスポイントモードはIEEE802.11n/a/g/bのみへの対応となります。また、Windows 10ではアクセスポイントモードは使用できません。

    ※MU-MIMO機能を使用するためには対応機器が必要になります。

    マルチ GPU対応3-way SLI /CrossFireXに対応

    複数のGPUまたは複数のビデオカードによる分散処理によってグラフィックス性能を大幅に向上する、NVIDIA SLIおよびAMD CrossFireXのマルチGPU技術に対応しています。

    40レーンCPU使用時
    28レーンCPU使用時

    高い耐久性

    ROG STRIX X99 GAMINGは、使用している部品などにも高品質高耐久なものを使用し、高負荷状態で長時間ゲームを楽しんでも安定して高いパフォーマンスを発揮できるようにしてあります。

    SafeSlot
    重いカードもしっかり支える
    高耐久PCI Expressスロット

    一般的なPCI Express x16スロットはプラスティック製ですが、本製品が搭載する「SafeSlot」仕様のPCI Express x16スロットには、プラスチックに加えて金属も使用しており、大幅に耐久性を向上しています。ビデオカードなどを挿した場合に、従来のプラスチック製スロットと比較して、ビデオカードの荷重がかかる方向には約1.8倍の強度を持たせており、ビデオカードを引き抜く方向では約1.6倍の強度を実現しています。SafeSlot仕様のPCI Express x16スロットは、CPUソケットにもっとも近いスロットに採用しています。

    DIGI+ VRM

    デジタル電源回路のDIGI+ VRMはアナログ電源回路に比べて応答性に優れており、負荷によって変動するCPUの要求電力に対して、より早くより正確な電力供給を行うことができます。

    メモリ用ヒューズ

    メモリ用のヒューズ(PolySwitch)を搭載しており、メモリ挿し込み時の接触不良や静電気をはじめ、その他の予期せぬ事象によってメモリに過電流が流れた場合にメモリを故障から守ることができます。

    Q-Code

    PCの起動時にPOST情報を表示するディスプレイです。PCが起動しないなどのトラブルが起きた際に原因を調べる手助けになります。

    ステンレス背面I/O

    バックパネルの各種インターフェース部分に使用している金属に、マザーボードメーカーでは唯一ステンレスを使用しています。通常のバックパネルと比較して約3倍の耐食性を持ち、錆びにくく長寿命です。

    CPU取り付けアダプター

    1layer

    CPUソケットの数が多く、1本1本のピンが大変細いLGA2011-v3では、CPUの角がピンに当たったりCPUをピンの上に落としたりしてピンが破損してしまう事故が多く発生しています。それを防ぐのが、ASUSのマザーボードに付属しているCPU取り付けアダプターです。CPU取り付けアダプターを使えば、CPUを安全にCPUソケットに載せることができます。
    ※本製品に付属するCPU取り付けアダプターはCore i7-6000シリーズ(Broadwell-E)にのみ対応しています。

    Q-Shield

    0pain!

    一般的なバックパネル(I/Oパネル)よりも高品質で取り付けしやすいオリジナル設計のバックパネルです。従来のバックパネルは、マザーボードをPCケースに取り付ける際にバリがジャマになることが多く、大変取り付けづらいものでした。Q-Shieldはバリがなく、高級感のあるバックパネルとなっています。

    Q-Slot

    1clip

    ビデオカードを簡単に取り外せるようにしたロック機構です。一般的な拡張スロットでは、2スロットタイプのビデオカードを使用している場合など、ビデオカードをロックしているレバーに手が届かず、ビデオカードを外せないことがあります。Q-Slotでは、ロック部分にくぼみを入れてあり、ボールペンの先などで押すことで簡単に取り外すことができます。

    Q-DIMM

    1-sided

    一般的なメモリスロットは、スロットの両側のノッチをロックすることでメモリを固定しますが、Q-DIMMでは、より簡単に片側だけのロックでメモリを固定することができます。

    Q-LED

    4LEDs

    CPUやメモリなどの取り付けが不十分で接触不良になっている場合に、LEDを点灯して異常をお知らせする機能です。電源を入れる前に気付くことができるので、パーツの破損を防止できます。

    Q-Connector

    1piece

    PCケースのシステムパネルケーブルやHDDアクセスLEDなどをマザーボードに接続する作業は大変わずらわしいものです。「Q-Connector」は、PCケースから出ているケーブルをシステムパネル、HDDアクセスLEDなどでそれぞれ1つにまとめ、マザーボードにワンタッチで接続するアダプタです。自作PCの組み立てをより簡単にします。

    静電気保護回路
    コントローラーチップを静電気から守る

    USBメモリの普及によって、人の手がUSBポートに触れる機会が多くなりました。そこで必要性が高まっているのが、チップを静電気から守る静電気保護回路です。本製品では、キーボード/マウスコンボポート、USBポート、LANポート、オーディオジャックに静電気保護回路を搭載しており、もし静電気がが流れてもチップを破損から守ります。

    • 1オーディオジャック

      対静電気用のコンデンサを搭載

    • 2USBポート

      対静電気用のダイオードとコンデンサを搭載

    • USBポート

      対静電気用のダイオードとコンデンサを搭載

    • USBポート

      対静電気用のダイオードとコンデンサを搭載

    • 3LANポート

      独自に静電気対策を施したLANポート「LANGuard」LANポートを搭載

    • 4キーボード/マウスコンボポート

      対静電気用のダイオードを搭載

    主な付属品

    ステッカー

    3

    デコレーションを行えます

    ケーブルタグステッカー

    12ラベル

    ケーブルに貼って使用します

    R.O.G.ステッカー

    3

    好きな場所に貼ってください

    結束バンド

    7

    ケーブルをまとめられます

    SATAケーブル

    4

    ストレージ用です

    VRに対応

    ROG STRIX X99 GAMINGは、ヘッドマウントディスプレイなどのVR環境に対応しています。優れたパフォーマンスと安定性に、高い耐久性を備え、快適なVR環境を実現します。

    Intel Inside

    LGA2011-v3のIntel Core i7 Processorに対応
    本製品は、LGA2011-v3ソケットに対応するIntel Core i7 Processorを搭載できるマザーボードです。Intel Core i7 Processorは、メモリコントローラーおよびPCI ExpressコントローラーをCPUに内蔵しており、4チャンネル接続でのDDR4メモリの使用に対応しています。また、40レーン対応CPUなら40レーン、28レーン対応CPUなら28レーンのPCI Express 3.0を使用できます。
    Intel X99 Chipset
    本製品が搭載するIntel X99 Chipsetは、LGA2011-v3のIntel Core i7 Processorに対応するチップセットです。このチップセットはシリアルインターフェースに対応しており、M.2およびSATA 6Gb/sの高速インターフェースをマザーボード上に搭載できます。
    • 基本性能の違い
    • イルミネーション機能
    • ゲーム用オーディオ
    • ゲーム用LAN機能
    • 付加機能
    • インターフェース
    • マルチGPU対応
    • 高い耐久性