VE228H

    VE228H

    ハッキリクッキリハイコントラストパネル搭載
    幅広い用途に使えるスタンダードモデル

    - 21.5型ワイド(1,920×1,080ドット)
    - TNパネル
    - ノングレア
    - 視野角水平170°、垂直160°
    - 最大輝度250cd/㎡
    - コントラスト比10,000,000:1
    - 応答速度5ms
    - 最大表示色約1,677万色
    - HDMI 1.3×1、DVI-D×1、D-Sub 15ピン×1
    - ステレオミニジャック×1
    - 1W+1Wのステレオスピーカーを内蔵
    Product Image

    メリハリのある映像を生むASCRテクノロジー

    ASCR(ASUS Smart Contrast Ratio)テクノロジーは、液晶ディスプレイが表現できる明暗の広さ(コントラスト比)を拡張する技術です。液晶パネル自体はその仕組み上、極端な明暗差の表現を苦手としています。ASCRテクノロジーは、映像信号をリアルタイムに解析および処理することで、液晶パネルの仕様を超える大変広い明暗差を実現します。明暗の差を大きくできれば画面内の暗い部分をより暗く、明るい部分をより明るく表現することが可能になり、暗部から明部まで大変メリハリのあるハッキリとした映像表現を行えます。

    1920×1080ドットのフルHD解像度に対応

    映画などの表示に最適な、1080p(1920×1080ドット)表示の液晶パネルを使用しています。

    アスペクトコントロール機能

    アスクペクトコントロール機能を搭載しているので、たとえば4:3のスタンダード画質の映像を入力した場合、16:9の横に伸びた映像ではなく、4:3の正しい比率で表示できます。

    画面を美しくする映像エンジンSplendid

    画面に表示される情報を1フレーム単位で解析して画像処理を行う、映像エンジンチップのSplendidを搭載しました。映画やゲームなどの映像データは、画面全体が明るい場面もあれば暗い場面もあり、一定ではありません。そのため、画面全体の色調などを変更する通常の画質調節機能では、すべての映像に対応することは困難です。映像エンジンSplendidは、表示される映像を1フレーム単位で独自アルゴリズムによって解析し、表示内容に合わせた最適な画像処理を行います。また、ゲームに最適な画質や映画に最適な画質など、映像ソースに応じて最適な画像処理を行えるプリセットモードを備えているので、映像ソースに合わせた最適な画質を実現できます。

    水銀フリーでクリアな発色を行える
    LEDバックライトを採用

    クリアな発色のLEDパネル冷陰極管と比べてクリアな発色を行うことができ、有害な水銀を使用していないLEDバックライトを搭載しています。