RS720Q-E8-RS12

    RS720Q-E8-RS12

    最適化された8つのCPUを搭載できる2Uサーバー

    RS720Q-E8-RS12は、最適化された効率とエアフローを備えた高密度2Uサーバーです。高速処理を実現するために最新のCPUテクノロジーに加え、設定やメンテナンスを容易にするモジュラーデザインを備えており、ハイエンドのエンタープライズ、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)クラスター、データセンター、クラウドコンピューティングに最適です。
      Product Image

      並外れた高密度コンピューティングパワー

      RS720Q-E8-RS12には、4つのノード、8つのCPU、最大64のDIMMがあり、最大112コアと4テラフロップスの最大理論ピークパフォーマンス*を提供します。この並外れた高密度コンピューティングパワーにより、IOスループットと数値演算処理を必要とする状況に最適です。
      *最大理論ピークパフォーマンス(DP FLOPS)= 2ソケットx(#cores)x(freq)x(16 DP FLOPS)

      ノードでの1 + 1拡張

      RS720Q-E8-RS12コンピューティングノードは、1つの薄型PCI Express 3.0 x16スロット(x16リンク)と1つの独自のPCI Express 3.0 x8スロット(x8リンク)(ASUS 10GおよびInfiniBandカードをサポート)を備えた柔軟な拡張性を備えています。この独自のスロットは、ノード配置の柔軟性を高めるモジュール設計を適用します。

      高い電力効率で冷却性にも優れたサーバー

      冷却性能は多くの環境で重大な懸念事項であるため、RS720Q-E8-RS12には高度な熱ソリューションが装備されています。漏斗形状のエアダクトのASUSの特別な設計により、熱放散のために空気の流れをコンポーネントに導き、これまで以上に優れた空気の流れを提供します。 ASUSのエンジニアは、RS720Q-E8-RS12のケーブル配置も慎重に検討し、最適な冷却効率と熱放散のためにきちんと整頓されたルーティングを確保しました。ファンの速度を手動で調整することも可能であるため、さまざまな作業環境に合わせて柔軟に選択できます。

      プレミアムコンポーネント

      RS720Q-E8-RS12は、ASUSのエンジニアが厳選し、慎重に配置したプレミアムコンポーネントを活用して、プレミアム効率を実現します。 ASUS Beat Thermal Chokes、Dr。MOS、1 + 1 80 PLUS 1620 W Platinum電源を使用すると、HPCアプリケーションに優れた耐久性と最大94%の電力効率を実現します。 1 + 1電源装置の設計により、1つの電源装置のメンテナンスが必要な場合でもサーバーは動作し続けることができ、中断のない動作が可能になります。 RS720Q-E8-RS12は、最大12,000時間の高い周囲温度に耐えることができる耐久性のある12kソリッドコンデンサを備えています。これらの12Kコンデンサは、効率を高め、発熱を最小限に抑えるために、より低い等価直列抵抗(ESR)も備えています。

      ユーザー視点の設計

      背面パネルに表示されるQコード/ポート80 LEDは、ハードウェアの起動プロセス、セキュリティフェーズ、オペレーティングシステムフェーズなどを表示し、ユーザーがシャーシを開かなくてもいつでもシステムステータスを簡単に確認することができます。背面の電源、メッセージ、場所、HDDアクティブLEDにより、ユーザーはサーバーのステータスを簡単に確認できるため、時間と労力を節約できます。 M.2、オペレーティングシステムドライブタイプの別の選択肢は、省スペースの独立したOSスペースを提供します。また、専用の工具不要のレールキット設計により、MIS担当者はサーバーを簡単かつシンプルな方法で展開できます。

      利便性に優れたモジュラー設計

      RS720Q-E8-RS12は、高度にモジュール化された設計で、究極の利便性を実現するように設計されています。ホットスワップ可能なハードドライブと電源装置は、ホットプラグ可能なノードと組み合わされて、簡単な交換と中断のないサービスを実現します。各ノードには、独立した操作と管理のための独自のフロントパネルがあります。