EAX1900CROSSFIRE/2DH/512M

    EAX1900CROSSFIRE/2DH/512M

    ATIのデュアルビデオカード技術「CrossFire」を実現する最高峰カード

    ・ATI Radeon X1900 CrossFireチップ搭載
    ・デュアルビデオカード技術のCrossFireに対応
    ・48個のシェーダーユニット搭載
    ・ASUSTeKオリジナルの画質向上技術Splendidに対応
    ・ASUSTeKだけの楽しい独自機能搭載

    [EAX1900CROSSFIRE/2DH/512Mの特徴]

    ・デュアルビデオカード技術の「CrossFire」に対応

     EAX1900CROSSFIRE/2DH/512Mは、ATIのデュアルビデオカード技術であるCrossFireのマスターカードとして動作させることができます。本ビデオカードとCrossFireに対応するビデオカードを使用すれば、2枚のビデオカードによる分散処理によって大幅なパフォーマンス向上を実現できます。  
      2スロットを使用する強力クーラーで安定して動作します

    ・驚きの48シェーダーユニットを搭載したハイエンドカード
     EAX1900CROSSFIRE/2DH/512Mが搭載するATIのRadeon X1900 CrossFireは、3Dグラフィックスを演算するシェーダーユニットを48個も搭載したハイパワービデオカードです。1世代前のRadeon X1800 XTが搭載するシェーダーユニットは16個なので、このカードはその3倍のシェーダーユニットを搭載していることになります。シェーダーユニットの数だけがパフォーマンスを決定する要素ではないので、単純に3倍速いというわけではありませんが、それでも演算性能だけで見ればRadeon X1800 XTと比較して、2倍以上の演算能力を誇っています。このEAX1900CROSSFIRE/2DH/512Mは、多くの最新PCゲームを快適に遊ぶことができる最高級のビデオカードです。

    ・大容量で高速なメモリを搭載
     EAX1900CROSSFIRE/2DH/512Mは、メモリクロック1.45GHzの高速なGDDR3メモリを512MB搭載しています。最近の3Dゲームはテクスチャの容量が大きいため、512MBの高速なビデオメモリは驚くほどの効果を発揮します。

    ・HDTV出力に対応
     出力端子にはDVI-IとCrossFire用端子を備え、付属のコンポーネントアダプタを使用すればHDTV(ハイビジョンテレビ)に画面を出力することができます。これにより、大画面テレビでのゲームのプレイなども可能になります。

     

     

    [EAX1900CROSSFIRE/2DH/512Mに搭載されているASUSTeKの独自機能]
    ・Splendid(映像エンジンによる画質向上機能)
     映像エンジンSplendidは、ビデオカードで動画を再生した際の画質を向上させる機能です。ASUSTeKは、テレビ向けの画像処理エンジンの開発も行っており、このSplendidはその技術を使用したものとなっています。テレビに搭載されているSplendidは、Splendidチップというハードウェアを使用して画質を向上させていますが、ビデオカードではCPUでSplendidチップの機能をエミュレーションすることにより同様の効果を実現しています。通常、パソコン用のディスプレイはテレビのような鮮やかな表示を苦手としていますが、Splendidを使用すれば、DVD-VideoやMPEG4、WMV、RealMediaなどの動画再生時に、テレビ並みの発色や鮮やかな画面を体験することが可能となります。もちろん、ストリーミング再生にも対応しています。
     Splendidを使用するためには、Webサイトまたは製品に添付されているCD-ROMに入っている「ASUS Enhanced Display Driver」をインストールします。このドライバは、グラフィックスチップメーカーの公式ドライバをインストールしてもお互いに干渉せず、共存できるように設計されているので、最新のビデオドライバを使用しつつSplendidの機能を使用できるようになっています。

    色合いと彩度の補正
    オリジナル画像   Splendid使用後

    輝度とコントラストの補正
    オリジナル画像   Splendid使用後

     


    ・GameFace Messenger(ゲーム中に使用できるメッセンジャーソフト)
     GameFace Messengerは、ゲーム中などに複数人でメッセージのやり取りをすることができるメッセンジャーソフトです。テキストでのチャットはもちろん、Webカメラとマイクを使用すれば、ビデオチャットや音声チャットも行えます。この機能は、ネットワークを使用した多人数でのゲームプレイをより楽しくするための機能です。音声チャットなどの機能を搭載していないゲームでも使用できるので、さまざまなゲーム上で共通のインターフェースでコミュニケーションをとることが可能になります。

     
    テキストでのやり取りだけでなく、ビデオチャットなども楽しめます

     


    ・GameLiveShow(ゲーム画面のストリーミング配信機能)
     プレイ中のゲームの画面を、リアルタイムでインターネット配信する機能です。配信されるゲーム画面はWebブラウザで見ることができるので、ユーザーの環境にほとんど依存せず、多くの人がゲームプレイの様子を共有して楽しむことができます。

    プレイ中のゲーム画面をWebブラウザから見ることができます

     


    ・GameReplay(ゲーム画面録画機能)
     ゲーム画面を、MPEG4形式でHDDに録画する機能です。自分のプレイの様子をゲーム後に確認したり、Blogで公開したり、保存しておいたりすることができます。ゲーム専用のHDDレコーダー機能と言えます。  
    設定は簡単、テクニック自慢、おもしろプレイなど、ゲーム画面を録画してみんなで楽しめます

     

     


    ・OnscreenDisplay(簡単操作の画質調整機能)
     この機能では、画面のブライトネスや輝度などの設定を、DVD-Videoを見たり3Dゲームをプレイしたりしているときでも簡単に調整できます。ディスプレイの設定はあまり変更したくないものですが、ゲームによっては妙に暗い映像になるものがあります。また、そのたびにビデオカードの設定を変更するのはとてもめんどうなものです。そんなとき、この機能を使えば簡単にその場だけの画面設定を行うことができます。  
    あらかじめ設定しておいたショートカットキーを押すと、画面上に画質調整を行えるウィンドウが表示される便利な機能です

     


    ・VideoSecurity Online(簡単に監視システムを実現する機能)
     VideoSecurity Onlineを使えば、ホームセキュリティシステムをとても簡単につくることができます。Webカメラを監視させたい場所に向ければ準備は完了です。だれかがそこを通ると、自動で写真を撮影し、さらに登録したE-mailアドレス、または電話番号に報告を行ってくれます。

    少ないコストで簡単に実現できるセキュリティ機能です