EAX1950XTX/HTVDP/512M

    EAX1950XTX/HTVDP/512M

    Radeon X1950 XTX搭載のHDCP対応ハイエンドビデオカード

    ・ATI Radeon X1950 XTXチップ搭載
    ・著作権保護技術のHDCPに対応
    ・デュアルビデオカード技術CrossFireに対応
    ・高速な大容量なGDDR4メモリを搭載
    ・ASUSTeKオリジナルの画質向上技術Splendidに対応
    ・HDTVなど多くのビデオ出力に対応
    ・ASUSTeKだけの楽しい独自機能搭載
    [製品の特徴]

    ・ATI Radeon X1900シリーズの最高峰製品
     本製品は、ATIのRadeon X1900グラフィックスチップシリーズの中では最高峰(2006年8月現在)となるRadeon X1950 XTXを搭載するビデオカードです。最新の3Dグラフィックス技術により、美しい画面出力と高速なグラフィックス描画を実現します。

    斜め写真   パッケージ
    優れたハイエンドグラフィックスチップと、高速で大容量のGDDR4メモリにより、卓越したパフォーマンスを発揮します   最新の3Dゲームが付属するお得なパッケージです。また、画質向上機能のSplendidはASUSTeK製品のみが搭載する機能です

    ・著作権保護技術のHDCPに対応
     本製品は、著作権保護技術のHDCP(High-bandwidth Digital Content Protection system)に対応した製品です。HDCPは、次世代の映像コンテンツを再生するためには欠かせない技術であるため、今後のビデオカードでは製品選びの重要な要素となっていきます。HDCPの利用には対応するディスプレイが必要になりますが、HDCPを使用しない場合には今までどおり、通常のディスプレイを使用可能です。ビデオカードを長く使うのなら、HDCP対応製品を選ぶべきでしょう。

    ・デュアルビデオカード技術のCrossFireに対応
     ATIのCrossFireは、2枚のビデオカードを使用し、処理を分散することで3Dパフォーマンスを大幅に高める技術です。本製品は、そのCrossFireに対応しており、対応マザーボードおよび対応ビデオカードと組み合わせることによって高い3Dパフォーマンスを発揮します。

    ・高速な大容量メモリを搭載
     最近の3Dゲームはテクスチャの容量が多いだけでなく、さまざまなフィルタ処理などが必要になるため、ビデオメモリへの依存度が高くなっています。そのため、ビデオメモリの速度と容量は3Dゲームのパフォーマンスに大きく影響します。本製品は、2GHzで動作する最新のGDDR4 SDRAMを512MB搭載し、従来よりも格段に高いパフォーマンスを提供することが可能となりました。

    ・多彩な出力端子を搭載しHDTV出力にも対応
     このビデオカードは、DVI-I端子を2つと、HDTV対応の汎用端子を1つ備えています。これらの端子を利用し、DVI-Iによるデュアルディスプレイ出力はもちろん、付属の変換アダプタを使用すればDsub 15ピンによるデュアルディスプレイ出力も可能です。そのほか、大画面テレビなどにPC画面を表示可能なコンポーネント端子によるHDTV出力(ハイビジョン)などにも対応しています。

    ・リアルな特殊部隊3Dゲームの「Tom Clancy's Ghost Recon Advanced Warfighter」をバンドル
     特殊部隊の隊員となり、さまざまなミッションをこなしていく3Dアクションゲーム「Tom Clancy's Ghost Recon Advanced Warfighter」の製品版をバンドルしています。このゲームは、最新のグラフィックス表現を採用するゲームであり、ビデオカードを購入後にすぐにその効果を体験することができます。また、そのほかにも、3D SFガンシューティングゲームの「Project: Snowblind」が付属するので大変お得です。

     

    [ASUSTeKが独自に搭載している主な機能]
    ・Splendid(映像エンジンによる画質向上機能) Splendidロゴ
     映像エンジンSplendidは、動画再生時の画質を向上させる機能です。ASUSTeKは、テレビ向けの画像処理エンジンの開発も行っており、このSplendidはその技術を応用したものとなっています。テレビ用のSplendidは、Splendidチップというハードウェアを使用して画質を向上させるのですが、ビデオカードでは同様の機能をCPUでエミュレートしています。通常、パソコン用のディスプレイはテレビのような鮮やかな表示が苦手です。しかし、Splendidを使用すれば、DVD-VideoやMPEG4はもちろん、インターネットのストリーミング再生などでも、テレビ並みの発色や鮮やかな画面を体験することが可能です。

     Splendidを使用するためには、Webサイトまたは製品に添付されているCD-ROMから「ASUS Enhanced Display Driver」をインストールします。このドライバは、グラフィックスチップメーカーの公式ドライバをインストールしてもお互いに干渉せず、共存できるように設計してあるので、最新のビデオドライバを使用しつつSplendidの機能を使用できるようになっています。
     
    色合いと彩度の補正
    Splendid VividColor
    輝度とコントラストの補正
    Splendid DarkScene
    ※クリックで拡大します


    ・GameLiveShow(ゲーム画面のストリーミング配信機能)
     プレイ中のゲームの画面を、リアルタイムでインターネット配信する機能です。配信されるゲーム画面はWebブラウザで見ることができるので、ユーザーの環境にほとんど依存せず、多くの人がゲームプレイの様子を共有して楽しむことができます。

    ・GameReplay(ゲーム画面録画機能)
     ゲーム画面を、MPEG4形式でHDDに録画する機能です。自分のプレイの様子をゲーム後に確認したり、Blogで公開したり、保存しておいたりすることができます。ゲーム専用のHDDレコーダー機能と言えます。

    GameLiveShow   GameReplay
    GameLiveShowを使えば、友達同士のゲーム大会などを簡単に盛り上げることもできます   GameReplayの設定は簡単。テクニック自慢、おもしろプレイなど、ゲーム画面を録画して楽しめます


    ・OnscreenDisplay(簡単操作の画質調整機能)
     この機能では、画面のブライトネスや輝度などの設定を、DVD-Videoを見たり3Dゲームをプレイしたりしているときでも簡単に調整できます。ディスプレイの設定はあまり変更したくないものですが、ゲームによっては妙に暗い映像になるものがあります。また、そのたびにビデオカードの設定を変更するのはとてもめんどうなものです。そんなとき、この機能を使えば簡単にその場だけの画面設定を行うことができます。  
    OnscreenDisplay
    ショートカットキーを押すと、画面上に調整ウィンドウが表示されます