M2V-MX

    M2V-MX

    VIAチップセット採用でコストパフォーマンスに優れるmicroATXマザーボード

    ・VIA K8M890チップセット搭載
    ・Athlon 64 X2対応
    ・Serial ATA 3Gb/sポートを搭載
    ・チップセットの冷却にファンを使用しないファンレス仕様
    ・環境に配慮したGreen ASUS対応
    ・起動時にUSBメモリからBIOSを更新できるEZ Flash 2機能搭載
    ・簡単にBIOSの復旧を行えるCrashFree BIOS 2機能搭載
      [製品の特徴]
      ・VIAチップセット採用のハイコストパフォーマンスSocket AM2マザーボード
       本製品は、VIAのK8M890チップセットを採用した、Socket AM2 CPU対応のマザーボードです。マザーボードをシンプルな構成にすることでコストパフォーマンスを高めていることが特徴となっています。JMicron TechnologyのJMB363コントローラを搭載することで2本のSerial ATA 3Gb/sポートを搭載し、RAID構成も可能となっています。VIAチップセット採用マザーボードで最新のAMD環境を構築することが可能です。

      ・microATXサイズで省スペースPCに最適
       本製品は通常のATX規格よりも小さなmicroATX規格のマザーボードなので、省スペースPCの自作に最適です。microATXとは言え、ビデオカード用のスロットとしてPCI Express x16を搭載します。ビデオカードを使用しなくてもディスプレイ出力が可能なので、最初は内蔵グラフィックス機能を使用し、後からビデオカードをアップグレードするという使い方も可能です。

      ・十分な性能のグラフィックス機能を搭載
       本製品が採用しているVIA K8M890チップセットは、VIA Chrome9 IGPというグラフィック機能を内蔵しています。このグラフィックス機能は、2Dおよび3Dの処理が可能であり、一般的なパソコンの用途であれば十分な性能を発揮します。

      ・Hyper8 technologyによりCPUとチップセットを高速接続
       本製品のCPUとチップセットの接続には、16bit幅で1GHz動作を可能とするVIA独自のHyper8 technologyを使用しています。これにより、CPUとチップセット間のデータ転送帯域は8GB/sもの広帯域となっており、高い性能を実現します。

      ・Ultra V-LinkがNorth BridgeとSouth Bridgeを高速接続
       North BridgeとSouth Bridgeはデータ転送のボトルネックになりやすい部分ですが、本製品では、VIAのUltra V-LinkでNorth BridgeとSouth Bridgeを接続しており、1,066MB/sという広いデータ転送帯域を誇っています。

      製品写真(斜め)   製品写真(俯瞰)
      本製品は、コストパフォーマンスに優れ、大変扱いやすいマザーボードです   microATX規格のコンパクトマザーボードなので省スペースPCの自作に最適です


      ・環境に配慮したGreen ASUS対応
      Green ASUS logo
      RoHS対応製品には、このロゴが貼られています
         本製品は、環境に配慮した製品作りを行うGreen ASUSに対応するマザーボードです。マザーボードには、廃棄時の処理が難しい鉛などを使用せず、またパッケージもできるだけ簡素な再処理が可能なものを使用しています。もちろん、EU(ヨーロッパ連合)が定めるRoHS(Restriction of the use of certain Hazardous Substances in electrical and electronic equipment)指令にも対応しています。

       

      [ASUSが独自に搭載している主な機能]

      <オーバークロック関連機能>

      C.P.R. ・C.P.R.(CPUパラメータ自動リセット機能)
       C.P.R.(CPU Parameter Recall)は、オーバークロックによってシステムがフリーズした場合に、再起動するだけで自動的にオーバークロック設定を初期設定に戻す機能です。オーバークロックによって、システムが起動しなくなるトラブルをなくすことができます。


      <静音・低温化関連機能>

      Q-Fan 2 ・Q-Fan 2(CPUファン自動制御機能)
       Q-Fan 2は、CPUファンの回転数とケースファンの回転数を自動で制御する機能です。BIOS設定画面に用意したQ-Fan 2の設定を変更することにより、最高回転数モードや静音モードなど、好みの設定で冷却ファンをコントロールすることができます。CPUの温度に応じて、CPUファンの回転数を自動で変化させることもできるので、手軽に静音PCを実現することが可能です。


      <BIOS関連機能>

      CrashFree BIOS 2 ・CrashFree BIOS 2(BIOS復旧機能)
       CrashFree BIOS 2は、BIOSの更新時などにBIOSがクラッシュしてしまった場合でも、サポートCD-ROMから簡単にBIOSを復旧することができる機能です。この機能があれば、BIOSがクラッシュした場合でもマザーボードを修理に出す必要がなくなります。
         
      EZ Flash 2 ・EZ Flash 2(簡単BIOS更新ツール)
       EZ Flash 2は、PCの起動時に簡単にBIOSの更新を行える機能です。EZ Flash 2のプログラムはBIOSに内蔵しているため、OSを起動する必要がありません。PCの起動中に、「Alt」キーと「F2」キーを同時に押せばEZ Flash 2が起動し、USBメモリやフロッピーディスク、またはCD-Rなどに保存したBIOSイメージからBIOSを更新することができます。
         
      MyLogo ・MyLogo(起動画面カスタマイズ機能)
       MyLogoは、BIOSの起動画面をカスタマイズする機能です。あじけないPOST画面やメーカーロゴなどではなく、自分好みの画面を起動画面に設定することができます。

      ※製品の仕様は製品改善のために予告なく変更することがあります。