WL-700gE

    WL-700gE

    これ1台でサーバーの常識が変わる、SOHO/家庭向けのミニサーバー

    ・さまざまなサーバー機能を搭載する多機能ミニサーバー
    ・無線LANまたは有線LANでハードディスクを共有できる
    ・大容量160GBのハードディスクを内蔵
    ・ハードディスクはUSB接続で増設可能
    ・ミラーリングバックアップ機能搭載
    ・プリンタサーバーとして使用可能
    ・Webカメラサーバーとして使用可能
    ・i-Tunesサーバーとして使用可能
    ・WindowsだけでなくMac OS XとLinuxにも対応
    ・みんなで使えるフォトアルバムと掲示板機能を搭載
    ・ルーター機能により1つのインターネット回線を複数のパソコンで共有可能
    ・IEEE802.11g/bに対応する無線LANアクセスポイントとして使用可能
    ・無線LANはハイスピードモードを使えば最高125Mbpsで使用可能
    [サーバー機能]
    ・さまざまな機能を1台で実現する多彩なサーバー機能を搭載
     パソコンを複数台使っているような環境で大変便利に使える多彩なサーバー機能を搭載しています。1台にいろいろな役割を持たせることができ、設定も簡単です。主な機能は以下のようになります。

    「プリンタサーバーとして使える」
     WL-700gEのUSB 2.0/1.1ポートにプリンタを接続すれば、複数のパソコンで1台のプリンタを共有することができます。もちろん、有線LAN経由でも無線LAN経由でも共有可能です。

    「Webカメラサーバーとして使える」
     簡単な設定を行えば、WL-700gEのUSB 2.0/1.1ポートに接続したWebカメラの映像をネットワーク経由で見ることができます。設定しだいではWebカメラの映像をリアルタイムでインターネットに配信することも可能です。

    「メディアサーバーとして使える」
     WL-700gEは、UPnP AV Profile 1.0に対応しており、DLNA(Digital Living Network Alliance)に準拠したAV機器やメディアプレイヤーなどと接続することが可能です。また、WMM(Wi-Fi Multimedia)にも対応しています。

    「i-Tunesオーディオサーバーとして使える」
     パソコンでAppleのi-Tunesソフトウェアを使用している場合には、ネットワークに接続したWL-700gEがi-Tunesから自動で認識されます。WL-700gEに保存した音楽ファイルなどをi-Tunesから簡単に使用可能です。

    「みんなで使えるフォトアルバムや掲示板を構築可能」
     WL-700gEは、LANやインターネットで共有できるフォトアルバムや掲示板を設置することができます。ウィザード形式の設定ソフトを使って、簡単に設定可能です。

    「Web、FTP、Sambaサーバーとして使える」
     WL-700gEは、Webサーバー機能、FTPサーバー機能、Sambaサーバー機能を搭載しています。異なるOS間でデータのやり取りを簡単に行うことができ、設定しだいではインターネットで公開するWebサーバーを構築することも可能です。Webサイトの公開を助けるDDNSにも対応しています。


    内部写真   HDDの熱は、本体内部の金属製フレームで放熱する仕組みになっています。これにより、常時稼動での安定動作を実現しています。また、金属フレームはHDDを覆う構造のため騒音を抑える効果があり、高い静音性能を提供します。

    [ネットワークハードディスク機能]
    ・160GBの容量を共有できるネットワークハードディスク
     WL-700gEは、ネットワーク経由でハードディスクを共有できるネットワークハードディスクとしても使用できます。パソコンとWL-700gEの接続には、最高100Mbps(100BASE-TX)の転送速度を持つ有線LANと、最高54Mbps(IEEE802.11b/g)の転送速度を持つ無線LANの両方を使うことができます。複数のパソコンがある環境で、データの共有を簡単に行えるので大変便利です。

    ・ハードディスクの増設をUSB接続で簡単に行えます
     WL-700gEにはUSBハードディスクを接続できるUSB 2.0/1.1ポートを2ポート搭載しています。内蔵ハードディスクの容量が足りなくなった場合には、USB接続のハードディスクを簡単に増設可能です。

    ・ユーザーごとのアクセス管理機能を搭載
     ハードディスクへのアクセス管理機能を搭載しているため、ユーザーIDをWL-700gEに登録することにより、ユーザーごとのアクセス管理を行えます。アクセス管理は、読み出しのみの設定や、フォルダ自体をユーザーから見えなくすることや、フォルダごとに異なる設定などを行うことも可能です。

      本体縦置き
    ・RAID 1によるミラーリングバックアップでデータを守ることも可能
     WL-700gEは、内蔵ハードディスクとUSB接続のハードディスクを使うことにより、RAID 1によるミラーリング環境を構築することができます。
    前面   背面
    本体前面
     
    本体背面

    [無線LAN機能]
    ・無線LANのアクセスポイントとして使用可能
     WL-700gEは、IEEE802.11g/bに対応する無線LANのアクセスポイントとして使用できます。無線LAN機能を搭載するノートパソコンや、PDA、携帯ゲーム機などをコードレスで接続可能です。無線LANの転送速度は、通常の最高54Mbpsでの接続のほかにHigh-Speed Modeを搭載し、High-Speed Mode時には最高125Mbpsでの接続を可能とします。

    [ルーター機能]
    ・ルーター機能により1つのインターネット接続を複数台のパソコンで共有可能
     WL-700gEはルーターとしても動作します。WAN側ポートに、光接続やADSLなどのモデムを接続すれば、1つのインターネット接続を複数台のパソコンで共有することができます。

    [その他]
    ・省スペース設計かつ静音設計、縦置きと横置きのどちらも可能
     WL-700gEは電源を内蔵しているため、外付けのACアダプタを使用しません。しかも、内蔵電源ながらスリムなボディを実現し、高い省スペース性能を誇ります。専用の縦置き用スタンドを付属し、縦置きでも横置きでもどちらでも使用できます。また、ハードディスクの発熱を効率よく放熱する独自設計により、ファンレスによる静音動作を実現しました。

    ・USBメモリをネットワーク経由で共有できる
     WL-700gEは、USBメモリ用のUSB 2.0/1.1ポートを1ポート搭載しています。このポートにUSBメモリを挿せば、USBメモリをネットワーク経由で共有することが可能です。また、USBメモリを挿した状態で、本体に付いているコピーボタンを押せば、USBメモリの内容をハードディスクにコピーすることができます。

    ・パソコンをOFFにしてもダウンロードを行う自動ダウンロード機能搭載
     WL-700gEには、登録したファイルをパソコンを接続していなくても自動でダウンロードする、自動ダウンロード機能を搭載しています。夜間に巨大なファイルをダウンロードしたいときなどに便利です。対応するプロトコルと同時ダウンロード数は、BitTorrentが7ファイルまで、FTPおよびHTTPが10ファイルまでとなっています。

    ・Mac OS XやLinuxにも対応
     WL-700gEは、Windowsだけでなく、Mac OS Xや、Linuxでも使用可能です。複数のOSが混在する環境でも使用でき、多くの環境に適用できます。

    ・ウィザード形式の設定ソフトで初心者でも簡単設定
     本体の初期設定などは、ウィザード形式の設定ソフトを使用して簡単に設定できます。


    [スペック]
    製品名 WL-700gE
    無線LAN機能 対応規格 IEEE802.11g、IEEE802.11b
    データ転送速度(最大) 125Mbps(High-Speed Mode)
    54Mbps(IEEE802.11g)
    11Mbps(IEEE802.11b)
    伝送可能距離 屋内:約25m/屋外:約150m(IEEE802.11g)
    屋内:約40m/屋外:約600m(IEEE802.11b)
    周波数範囲 2.4~2.4835GHz
    セキュリティ機能 WPA2、WPA、WPA-PSK、AES、TKIP、WEP(128/64bit)
    アンテナ 内蔵逆F PCBアンテナ×1
    外付けダイポールアンテナ×1
    出力 18~19dBm
    有線LAN/WAN機能 対応規格 IEEE802.3u(100BASE-TX)
    IEEE802.3(10BASE-T)
    データ転送速度(最大) 100Mbps(IEEE802.3u)
    10Mbps(IEEE802.3)
    ポート数 WAN側(RJ45)×1、LAN側(RJ45)×4
    セキュリティ機能 NAT、SPI(Stateful packet inspection)
    その他インターフェース USB 2.0ポート 3ポート
    内2ポートは、プリンタ、Webカメラ、スピーカー、USB HDDの共有用
    内1ポートは、USBメモリの内容を内蔵HDDにコピーする機能を搭載しています
    ボタン類 EZSETUPボタン(5秒間押すとセットアップモードが起動)
    AUTO COPYボタン(USBメモリの内容を内蔵HDDにコピーします)
    RESETボタン(5秒間押すと向上出荷状態に設定をリセットします)
    内蔵HDD 対応HDD 3.5インチ
    容量 160GB
    ファイル形式 ReiserFS
    RAID機能 RAID 1(内蔵HDD/USB接続のHDD)
    共通部 対応OS Windows XP/2000/2003/NT 4.0、Mac OS X、Linux
    電源 AC100~240V(50~60Hz)
    電力仕様 12V(最大3A)
    サイズ(W×D×H) 241mm×161mm×45mm(アンテナ含まず)
    重量 約1.4kg
    付属品 ・LANケーブル×1
    ・外付けアンテナ×1
    ・電源ケーブル×1
    ・縦置き用スタンド×1
    ・サポートCD-ROM×1
    ・クイックインストールガイド×1
    ※マニュアルはpdf形式でサポートCD-ROMに保存しています

    ※このページで使用されている写真は製品版と異なる場合があります。
    ※製品の仕様は製品改善のために予告なく変更することがあります。