メインスイッチの換装が可能な左右対称形モデルとトップカバーの換装機構を備えたゲーミングマウス2製品を発表

     ASUS JAPAN株式会社は2017年9月7日、メインスイッチの換装が可能な左右対称形ゲーミングマウス「ROG Pugio」とトップカバーの換装機構を備えたゲーミングマウス「ROG Strix Evolve」の2製品を発売することを発表いたしました。2017年9月8日より販売を開始する予定です。

    サイドボタンレイアウトのカスタマイズ、メインスイッチの換装機能を備えた真の左右対称形ゲーミングマウス
    ROG Pugio




    製品名
    ROG Pugio
    センサー方式
    光学式センサー
    解像度
    最高7200dpi
    ボタン数
    8
    インターフェース
    USB
    サイズ
    幅68mm×奥行き120mm×高さ37mm
    質量
    103g(ケーブルを除く)
    価格
    オープン価格
    予定発売日
    2017年9月8日

    ROG Pugioの主な特長

    換装可能なサイドボタン

    ROG Pugioでは、サイドボタンの誤操作を避けるために握り方を変更する必要はありません。両サイドにマグネット式のサイドボタンを採用しているため、手軽にサイドボタンカバーを交換して両側4ボタン、片側2ボタン、サイドボタンなしのパターンを選択することができます。

    独自のプッシュフィットソケットデザイン

    スイッチそのものを交換してクリックの重さを変えることができる専用のプッシュフィットスイッチソケットデザインを採用しています。磨耗または破損したスイッチを交換することも可能なので、マウス寿命の延長にも繋がります。

    高耐久スイッチ

    ゲーミングマウスのスイッチといえば、あらゆる機器の中で最もハードに使用される存在です。ROG Pugioは、5,000万クリックを保証する高品質のOmron製マウススイッチを採用しているため、高い信頼性を持ちます。

    セパレートボタンデザイン

    クリックに必要な力と移動距離を低減するセパレートボタンデザインを採用しているため、より速く軽快なボタンレスポンスを実現しています。

    専用のカスタマイズソフトウェア

    ソフトウェア「ROG Armory」によって、直感的な操作でユーザーのスタイルに合わせて設定を調整することができます。Aura RGBライティングのカスタマイズ、パフォーマンス設定やサーフェスキャリブレーション、ボタンマッピングの作成、プロファイルの作成など、様々な設定が可能です。

    LEDで美しく照らす「Aura」機能を搭載

    イルミネーション同期機能のAura Syncに対応しているので、対応製品と同期をさせて同じように光らせることができ、スタイリッシュに演出することが可能です。




    トップカバーの換装機構を備え、あらゆる握り方に完全対応したユニバーサルゲーミングマウス
    ROG Strix Evolve





    製品名
    ROG Strix Evolve
    センサー方式
    光学式センサー
    解像度
    最高7200dpi
    ボタン数
    8
    インターフェース
    USB
    サイズ
    幅65mm×奥行き125mm×高さ41mm
    質量
    100g(ケーブルを除く)
    価格
    オープン価格
    予定発売日
    2017年9月8日

    ROG Strix Evolveの主な特長

    選べる4つのエルゴノミックスタイル

    手の大きさやゲームのスタイルに合わせてマウスをカスタマイズが可能となっており、付属のトップカバーを換装することにより、人間工学に基づいた右利き/左利き、左右対称の背が高い/低い形状を簡単に構成することができます。

    高耐久スイッチ

    ゲーミングマウスのスイッチといえば、あらゆる機器の中で最もハードに使用される存在です。ROG Strix Evolveは、5,000万クリックを保証する高品質のOmron製マウススイッチを採用しているため、高い信頼性を持ちます。

    LEDで美しく照らす「Aura」機能を搭載

    イルミネーション同期機能のAura Syncに対応しているので、対応製品と同期をさせて同じように光らせることができ、スタイリッシュに演出することが可能です。

    専用のカスタマイズソフトウェア

    ソフトウェア「ROG Armory」によって、直感的な操作でユーザーのスタイルに合わせて設定を調整することができます。Aura RGBライティングのカスタマイズ、パフォーマンス設定やサーフェスキャリブレーション、ボタンマッピングの作成、プロファイルの作成など、様々な設定が可能です。