ROG Zenith II Extreme

ROG Zenith II Extremeは、完全な制御を必要とするユーザー向けに巧みに設計されており、将来の使用にも対応し、あらゆるパイプラインで使用できます。 最新の第3世代Ryzen Threadripperプロセッサーのすべての機能を駆使して包括的な冷却ソリューションで熱を抑制します。最大化レーンの帯域幅は、すべて単一のPCIe x16のとM.2スロットはPCIe®4.0で配線されているときに、同時に33台まで接続することができます - あなたは次世代のグラフィックスカードを装備して自由にしているかのNVMeは、ボトルネックや大規模な電力、大規模な帯域幅を気にすることなく駆動します。

THE ZENITH II EXTREME THE ZENITH II EXTREME

チーム化された電源アーキテクチャ

最新のCPUアーキテクチャは、省電力モードから全負荷に瞬時に移行することにより、マザーボードの電力設計を強化します。 当社の最新のVRMアーキテクチャは、標準的な熱性能を維持しながら、チーム化されたパワーステージを使用して急速に変わる電流に挑戦をしています。

OPTIMEM III DDR4 4733MHz+ (O.C.)

Optimem IIIは、シグナルインテグリティを改善し、ノイズを軽減する独自のメモリトレースレイアウト調整を備えており、より高い周波数で動作しながらメモリキットを低レイテンシ、低電圧で稼働します。Encoreをお気に入りのモジュールとスタックし、膨大な帯域幅を必要とするアプリケーション向けに最新のThreadripper CPUスループットを最大化するか、幅広い負荷に対して無限のファブリックとメモリパフォーマンスのバランスを取ります。

OptiMem III DDR4 4800+ MHz (O.C.)

AMD 3rd Ryzen Threadripper 3960X | Motherboard : Zenith II Extreme | DRAM: Crucial BLE8G4D40BEEAK.M8FE1 | Water-cooling: Corsair H115i

高く評価されているUEFIおよびAI Suiteチューニングユーティリティは、ハードウェアを最大限に制御したいエキスパート向けに、手動で調整可能な幅広いオプションを提供します。 5ウェイ最適化は、高度な設定が可能な自動チューナーを伴います。これは、ベテランのベテランのように、周波数を体系的に増やし、安定性をテストすることにより、ビルドに最適なオーバークロックを見つけます

UEFI BIOS

ROG UEFI(BIOS)はマシンを構成・最適化・チューニングするのに必要なすべてを備えます。PC DIY入門者向けにはインテリジェントに簡略化されたオプションを提供し、ベテラン向けには包括的な機能を提供します。

パフォーマンスの向上

AI Suite 3のダッシュボード型のコントロールパネルにより、ROG Zenith II Extremeシステムのほぼすべての側面を細かくチューニングすることができます。 1つのシンプルで直感的なインターフェイスを介して、パフォーマンス、冷却、安定性、効率性の最適なバランスを実現します。

正確な電圧モニタリング

従来のマザーボードは、理想的ではない場所からタップされたシングルエンド検出を使用し、CPUに供給される実際の電圧とソフトウェアに報告される値との間に大きな不一致をもたらします。 Zenith II Extremeは、電圧をより正確に追跡できるようにすることで、オーバークロックとチューニングを簡素化する差動センシング回路を備えています。

Accurate Voltage Monitoring

Storage

ROG Zenith II Extremeは、最大5台のM.2ドライブをサポートしてストレージを最大限に活用します。 ROG DIMM.2モジュールを2つ乗せて、メモリスロットの隣に配置し、最大110mのドライブをサポートします。 アルミニウム製ヒートシンクカバーの下に2つのスロットがあり、5番目のスロットはボードの背面にあります。 これらのスロットはすべて完全なPCIe 4.0帯域幅をサポートするように配線されているため、非常に最新のNVMe SSDと互換性があり、機械学習アルゴリズムのサポートと高解像度ゲームテクスチャの駆動に必要な超高速転送速度の基盤を構築します。

Storage

AMD StoreMI

ソフトウェアユーティリティ「AMD StoreMI テクノロジー」は、システムの応答性を向上させるためにあらゆるドライブを高速化し、スタートアップとソフトウェアのロードにかかる時間を短縮します。頻繁にアクセスされるデータを専用のSSDストレージに自動的に移動することにより、SSDのパフォーマンスとHDDの手頃な価格と容量というそれぞれが持つ長所を組み合わせます。

TRX40プラットフォームは、経験豊富なコンテンツクリエーターを対象としているため、Zenith II Extremeは最新のUSB標準を実装しています。 すぐに使用できるポートは背面I/Oパネルにあり、マザーボードにはフロントパネルコネクタがあり、USBを必要な場所に配置できます。

USB 3.2 Gen 2x2

ROG Zenith II Extremeは、最新のUSB 3.2 Gen 2x2と互換性があります。 この最新のUSB規格は、別のUSB 3.2 Gen 2レーンを開いて最大20 Gbpsの最大スループットを達成することにより、転送帯域幅を2倍にします。

USB 3.2 Gen 2 フロントパネルコネクター

2つのフロントパネルUSB 3.2コネクタにより、USBポートを最新のPCケースの前面に配置して、すばやく便利な接続をすぐに利用できます。

USB

ネットワーク

強化された帯域幅は、TRX40プラットフォームで止まりません。 また、Zenith II Extremeに複数のネットワークテクノロジーを搭載したため、スループットを限界まで高めることができます

Wi-Fi 6 (AX200)

オンボードWi-Fi 6(802.11ax)は、高密度のWi-Fi環境で超高速ネットワーク速度、容量の改善、パフォーマンスの向上をサポートし、卓越したオンラインゲーミング体験を提供します。

10 Gbpsオンボードイーサネット

限界に挑むパワーユーザーやコンテンツクリエイターの厳しい要求に対応するように設計された10GbpsのオンボードLANは、ホームネットワークを新時代へと導きます。標準的なギガビットイーサネットの最大10倍にも及ぶ帯域幅は、非圧縮の4K UHDビデオのストリーミングや、ファイルのバックアップおよび転送をこれまでにないスピードで実現します

Intelイーサネット

ROG Zenith II Extremeは、最新のIntel®イーサネット(I211-AT)を搭載しており、より高速でスムーズにゲームを可能とします。Intel®のイーサネット・コントローラーは、プロセッサやチップセットと自然な相乗効果を発揮し、CPUのオーバーヘッドを削減し、TCPとUDPのスループットを大幅に向上させるため、ゲームやその他のタスクのためにより多くのマシンパワーを割くことが可能となります。

* 実際の速度はネットワーク条件によって異なります
** 10 Gbps動作に必要な最低限のカテゴリ6ネットワークケーブル。カテゴリ5eケーブルは最大5 Gbps対応

* 実際の速度はネットワーク条件によって異なります
** 10 Gbps動作に必要な最低限のカテゴリ6ネットワークケーブル。カテゴリ5eケーブルは最大5 Gbps対応

暗闇でもオーディオジャックを簡単に見つけることができます

ニュアンスを犠牲にすることなくパンチの聞いたサウンドを提供する高解像度オーディオ

10個のDACチャンネル、7.1チャンネル再生、独立した2.0チャンネルおよびマルチストリームステレオのフロントパネル出力

独自の設計により、コーデックのインピーダンス検出機能をフロントまたはリアのヘッドフォン出力のいずれかに使用可能

プレミアム品質の国産オーディオ・コンデンサは、暖かみがありナチュラルで没入感のあるサウンドを、鮮明かつ忠実に再現します。

暗闇でもオーディオジャックを簡単に見つけることができます

暗闇でもオーディオジャックを簡単に見つけることができます

10個のDACチャンネル、7.1チャンネル再生、独立した2.0チャンネルおよびマルチストリームステレオのフロントパネル出力

独自の設計により、コーデックのインピーダンス検出機能をフロントまたはリアのヘッドフォン出力のいずれかに使用可能

プレミアム品質の国産オーディオ・コンデンサは、暖かみがありナチュラルで没入感のあるサウンドを、鮮明かつ忠実に再現します。

冷却用ヒートシンク

  • 1

    VRMヒートシンク
    VRMヒートシンクがMOSFETとチョークに配置され、埋め込みヒートパイプがアルミニウムI/Oカバーに接続します。

  • 2

    アルミニウムI/Oカバー
    アルミ製I/Oカバーは、内蔵ヒートパイプを介して一次ヒートシンクに接続されているため、質量と表面積が増加します。

  • 3

    アルミニウムヒートシンクカバー
    ヒートシンクカバーは2つのオンボードM.2ドライブを効率的に冷却するために純アルミニウムで作られています。

  • 4

    DIMM.2ヒートシンク
    ROG DIMM.2モジュールは、M.2ドライブを金属製のヒートシンクで受動的に冷却します。

  • 5

    ソリッドスチールバックプレート
    スチール製の冷間圧延コイル構造のバックプレートがマザーボードを強化して曲がりを防ぎ、VRMからのサイフォン熱に質量を追加します。

  • 6

    SoC VRM ヒートシンク
    マザーボードの中でも重要なチップセット領域を冷却するように設計

  • 7

    チップセットヒートシンク
    チップセットヒートシンクはアルミ製ヒートシンクカバーとシームレスに融合し、ROGロゴが目立つようにしています。

アクティブクーリングVRMヒートシンク

ヒートシンク内にあるカスタムDelta Superfloファンは60°C以上で作動し、ROG Zenith II Extremeは500ワット以上の持続的な消費電力を処理できます。/p>

アクティブクーリングチップセットヒートシンク

チップセットのアルミニウム製ヒートシンクの下には、60°C以上で稼働開始するファンがあります。 SoC VRMは、このファンのエアフローの経路にも配置されており、メモリオーバークロック中も冷却状態を維持します。

Active cooling chipset heatsink

1. カスタムDELTAスーパーフローファン

カスタムの低騒音ファンは、60,000時間のL10 *寿命を持つ高耐久性ベアリングを特長としています。

* L10ベアリング寿命は、ベアリングの90%が正常に動作し続けることが期待される時間数を最小として指定する標準的な指標です。

2. フィン付きヒートシンク

ヒートシンクフィンの密度は、低抵抗の排気路を維持しながら表面積を最大化するように最適化されています。

3. エアダクト

特別に設計された送風管はファンが静圧を発生させ、フィン上の空気流を集中させるのを助けます。

冷却設計

ROG Zenith II Extremeはこれまでにない包括的な冷却オプションを備えています。

各ヘッダーは、ワークロードベースの冷却を行うために、ユーザー設定が可能な4つの温度センサーとして監視・反応するように設定できます。Fan Xpert 4またはUEFI経由ですべてを簡単に管理することができます。

すべてのオンボードヘッダーは、PWMまたはDCファンの自動検出機能をサポートしています。

1つのヘッダーはオンボードヒートシンクファン専用です。

付属のカードには6つのDC/PWMファンヘッダーおよび、3つのサーマルプローブヘッダーが含まれます

ROGウォータークーリングゾーン

2つの水温ヘッダーと流速ヘッダーは情報をAI Suiteユーティリティに直接送り込むので、冷却水の温度とループ全体の流速を追跡できます。

高性能なPWM/DCウォーターポンプ用に3A以上の給電に対応した専用ヘッダーを搭載しています。

専用ヘッダーにより、コンポーネントの入力/出力ポイントの温度をモニタリングできます

専用ヘッダーにより、ループ全体の流量を常時モニタリングできます

特別なコネクターにより、特別に設計されたウォーターブロックが流量、温度、漏れデータを提供できます。

Fan Extension Card II

ROG Zenith II Extremeには、FanXpert 4で制御可能な6つのヘッダーを追加する新しいファン拡張カードIIが含まれています。 このカードには、3つの温度センサーヘッダーが搭載されており、オンボードで利用可能なものを補完します。また、さまざまなコンポーネントに取り付けることができる3つのサーミスターが付いています。冷却のための余分なヘッダを供給することに加えて、お使いのRGBファンのライティング機能を発揮させる為、3つのRGBヘッダが付属します。

  • 1

    ねじ穴により、ケースの2.5インチベイにカードを取り付が可能。

  • 2

    ASUSノードコネクターによって、互換性のあるPSUやアクセサリーが接続可能。

暗闇でもオーディオジャックを簡単に見つけることができます

ニュアンスを犠牲にすることなくパンチの聞いたサウンドを提供する高解像度オーディオ

10個のDACチャンネル、7.1チャンネル再生、独立した2.0チャンネルおよびマルチストリームステレオのフロントパネル出力

独自の設計により、コーデックのインピーダンス検出機能をフロントまたはリアのヘッドフォン出力のいずれかに使用可能

プレミアム品質の国産オーディオ・コンデンサは、暖かみがありナチュラルで没入感のあるサウンドを、鮮明かつ忠実に再現します。

暗闇でもオーディオジャックを簡単に見つけることができます

ニュアンスを犠牲にすることなくパンチの聞いたサウンドを提供する高解像度オーディオ

10個のDACチャンネル、7.1チャンネル再生、独立した2.0チャンネルおよびマルチストリームステレオのフロントパネル出力

独自の設計により、コーデックのインピーダンス検出機能をフロントまたはリアのヘッドフォン出力のいずれかに使用可能

プレミアム品質の国産オーディオ・コンデンサは、暖かみがありナチュラルで没入感のあるサウンドを、鮮明かつ忠実に再現します。/p>

Sonic Studio III

Sonic Studioは、ヘッドセット用にHRTF(頭部伝達関数*)ベースのバーチャルサラウンドをサポートしており、風景を感じるような深みのあるサウンドを再現します。直感的なSonic Studioインターフェイスには、さまざまなEQオプションが用意されており、ユーザーの好みやヘッドセットの特性に合わせて音響を調整することができます。
*頭部伝達関数とは、ダミーヘッドを介して記録された音声データから生成された音声アルゴリズムです。テストトーンは、ダミーヘッドの周りの球形グリッドから再生され、異なる方向から来る音の微妙な変化を取得します。 アルゴリズムはSonic Studioのバーチャルサラウンド機能に統合され、リアルな音声を再現します。

DTS : Sound Unbound​

ROG Zenith II Extremeには、これまでにないほどのオーディオを包み込むDTS Sound Unboundアプリが含まれています。 Windows Sonic空間テクノロジーを活用することにより、DTS Sound Unboundは仮想3D空間でオーディオを提供します。仮想環境内のあらゆる銃声、足音、その他の音の位置と方向を感知できるサウンドスケープの真ん中にいます。
* DTS Sound Unboundにはゲーム内サポートが必要です。 サポートを提供するタイトルについては、開発者に確認してください。

ステレオサウンド

サラウンドサウンド

空間音響

GameFirst Vによるネットワーク制御

GameFirst Vは、ネットワークトラフィックとネットワーク接続を最適化し、高速で遅れのないオンラインゲーミングを実現するROG独自のツールです。最大限の安定性と最小限の干渉を実現する最良のWi-Fiチャンネルを選択し、ゲートウェイのチーミングや帯域幅を消費するアプリケーションのモニタリングが可能です。直感的に操作できるインターフェースによって、簡単にオンザフライ調整を行うことができます。

RAMCache III は、ゲームのロード時間を短縮するために、ミリ秒単位をマイクロ秒単位へと加速させます。最新のNVM Express®ストレージオプションと完全に互換性を持つ独自のインテリジェントなテクノロジーにより、ストレージデバイス全体が効果的にキャッシュされ、設定したゲームやアプリが凄まじいスピードで起動します。

OLED

ROG Zenith II Extremeマザーボードには、役立つ情報やカスタマイズ可能なグラフィックを表示するカラーOLEDパネルを搭載しています。 電源投入時のセルフテスト(POST)フェーズでは、OLEDは従来のPOSTコードを使用して、進捗状況を表示します。その後、通常の動作に移行すると、CPU周波数、デバイス温度、ファン速度、またはウォータークーリングゾーンの情報のいずれかを選択、あるいはデフォルトのLiveDash GIFをカスタマイズしてオリジナルの画像やアニメーションを表示させることができます。

Armoury Crate

Armoury Crateは、サポートされているROGゲーミング製品をユーザーが集中制御できるように設計された、新しいソフトウェアユーティリティです。Armoury Crateを使用すれば、直感的に操作できる単一のインターフェースから、システム内のあらゆる対応デバイスのRGBライティングとRGBエフェクトを簡単にカスタマイズし、Aura Syncと同期させてシステムライティングエフェクトを統一することができます。このソフトウェアは、キーボードとマウスの設定、ラップトップのオーバークロッキングやファン回転数を含め、数が増えていく選択ROG製品の設定を制御する方法も提供して、システムのルックアンドフィールのチューニングを容易にします。さらに、Armoury Crateは専用の製品登録機能やROGニュースエリアも備えており、ROGゲーミングコミュニティの最新情報を入手する助けとなります。