ASUS製品サポートサービス

ASUS製品に関するサポートはこちらをご覧ください。

さらに

    P5KC

    Product Image

    DDR3-1333/DDR2-1066両対応のスタンダードマザーボード

    ・Intel P35チップセット搭載
    ・DDR3メモリとDDR2メモリの両方に対応
    ・基板で冷却する放熱基板「Stack Cool 2」を採用
    ・高品質「導電性高分子アルミ固体電解コンデンサ」を採用
    ・「ヒートパイプクーラー」でオーバークロックに強い
    ・メモリ用のオーバークロック技術「Super Memspeedテクノロジ」搭載
    ・DDR3-1333とDDR2-1066メモリに独自対応
    ・Intelの次世代CPUに対応
    ・バックパネルにExternal Serial ATA 3Gb/sポートを搭載
    ・オーバークロックなどを行える便利ツールAI Suite対応
    ・起動時にUSBメモリからBIOSを更新できるEZ Flash 2機能搭載
    ・BIOSをUSBメモリから復旧できるCrashFree BIOS 3搭載
    ・環境に配慮したGreen ASUS対応製品
      Product Image
      P5KC
       製品の特徴
      ■DDR3メモリとDDR2メモリの両方に対応するIntel P35搭載スタンダードマザーボード
       本製品は、Intel P35チップセットを搭載し、DDR3メモリとDDR2メモリの両方に対応するスタンダードマザーボードです。DDR3メモリ用のスロットを2本、DDR2メモリ用のスロットを4本搭載し、DDR3メモリは最大4GB、DDR2メモリは最大8GB搭載できます(混載での使用はできません)。CPUは、デュアルコアCPUはもちろんクアッドコアCPUにも対応しており、2007年6月現在未発表の次世代CPUにも対応予定です。ハイエンドマザーボードでのノウハウを生かし、コストパフォーマンスに優れる高品質なマザーボードとなっています。また、オーバークロック時の安定性にも注力し、チップセット用のヒートパイプクーラーなど、スタンダードマザーボードとしては過剰なまでの装備を行っています。初心者から上級者まで、多くの方に満足していただけるような製品に仕上がっています。

      俯瞰写真   斜め写真
      DDR3メモリとDDR2メモリの両方に対応する便利なマザーボードです   初心者から上級者まで、多くの人に使いやすい製品となっています
       
      ■すべてのコンデンサに導電性高分子アルミ固体電解コンデンサを採用

      導電性高分子アルミ固体電解コンデンサを採用

         マザーボード上のすべてのコンデンサに、高品質な導電性高分子アルミ固体電解コンデンサを採用しました。一般的にコンデンサは高温に弱い部品ですが、本製品で採用する導電性高分子アルミ固体電解コンデンサは高温に強く、劣悪な環境で使用しても破損の心配がありません。ケース内で高温にさらされ続けても、安定した電力制御を行うことができます。
       
      ■基板で冷却する放熱基板Stack Cool 2を搭載
      Stack Cool 2    CPUやチップセットなどが出す熱は、ヒートシンクはもちろん、直接取り付けられているマザーボードにも伝わります。Stack Cool 2は、それらの熱をマザーボード自体から積極的に放熱することを可能にした放熱基板です。マザーボードの裏面に、放熱性を高めた特殊な基板層を搭載することで、マザーボードに伝わる熱を裏面から放熱します。その効果は大変高く、ASUSのテストではStack Cool 2を搭載したマザーボードとしていないマザーボードで、CPUと電源回路周辺において最高20度の温度低下を記録しました。
      ※Stack Cool 2の基板の色は、マザーボードと同色、黒、青など、製品によって異なります。ここで使用しているStack Cool 2の写真はイメージであり、本製品のものではありません。
       
      ■チップセット用のヒートパイプクーラーで高負荷時の安定性を向上
      ヒートパイプクーラー    高負荷時の安定性を向上するために、ヒートパイプを使用した強力なクーラーをチップセット用のクーラーに採用しました。熱源から離れた場所で放熱を行うという、ヒートパイプクーラーの基本を押さえながら、もっとも効率よく放熱を行える形状と配置に仕上げてあります。その効果は大変高く、オーバークロックといった通常使用時を大きく超える高負荷時に、優れた安定性を提供します。
      ■独自にDDR3-1333メモリとDDR2-1066メモリに対応
      DDR3-1333とDDR2-1066に独自対応  Intel P35チップセットはDDR3-1333 SDRAMおよびDDR2-1066 SDRAMには対応していませんが、本製品は独自にDDR3-1333 SDRAMおよびDDR2-1066 SDRAMへの対応を行いました。オーバークロックなどの難しい設定は必要なく、簡単にDDR3-1333 SDRAMとDDR2-1066 SDRAMを使用できます。
       
      ■ビデオカードの2枚同時使用で性能を大幅に向上するCrossFireに対応
      スロット構成    2本のビデオカード用スロットは、ビデオカード2枚によるマルチディスプレイ出力に対応するほか、CrossFire技術にも対応しています。CrossFire技術は、2枚の対応ビデオカードで分散処理を行うことにより、3Dグラフィックスの性能を大幅に向上する技術です。
       
      ■外付けデバイスの増設時に便利なExternal Serial ATA 3Gb/sポートを搭載
      External Serial ATA 3Gb/s    External Serial ATAは、Serial ATAの外付けデバイス用規格です。Serial ATA接続の外付けHDDなど、高速な外付けデバイスに対応します。本製品のバックパネルには、3Gb/sの転送速度に対応するExternal Serial ATAポートを備えており、高い拡張性を提供します。
       
      ■環境に配慮したGreen ASUS対応
      Green ASUS logo
      RoHS対応製品には、このロゴが貼られています
         ASUSでは、環境に配慮した製品作りを行うために独自に製造基準を定めています。その基準のことをGreen ASUSと呼び、対応製品にはロゴを付けることにしています。Green ASUS対応製品では、廃棄時の処理が難しい鉛などを使用せず、パッケージにもできるだけ簡素で再処理が可能なものを使用しています。また、Green ASUSはEU(ヨーロッパ連合)が定めるRoHS(Restriction of the use of certain Hazardous Substances in electrical and electronic equipment)指令にも対応しています。


       ASUSが独自に搭載している主な機能
      ●オーバークロック関連機能
      ・Super Memspeedテクノロジ(簡単メモリ設定機能)
       Super Memspeedテクノロジは、メモリのオーバークロックを簡単に確実に行うことができる機能です。一般的に、メモリのオーバークロックではFSBクロックとメモリクロックの比率を考慮する必要がありますが、Super Memspeedテクノロジでは比率による制限を最小限に抑えてあり、従来よりも大変簡単に設定を行えます。たとえば、FSBクロック1,333MHz、メモリクロック1,066MHzの組み合わせをメニューから選択するだけで行うことができるほか、FSBクロック1,333MHz、メモリクロック800MHzといった組み合わせも簡単に設定できます。
         
      AI NOS ・AI NOS(リアルタイムオーバークロック機能)
       AI NOS(Non-delay Overclocking System)は、CPU負荷が高まったときに瞬間的にCPUクロックを上げるブースト機能です。高負荷時のみ、定格での動作を超える高いパフォーマンスを発揮します。AI NOSは、CPUの消費電力を直接検知することでCPU負荷を判断するため、負荷に対して瞬時に対応することが可能となっています。
         
      Extreme Tweaker ・Precision Tweaker(詳細なオーバークロック設定機能)
       Precision Tweakerは、CPUの電圧やメモリの電圧、FSBクロックなど、マザーボードの各種パラメータを詳細に設定できる機能です。Precision Tweakerを備えるマザーボードでは、使用者の要望どおりに多くのパラメータをカスタマイズできます。また、SFS(Stepless Frequency Selection)機能のサポートにより、FSBクロックやメモリクロック、PCI Expressクロックなどを1MHz単位で調整することができます。
         
      C.P.R. ・C.P.R.(CPUパラメータ自動リセット機能)
      C.P.R.(CPU Parameter Recall)は、オーバークロックに耐えられずにシステムが停止した場合に、マザーボードへの電力供給を一旦カットするだけで自動的にオーバークロック設定を初期状態に戻す機能です。
         
        ・AI Suite(Windows上でさまざまな設定を行える統合ソフト)
       AI Suiteは、AI NOSやPrecision Tweakerの設定などをWindows上から簡単に行えるようにしたソフトです。マザーボードのモニタ機能も搭載しており、CPUやメモリの動作電圧やクロックを表示することもできます。

      ●静音・低温化関連機能
      Stack Cool 2 ・Stack Cool 2(基板で冷却する放熱基板)
      Stack Cool 2は、マザーボードに冷却機能を付加する特殊な放熱用基板です。マザーボードの裏面に付加した放熱用の基板層によって、チップセットや電源回路などが発する熱を放熱します。システムの安定性を向上するほか、マザーボード上のさまざまな部品の寿命を延ばす効果もあります。
         
      AI Nap
      ・AI Nap(低消費電力低騒音動作モード)
       AI Napは、PCを最低限の機能だけで動作させる低消費電力低騒音動作モードを提供する機能です。Windows上からAI Napの機能をONにすると、ディスプレイ出力をOFFにし、CPUの消費電力を落とし、冷却ファンの回転数を落とします。PCの前を離れるときなどに便利な機能です。   AI Nap
         
      AI Gear
      ・AI Gear 2(PCの消費電力モードを変更する機能)
       AI Gear 2は、あらかじめ登録してある動作モードを選ぶことにより、PCの動作状態を変更する機能です。たとえば、低消費電力モードを選べば、FSBクロックやCPUのコア電圧などを瞬時に最低レベルまで落とし、ハイパフォーマンスモードを選べば最高レベルに引き上げます。使用用途によってモードを切り替えられる便利な機能です。   AI Gear 2
         
      Q-Fan 2 ・Q-Fan 2(冷却ファン自動制御機能)
       Q-Fan 2は、CPUファンとケースファンの回転数を自動で制御する機能です。CPUおよびマザーボードの温度に応じてファンの回転数を自動で変更するので、低負荷時にPCの動作音を大幅に抑えることができます。

      ●BIOS関連機能
      O.C. Profile
      ・O.C. Profile(BIOS設定管理ツール)
       O.C. Profileは、複数のBIOS設定を切り換えて使用することができる管理ツールです。安定性を重視した設定や、オーバークロックに特化した設定など、複数の設定を簡単に切り換えることができます。BIOSの設定内容を、マザーボード上のCMOSのほか、ファイルとしてUSBメモリなどに保存することができるので、設定ファイルをインターネットで配布することなども可能です。
      O.C. Profile
         
      EZ Flash 2 ・EZ Flash 2(簡単BIOS更新ツール)
       EZ Flash 2は、BIOS設定画面から簡単にBIOSの更新を行える機能です。BIOS設定画面の「ASUS EZ Flash 2」を選択するとEZ Flash 2ツールが起動し、USBメモリやフロッピーディスク、またはCD-Rなどに保存したBIOSイメージからBIOSを更新することができます。
         
      CrashFree BIOS 3 ・CrashFree BIOS 3(BIOSトラブル時の復旧機能)
       CrashFree BIOS 3は、BIOSの更新時などにBIOSがクラッシュしてしまった場合に、付属のサポートCD-ROMから簡単にBIOSを復旧できる機能です。また、あらかじめBIOSファイルをUSBメモリに保存しておけば、USBメモリからBIOSの復旧を行うこともできます。
         
      MyLogo 3 ・MyLogo 2(起動画面カスタマイズ機能)
       MyLogo 2は、パソコンの起動時に表示される画像を好みのものに変更する機能です。自分だけの起動画面を作ることができます。

      ●その他
      ・AI Slot Detector(拡張スロットの状態表示機能)
        AI Slot Detectorは、PCI ExpressスロットまたはPCIスロットに挿した拡張カードが、正常に動作する状態になっているかを確認できるLEDライトです。カードが斜めになっているなど、正常な状態でない場合にはスロットの横にあるLEDライトが点灯してユーザーに知らせます。
      AI NET 2 ・AI NET 2(LANのチェック機能)
        AI NET 2は、LANの状態を自動でチェックしてユーザーに知らせる機能です。たとえば、PCの起動時にLANケーブルが断線していたり、ソケットから抜けていたりした場合には、画面に警告を表示します。BIOS設定画面にあるAI NET 2機能を利用すれば、マザーボードから何メートル先でLANに問題が起こっているのかを表示することも可能です。
      Power LED Noise Filter(音声入力のノイズ除去機能)
       Noise Filterは、マイク端子などから入力した音声のノイズを除去する機能です。パソコンの冷却ファンやエアコンの音など、周囲のノイズを自動で除去し、クリアな音声入力を可能にします。メッセンジャーソフトの音声チャットや、Skypeを使用するときなどに大きな効果を発揮します。
      Power LED SATA on the Go(External Serial ATA 3Gb/sポート)
       SATA on the Goは、バックパネルに搭載しているExternal Serial ATA 3Gb/sポートのことです。
         
      Q-Connector

      Q-Connector(ケーブル簡単接続ツール)
       ケースのフロントパネルに搭載されている、システムパネルやUSB、IEEE1394のケーブルをマザーボードに接続する作業は大変わずらわしいものです。Q-Connectorは、ケースから出ているケーブルをシステムパネル、USB、IEEE1394でそれぞれ1つにまとめ、マザーボードにワンタッチで接続可能にするアダプタです。自作の作業をより簡単にします。

      Q-Connector photo step01 Q-Connector photo step02 Q-Connector photo step03
      対応するケーブルをQ-Connectorに接続します   Q-Connectorをマザーボードに接続します   狭いケース内でも簡単に配線することが可能です

      ※製品の仕様は製品改善のために予告なく変更することがあります。
      ※このページで使用している製品写真および画面写真は撮影用機材を使用したものであり製品版とは異なる場合があります。