P5KPL-AM EPU

    Product Image

    価格を抑えたシンプルなmicroATXマザーボード

    • Intel G31+ICH7チップセット採用
    • FSB 1,600MHz、DDR2-1066を独自サポート
    • 電源ボタンで性能をブーストする「Turbo Key」機能を搭載
    • CPUの消費電力を削減する電力管理プロセッサーの「EPU」を搭載
    • 電源回路にロングライフタイプの高品質コンデンサを採用
    • BIOS画面からBIOSを更新できる「EZ Flash 2」機能搭載
      Product Image

      P5KPL-AM EPU

      斜め写真Intel P43+ICH10を採用するエントリーモデルです


      パッケージ写真S/P DIF(同軸)など多くのインターフェースを備えています

      俯瞰写真DDR2-1066メモリを最大16GB搭載可能です


      バックパネルコストパフォーマンスに優れるマザーボードです


      製品の特徴

      電力管理用の専用プロセッサー「EPU」を搭載

      EPU「EPU(Energy Processing Unit)」は、電力を管理する電力管理プロセッサーです。CPUが要求する電力は常に変化していますが、CPUの要求通りに正確に瞬時に電力を供給することは大変難しいことです。そこで、ASUSでは電力管理専用のプロセッサーを搭載する方法を選びました。EPUを搭載するマザーボードでは、EPUがCPUの負荷をリアルタイムに検出し、瞬時に正確に電力の供給を行います。EPUの搭載により、安定性が向上するだけでなく、無駄のない適切な電力供給を行うことで、CPUの電力消費量を抑えることができます。
      ※写真は本製品のものではありません


      電源ボタンで性能をブーストする「Turbo Key」機能を搭載

      Turbo Keyの設定方法「Turbo Key」機能は、パソコンの電源ボタンを押すだけでパソコンのオーバークロックを行えるパフォーマンスブースト機能です。付属のソフトウェアを使用することで、電源ボタンにTurbo Key機能を割り当てることができ、電源ボタンを押すだけで、予め用意されているオーバークロック設定に切り替えることができます。この機能により、動作が軽いWebブラウザなどのソフトウェアを使用するときには省電力パソコンとして使用でき、3Dゲームなどのパフォーマンスが必要なときにだけパワフルなパソコンに切り替えて使用することができます。

      ファンを自動制御する静音機能を標準で搭載

      Q-Fan設定画面本製品は、CPUファンの回転数を制御する「Q-Fan」機能を搭載しており、CPUの温度が低いときにはCPUファンの回転数を遅くしてファンの動作音を抑え、CPUの温度が高くなったときにはファンを高速に回転させて強力に冷却を行います。PCの動作音のほとんどはファンの音なので、Q-Fanを使用すれば動作音を大幅に抑えることが可能です。
      ※写真は本製品のものではありません


      BIOSの更新を安全にBIOSから行える「EZ Flash 2」

      EZ Flash 2実行画面従来、パワーユーザーの多くは、BIOSの更新をフロッピーディスクで行ってきました。これは、Windowsベースのユーティリティを使用した場合に、もしBIOS更新の途中でOSが停止してしまうと、BIOSの内容が壊れてしまいPCが起動しなくなってしまうからです。しかし、フロッピーディスクでのBIOS更新は初心者には難易度の高い作業です。そこで、ASUSではBIOS自身にBIOSの更新機能を搭載することで、誰にでも安心してBIOSの更新を行えるようにしました。「EZ Flash 2」は、BIOSメニューから起動するBIOS更新ユーティリティで、USBメモリにあらかじめBIOSファイルを保存しておけば、EZ Flash 2からUSBメモリ上のBIOSファイルを読み出してBIOSの更新を行えます。BIOSで動作する機能なので、信頼性が高いことが特徴です。
      ※写真は本製品のものではありません


      搭載機能

      オーバークロック関連機能

      Turbo Key(電源ボタンを押すことでオーバークロックを行えるブースト機能)

      Turbo Keyワンタッチで、PCの動作を予め設定をしておいたオーバークロック動作に切り替えることができる機能です。電源ボタンに機能を割り振ることでき、電源ボタンを押すだけで通常動作とオーバークロック動作の切り替えを行えます。




      省電力・静音・低温化関連機能

      EPU(CPUの消費電力を抑える電力管理プロセッサー)

      EPUCPUの電力管理を行うために、EPU(Energy Processing Unit)という専用の電力管理プロセッサーを搭載しています。EPUはリップル電圧や過電流を抑えてシステムをより安定させられるほか、オーバークロック時の安定動作にも効果があり、電力消費量も抑えます。

      Q-Fan(CPUファンを自動制御する静音機能)

      Q-FanCPUファンとケースファンの回転数を自動で制御する機能です。CPUおよびマザーボードの温度に応じてファンの回転数を自動で変更するので、低負荷時にパソコンの動作音を大幅に抑えることができます。


      BIOS関連機能

      EZ Flash 2(BIOSレベルで動作する信頼性が高いBIOS更新機能)

      EZ Flash 2BIOS設定画面から簡単にBIOSの更新を行える機能です。BIOS設定画面の「ASUS EZ Flash 2」を選択するとEZ Flash 2ツールが起動し、USBメモリやフロッピーディスク、またはCD-Rなどに保存したBIOSイメージからBIOSを更新することができます。また、BIOS設定画面を表示できない場合には、起動時に「Alt」キー+「F2」キーを押しながら起動することでEZ Flash 2を起動できます。BIOSレベルで動作する機能なので簡単に実行でき、信頼性が高いことが特徴です。


      CrashFree BIOS 3(付属CD-ROMで行えるBIOSトラブル時の復旧機能)

      CrashFree BIOS 3BIOSの更新時などにBIOSがクラッシュしてしまった場合に、付属のCD-ROMを使用して簡単にBIOSの復旧を行える機能です。USBメモリから復旧を行うこともできます。

      MyLogo 2(起動画面に好みの画像を表示できる機能)

      MyLogo 2パソコンの起動時に表示される起動画面に、好みの画像を表示する機能です。自分だけの起動画面を作ることができます。


      その他の機能

      AI NET 2(LANの不都合をチェックする便利機能)

      AI NET 2LANの状態を自動でチェックしてユーザーに知らせる機能です。たとえば、PCの起動時にLANケーブルが断線していたり、ソケットから抜けていたりした場合には、画面に警告を表示します。BIOS設定画面では、マザーボードから何メートル先でLANに問題が起こっているのかを表示することも可能です。