EN8800GTX AquaTank/HTDP/768M

    EN8800GTX AquaTank/HTDP/768M

    水冷クーラーの搭載で大幅にクロックを向上したGeForce 8800 GTX搭載カード

    ・NVIDIA GeForce 8800 GTXチップ搭載
    ・水冷クーラーの採用で動作クロックを大幅アップ
    ・コアクロック575MHz→630MHz!
    ・メモリクロック1.8GHz→2.06GHz!
    ・標準的な空冷製品と比較して最高12度の温度低下を実現
    ・世界で1,000枚のみの限定製品
    ・著作権保護技術のHDCPに対応
    ・高速で大容量なGDDR3メモリを搭載
    ・ASUSオリジナルの画質向上技術Splendidに対応
    ・HDTVなど多くのビデオ出力に対応
    ・ASUSだけの楽しい独自機能搭載
    ・最新レースゲームのGTI Racingを付属
    ・リアルな特殊部隊3DゲームのGhost Reconを付属
    ・人気ベンチマークソフトの3DMark06 Advanced Editionを付属
      Product Image
      パッケージ
       製品の特徴
      ■水冷クーラーの採用で大幅にクロックを向上した特別版
       本製品は、水冷クーラーを採用することでGeForce 8800 GTXの能力を極限まで引き出した特別な製品です。通常の製品と比較し、コアクロックを575MHz→630MHzにアップ、メモリクロックを1.8GHz→2.06GHzにアップして大幅にパフォーマンスを向上しています。これだけのクロックアップを行っていながら、グラフィックスチップの動作温度は通常製品よりも最高12度低下させることができます。本製品が実現するグラフィックスパワーは、モンスタービデオカードと表現できるほどのものとなっています。最高の性能を求めるユーザーに最適なビデオカードです。

      カードおよび水冷クーラー   装着例
      本製品は水冷クーラーを使うことで大幅な高性能化を行った製品です   水冷クーラーはPCIスロットに固定して使用します
      水冷クーラー 強力ファン
      カードタイプの水冷クーラーは小型ながら十分な冷却性能を得ることができます 強力な冷却ファンを使用してラジエーターを冷却します
      ファン回転数切り替えスイッチ ラジエーター
      水冷クーラーの冷却ファンは2段階で切り替えできます 銅製のラジエーターで効率よく放熱を行います
      水流ポンプ タンク
      12V駆動の高性能ポンプで水を循環させ、ビデオカードの熱をラジエーターに逃がします 水冷クーラーは約10,000時間(1日8時間利用で約3年半)、メンテナンスが必要ありません
      ■著作権保護技術のHDCPに対応
       本製品は、著作権保護技術のHDCP(High-bandwidth Digital Content Protection system)に対応した製品です。HDCPは、次世代の映像コンテンツを再生するためには欠かせない技術であるため、今後のビデオカードでは製品選びの重要な要素となっていきます。たとえば、高精細な次世代DVDディスクの映像は、HDCPに対応するビデオカードとディスプレイがなければ見ることができません。ビデオカードを長く使うのなら、HDCP対応製品を選ぶべきでしょう。
      ■高速な大容量メモリを搭載
       最近の3Dゲームはテクスチャの容量が多いだけでなく、さまざまなフィルタ処理などが必要になるため、ビデオメモリへの依存度が高くなっています。そのため、ビデオメモリの速度と容量は3Dゲームのパフォーマンスに大きく影響します。本製品は、2.06GHzで動作するGDDR3 SDRAMを768MBも搭載し、従来よりも格段に高いパフォーマンスを提供することが可能となっています。
      ■多彩な出力端子を搭載しHDTV出力にも対応
       このビデオカードは、DVI-I端子を2つと、HDTV対応の汎用端子(S-VIDEO兼用)を1つ備えています。これらの端子を利用し、DVI-Iによるデュアルディスプレイ出力はもちろん、付属の変換アダプタを使用すればDsub 15ピンによる出力も可能です。そのほか、大画面テレビなどにPC画面を表示可能なコンポーネント端子によるHDTV出力(ハイビジョン)などにも対応しています。
      ■最新のカーレーシングゲーム「GTI Racing」を付属
       本製品には、美しい3Dグラフィックスで大変リアルな表現を行っていることで人気の、最新カーレーシングゲーム「GTI Racing」を付属しています。このゲームを使用すれば、本製品のグラフィックスパワーを購入後にすぐに試すことができます。また、リアルな特殊部隊3Dゲームとして有名な「Tom Clancy´s Ghost Recon Advanced Warfighter」も付属しています。このゲームは、特殊部隊の隊員となり、さまざまなミッションをこなしていく3Dアクションゲームです。本製品は、2本の最新ゲームを付属する大変お得な製品構成となっています。


       ASUSが独自に搭載している主な機能
      ●Splendid(映像エンジンによる画質向上機能)

       映像エンジンSplendidは、ビデオカードで動画を再生した際の画質を向上させる機能です。Splendidは動画のフレームを1枚ごとに独自アルゴリズムで解析し、主に色の調整を行います。輝度や彩度などを一律に調整する機能とは異なり、場面ごとに最適な調整を行うため、さまざまな動画内容に対応でき、大きな効果を発揮します。通常、パソコン用のディスプレイはテレビのような鮮やかな表示を苦手としていますが、Splendidを使用すれば、DVD-VideoやMPEG4のほかインターネット経由のストリーミング再生においても、テレビ並みの発色や鮮やかな画面を体験することが可能となります。

      Splendid 鮮やかな画面の場合
      左が元映像、右がSplendid適用後です

        Splendidを使用するためには、Webサイトまたは製品に添付されているCD-ROMに入っている「ASUS Enhanced Display Driver」をインストールします。このドライバは、グラフィックスチップメーカーの公式最新ドライバをインストールしてもお互いに干渉せず、共存できるように設計してありますので、最新のビデオドライバを使用しつつSplendidの機能を使用できるようになっています。

      Splendid 画面が暗い場合
      左が元映像、右がSplendid適用後です

      ●SmartDoctor(オーバークロック機能を備えるビデオカード監視ソフト)
       SmartDoctorは、ビデオカードのハードウェアの状態を監視する機能、およびオーバークロック機能を搭載するソフトです。グラフィックスチップやビデオメモリの消費電力、温度、ファンの回転数などを監視し、それらの情報を表示することができます。各値に異常があれば、報告を行ってくれます。また、チップ温度に応じてファンの回転数をリアルタイムにコントロールする「SmartCooling」という機能も搭載しており、ビデオカードの騒音を大幅に軽減します。

      >SmartCooling機能(静音化機能)
       SmartCoolingは、ビデオカードが搭載している冷却ファンの回転数を、温度に応じて自動でコントロールする機能です。設定自体を自動で行うこともできますし、グラフィックスチップの温度に対して回転数を手動で5段階から設定することも可能です(設定できる段階はSmartCoolingのバージョンによって異なります)。温度に応じて冷却ファンの回転数が変わるので、ビデオカードに負荷がかかっていないときの動作音を大幅に下げることが可能です。SmartCoolingはSmartDoctorに搭載されている機能です。

      >HyperDrive(オーバークロック機能)

       HyperDriveは、ビデオカードへの負荷に応じてグラフィックスチップとビデオメモリの動作クロックを自動調整する機能です。たとえば、E-mailの読み書きなどの比較的ビデオカードのパフォーマンスを必要としない処理のときには、動作クロックを下げ、グラフィックスチップの消費電力と発熱を抑えます。また、3Dゲームなどのグラフィックスチップのパフォーマンスを必要とする処理のときは、動作クロックを上げ、高いパフォーマンスを発揮させます。HyperDriveには以下の3つの動作モードがあり、各モードの動作ルールに従って、グラフィックスチップの処理能力をリアルタイムで変動させることができます。HyperDriveはSmartDoctorに搭載されている機能です。

      3D game mode:
      ビデオカードを最大に活用するモードです。グラフィックスチップへの負荷が高まると、自動的にグラフィックスチップの動作クロックを上げて最高のパフォーマンスを提供できるように調整します。
      CPU usage mode:
      できるだけCPUでの処理を優先させます。そして、CPUでの処理が限界になった場合に、グラフィックスチップのパフォーマンスを上昇させます。
      Temperature mode:
      できるだけビデオカードの発熱を抑えるように動作します。HyperDriveがシステム温度を監視し、パフォーマンスと、温度のバランスを見ながら最適な状態を保つようにグラフィックスチップのパフォーマンスを調整します。


      ●GamerOSD(ゲーム中にオーバークロックなどを行える機能)
       通常、フルスクリーンで動作するゲームをプレイしているときは、ゲーム以外の操作をすることができません。しかし、GamerOSDがそれを可能にしました。GamerOSDは、ゲーム中であっても画面上に設定ウィンドウを表示し、各種ASUS独自の機能を実行できる便利な機能です。たとえば、ゲーム中にビデオカードのオーバークロックを行ったり、テレビ放送を表示したり(別途チューナーが必要)、ビデオチャットをしたり(GameFace Messenger)、ゲーム画面の録画を行ったり(GameReplay)、ゲーム画面をリアルタイムにインターネットで公開したり(GameLiveShow)することができます。GamerOSDを使えば、ゲームがもっと楽しくなるはずです。
      GamerOSD オーバークロック機能 GamerOSD 画面録画機能
      ゲーム中にオーバークロックの設定を行えます ゲーム画面を録画することが可能です

      GamerOSDのオーバークロック画面で設定できる項目
      OC Mode:
       
      オーバークロックを手動で設定するか、自動で行うかを選択できます。
      Show FPS:
       
      FPS(Frames per Second:1秒間に何フレームの画面を表示しているか)を表示します。
      GPU Speed:
       
      OC Modeの設定が手動のとき、グラフィックスチップ(GPU)の動作クロックを設定できます。
      Enable Display Adjustment:
       
      画面のガンマ、コントラスト、明るさを調整できます。


      ●GameFace Messenger(ゲーム中に使用できるメッセンジャーソフト)
       GameFace Messengerは、ゲーム中などに複数人でメッセージのやり取りをすることができるメッセンジャーソフトです。テキストでのチャットはもちろん、Webカメラとマイクを使用すれば、ビデオチャットや音声チャットも行えます。この機能は、ネットワークを使用した多人数でのゲームプレイをより楽しくするための機能です。音声チャットなどの機能を搭載していないゲームでも使用できるので、さまざまなゲーム上で共通のインターフェースでコミュニケーションをとることが可能になります。
      GameFace Messenger Webカメラ画面 GameFace Messenger チャット画面
      TV会議システムのような使い方もできます ゲーム中にメッセージのやり取りが可能です

      ●GameLiveShow(ゲーム画面のストリーミング配信機能)
      GameLiveShow 設定画面  プレイ中のゲームの画面を、リアルタイムでインターネット配信する機能です。配信されるゲーム画面はWebブラウザで見ることができるので、ユーザーの環境にほとんど依存せず、多くの人がゲームプレイの様子を共有して楽しむことができます。
      ゲーム画面を簡単にインターネット配信できます

      ●GameReplay(ゲーム画面録画機能)
      GameReplay 設定画面  ゲーム画面を、MPEG4形式でHDDに録画する機能です。自分のプレイの様子をゲーム後に確認したり、Blogで公開したり、保存しておいたりすることができます。ゲーム専用のHDDレコーダー機能と言えます。
      ゲーム画面を簡単にHDDに録画できます

      ●VideoSecurity Online(簡単に監視システムを実現する機能)
       VideoSecurity Onlineを使えば、ホームセキュリティシステムをとても簡単につくることができます。Webカメラを監視させたい場所に向ければ準備は完了です。だれかがそこを通ると、自動で写真を撮影し、さらに登録したE-mailアドレス、または電話番号に報告を行ってくれます。
      VideoSecurity Online カメラ設置 VideoSecurity Online 異常発生
      監視したい場所にWebカメラをセットしておけば カメラの範囲内に動きがあった場合に報告します


       仕様
      ビデオカードの仕様
      製品名 EN8800GTX AquaTank/HTDP/768M
      グラフィックスコア NVIDIA GeForce 8800 GTX
      ビデオメモリ GDDR3 SDRAM 768MB
      コアクロック 630MHz
      メモリクロック 2.06GHz(1.03GHz DDR)
      メモリインターフェース 384bit
      最大解像度 2,560×1,600ドット
      バスインターフェース PCI Express x16
      外部インターフェース DVI-I×2(HDCP対応)
      HDTV対応汎用端子(S-VIDEO兼用)×1
      変換アダプタによる出力 Dsub 15ピン×1
      HDTV対応コンポーネント×1
      コンポジット×1
      ASUSTeK独自機能 Splendid、SmartDoctor、GamerOSD、GameFace Messenger、GameLiveShow、GameReplay、VideoSecurity Online
      付属ゲーム GTI Racing
      Tom Clancy´s Ghost Recon Advanced Warfighter
      付属ソフト 3DMark06 Advanced Edition
      付属品 DVI-I→Dsub 15ピン変換アダプタ×1、HDTV対応コンポーネント出力アダプタ×1、電源ケーブル×2、CDケース×1、ASUSユーティリティ&ドライバCD-ROM×1

      水冷クーラーの仕様
      水枕部分 銅製8mm厚
      120W GPUまで対応
      ラジエーター部分 銅製
      ファン回転数 3,000rpm/1,500rpmの2段階切り替え
      騒音値 35~40dB
      ポンプ部分 3,400rpm
      流量:72L/時間
      動作寿命:約40,000時間
      液体交換時期 約10,000時間ごと
      使用液体 防錆・凍結防止液

      ※製品の仕様は製品改善のために予告なく変更することがあります。
      ※このページで使用している製品写真および画面写真は撮影用機材を使用したものであり製品版とは異なる場合があります。