CROSSHAIR V FORMULA

    CROSSHAIR V FORMULA

    AMD 990FXを採用した特別設計のゲーマー/オーバークロッカー向け製品

    - AMD 990+SB950チップセット採用
    - AMD FX/Phenom II/Athlon II/Sempron 100シリーズCPU対応
    - DDR3メモリ×4枚(最大32GB)対応
    - x16スロット×4、x1スロット×1、PCIスロット×1
    - SATA 6Gb/s×7、eSATA 6Gb/s×1
    - 1000BASE-T×1(定評のあるIntelチップ採用)
    - USB 3.0×6、USB 2.0×12
    - デジタル電源回路「Extreme Engine Digi+」(8+2フェーズ)搭載
    - 高精度オーバークロックチップ「TPU」をオンボード搭載
    - ノートPCからリモートオーバークロックを行える「ROG Connect」を搭載
    - グラフィカルな高機能BIOS「EFI BIOS」を搭載
    - CPUとVGAの電力を補強する「Double Power Supply」電源端子を搭載
    - 隠されたCPUコアやL3キャッシュを有効化する「Core Unlocker」機能を搭載
    - ATXフォームファクター
      Product Image

      オーバークロッカー&ゲーマー向けのR.O.G.マザーボード

      「R.O.G.(Republic of Gamers)」シリーズは、ASUSの製品シリーズの中では最上位の製品シリーズであり、パソコンゲーマー(パソコン用ゲームが好きなユーザー)およびオーバークロッカー(オーバークロックを好むユーザー)向けに特別に設計を行った製品シリーズでもあります。R.O.G.マザーボードでは、パソコンゲーマーに人気の攻撃的なデザインを採用しているほか、特別設計の電源回路やオリジナル機能によって、世界ランキングレベルのオーバークロックを行えることを特徴としています。

      本製品は、とくにゲーマー向けに設計を行った製品となっています。

      Crosshair V Formulaの概要


      AMDのCPUに幅広く対応

      AMD FX™/Phenom™ II/Athlon™ II/ Sempron™ 100シリーズに対応

      搭載するCPUソケットはSocket AM3+。AMD FXシリーズはもちろん、従来のPhenom IIシリーズやAthlon IIシリーズ、Sempron 100シリーズまで幅広く対応しています。

      AMD 9シリーズチップセットを搭載

      AMD 990FXチップセット

      チップセットにはAMD 990FX+AMD SB950チップセットを採用。広帯域のHyperTransport™ 3.0に対応しており、SATA 6Gb/sやUSB 3.0を快適に使用できます。

      マルチGPU技術に対応

      SLI/CrossFireX対応

      3-way NVIDIA SLI/3-way AMD CrossFireXに対応
      複数のビデオカード、複数のGPUを連携させることで3Dグラフィックスの処理性能を飛躍的に向上する、NVIDIA SLIおよびAMD CrossFireXに対応しています。

      定格を超えたメモリに対応

      DDR3-2133にオーバークロックで独自対応

      CPUの定格メモリ速度を超えた、DDR3-2133にオーバークロックによって独自に対応しています。高速なメモリを使用すれば、PCのパフォーマンスをより高くすることができます。

      ゲーム用のオンボードオーディオ機能

      SupremeFX X-Fi 2

      ゲーマーに最適な高性能なオーディオチップ「SupremeFX X-Fi 2」を搭載
      多くのオーディオ技術に対応する高性能なオーディオチップ「SupremeFX X-Fi 2」をマザーボード上に搭載しています。ゲームを楽しむ際に臨場感のある立体音響を実現する「EAX Advanced HD 5.0」に対応しており、オーディオカードを追加購入することなく、オンボードとは思えないオーディオ環境を実現できます。

      数々の最先端技術を搭載

      Extreme Engine Digi+

      オーバークロック用に設計を行った「Extreme Engine Digi+」電源回路
      本製品の電源回路には、オーバークロック状態での高負荷使用を想定して設計を行った「Extreme Engine Digi+」を採用しています。通常の電源回路とは設計思想が異なるだけでなく、構成部品にも高負荷に対応できる最高レベルのものを使用していることが特徴です。

      ROG Connect

      ハードウェアベースの外部オーバークロック機能「ROG Connect」を搭載
      ギリギリのオーバークロック状態では、BIOSでのオーバークロックの設定後にパソコンを起動し、Windows上でさらにリアルタイムオーバークロックを行うことでクロックの限界を目指します。しかし、リアルタイムオーバークロックを行うためにはソフトを使用しなければならず、その部分で余計な負荷がかかってしまいます。そこで本製品では、Windowsの起動後でも完全にハードウェアベースでのオーバークロックを行える「ROG Connect」機能を搭載しました。この機能では、ノートPCなどをUSBケーブルで本製品に接続して、本製品のハードウェアの状態を表示したり、搭載しているビデオカードの情報を表示したり、CPUクロックや電圧の変更を行ったりできます。

      GameFirst

      ネットワークゲームのパケット優先度を上げる「Game First」機能
      ネットワークゲームを楽しむゲーマーにとって、データ送受信のレスポンスはゲームの勝敗を左右するほど重要なものです。Game First機能は、ネットワークゲームが送受信するネットワークデータの優先度を制御することで、ゲームのレスポンスを向上します。

      CPU Level Up

      簡単にCPUをオーバークロックできる機能
      BIOS上でCPU名を選択するだけで、選んだCPUに相当するクロック設定を自動で行う機能です。簡単に、より上位のCPUと同じ性能を実現することができます。

      GPU.DIMM Post

      ビデオカードとメモリの状態をBIOSから確認できる「GPU.DIMM Post」機能
      OSの起動を行う前にBIOS上で、ビデオカードとメモリが正常に動作していることを確認できる機能です。ビデオカードが、PCI Express 2.0 x16スロットのどのスロットに何レーンで接続されていているかという情報と、メモリがメモリスロットのどのスロットに何MHzで接続されているかという情報を表示できます。

      BIOS Print

      BIOSのスクリーンショットを記録可能
      BIOSの画面の状態を記録しておきたいときなどに便利な、BIOS画面のスクリーンショット機能を搭載しました。

      高品質なオンボードチップ

      Intel製LANコントローラー

      サーバーレベルの安定性
      安定性や電力効率の良さで定評がある、Intel製のLANコントローラーを搭載しています。