M5A87

    M5A87

    コストパフォーマンスに優れる質実剛健なスタンダードマザーボード

    - AMD 870+SB850チップセット採用
    - AMD FX/Phenom II/Athlon II/Sempron 100シリーズCPU対応
    - DDR3メモリ×4枚(最大16GB)対応
    - x16スロット×1、x1スロット×2、PCIスロット×3
    - SATA 6Gb/s×6
    - USB 3.0×2、USB 2.0×12
    - 消費電力を抑える電力管理チップ「EPU」をオンボード搭載
    - 隠されたCPUコアやL3キャッシュを有効化する「Core Unlocker」機能を搭載
    - ATXフォームファクター
      Product Image
      最新のCPUソケットであるSocket AM3+を搭載

      本製品は、CPUソケットに最新のSocket AM3+を搭載しており、AMD FXシリーズCPUを使用することができます。従来のSocket AM3にも対応しており、幅広いCPUを使用可能です。

      AMD 870チップセットを搭載

      優れたコストパフォーマンスが特徴の、AMD 870チップセットを搭載しています。

      EPU

      「EPU」チップによる高度で正確なCPU電力制御
      EPU(Energy Processing Unit)は、電源回路全体の電力出力制御を行う電力管理プロセッサーです。CPUの負荷をリアルタイムに監視することができ、CPUが要求する電力を正確に瞬時に電源回路に作らせます。EPUの採用により、一般的な電源回路よりも正確で迅速な電力管理を行えるため、CPUをより安定して動作させられるほか、オーバークロック時の安定性向上も実現しています。

      Core Unlocker

      隠されたCPUコアやL3キャッシュを有効化する「Core Unlocker」機能
      一部のCPUでは、CPU内に6つや4つのCPUコアがありながら、それらのコアを使用できないようにロックがかかっています。また、同様にL3キャッシュについても実際に搭載している容量よりも少ない容量しか使えないようにされている場合があります。Core Unlockerは、それらのロックを解除することで、CPU内のCPUコアおよびL3キャッシュを全て使えるようにする機能です。マザーボード上のCore Unlockerスイッチをオンにして、パソコンを起動するだけでコアとL3キャッシュの有効化が自動で行われます。



      ASUS TurboV

      オーバークロックの設定など、各種マザーボードの設定をWindows上で簡単に行えるユーティリティソフト「TurboV」を付属しています。

      Turbo Key

      電源ボタンを押すことでオーバークロックを行えるブースト機能
      ワンタッチで、PCの動作を予め設定をしておいたオーバークロック動作に切り替えることができる機能です。電源ボタンに機能を割り振ることでき、電源ボタンを押すだけで通常動作とオーバークロック動作の切り替えを行えます。


      MemOK!

      メモリの相性問題を解決するMemOK!機能を標準搭載
      メモリの相性問題が発生した場合、通常はパソコンを起動することさえもできず、解決するためにはメモリを交換するしかありません。今まで、メモリの相性問題は、自作パソコンの大きな問題の1つでした。ASUSの「MemOK!」機能は、メモリの相性問題が発生した場合に、電源オフ後にマザーボード上のMemOK!ボタンを長押ししてパソコンを起動するだけで、問題を解決する機能です。MemOK!機能では、メモリに記録されている動作設定(SPD)を無視し、強制的に動作が可能と思われる設定でパソコンの起動を試みます。起動した後は、そのまま使用しても問題ありませんし、自分でメモリの設定を変更して使用することもできます。

      オール固体コンデンサ

      マザーボード上に搭載するすべてのコンデンサに、高品質な固体コンデンサを使用しています。