P5N-E SLI

    P5N-E SLI

    高いコストパフォーマンスが特徴のNVIDIA SLI対応マザーボード

    ・NVIDIA nForce 650i SLI MCPチップセット搭載
    ・ビデオカード2枚を同時使用するNVIDIA SLIに対応
    ・チップセットの冷却にファンを使用しないファンレス仕様
    ・簡単オーバークロック機能のAI Overclockingを搭載
    ・BIOS設定を複数保存可能なO.C. Profile機能搭載
    ・バックパネルにExternal Serial ATA 3Gb/sポートを搭載
    ・オーバークロックなどを行える便利ツールAI Suite対応
    ・起動時にUSBメモリからBIOSを更新できるEZ Flash 2機能搭載
    ・簡単にBIOSの復旧を行えるCrashFree BIOS 2機能搭載
       製品の特徴
      ■コストパフォーマンスが高いNVIDIA SLI対応マザーボード
       本製品は、NVIDIAのForce 650i SLI MCPチップセットを採用し、NVIDIA SLI(ビデオカードを2枚使用してパフォーマンスを向上する技術)に対応するマザーボードです。2本のPCI Express x16スロットの間隔を十分に空けることにより、ハイエンドのビデオカードを2枚使用した場合でも十分なエアフロー性能を発揮します。そのほか、RAID構成に対応する4つのSerial ATA 3Gb/sポートを搭載するなど、さまざまな用途で十分な性能を提供します。

      俯瞰写真   斜め写真

      2本あるPCI Express x16スロットの間を空けることで、SLI時の熱のこもりを最小限に抑えいています

        SLI対応マザーボードとしてはシンプルな構成を採用し、高いコストパフォーマンスを誇ります
       
      ■チップセットクーラーのファンレス化

       大き目のヒートシンクを搭載することにより、チップセットクーラーのファンレス化を実現しました。故障の心配がある冷却ファンをなくすことでメンテナンスの手間をなくします。

        大きなヒートシンク
       
      ■バックパネルにExternal Serial ATA 3Gb/sポートを搭載
       External Serial ATAは、Serial ATAの外付けデバイス用規格です。Serial ATA接続の外付けHDDなど、高速な外付けデバイスに対応します。本製品では、3Gb/sに対応するExternal Serial ATAポートをバックパネルに備え、高い拡張性を提供します。   バックパネル


       ASUSが独自に搭載している主な機能
      ●オーバークロック関連機能
      AI Overclocking ・AI Overclocking(簡単オーバークロックツール)
       AI Overclockingは、各種パラメータをマザーボードが自動調整することにより、簡単にCPUとメモリのオーバークロックを実現する機能です。BIOS上でシステムパフォーマンスの向上率を選択するだけで、相応のオーバークロック設定を自動で行います。オーバークロックに失敗した場合には、自動的に元の設定に戻るので初心者でも安心して試すことができる点が特徴です。また、Autoに設定すれば、パフォーマンス向上と安定性のバランスを考慮して自動で設定を行うので、とても簡単に最高のパフォーマンスを得ることができます。
         
      Extreme Tweaker ・Precision Tweaker(詳細なオーバークロック設定機能)
       Precision Tweakerは、CPUの電圧や、メモリの電圧、FSBクロックなど、マザーボードの各種パラーメータを細かく設定できる機能です。ASUSTeKのオーバークロック機能としては、手軽に行えるAI NOSなどがありますが、AI NOSはクロックの上げ率をパーセントで指定する機能なので、あまり細かい設定はできません。一方、Precision Tweakerは、オーバークロックの限界を試すようなパワーユーザー向けの機能となっています。また、SFS(Stepless Frequency Selection)に対応している製品では、FSBクロックやメモリクロック、PCI Expressクロックなどを1MHz単位で調整することができます。
         
      C.P.R. ・C.P.R.(CPUパラメータ自動リセット機能)
       C.P.R.(CPU Parameter Recall)は、オーバークロックによってシステムがフリーズした場合に、再起動するだけで自動的にオーバークロック設定を初期設定に戻す機能です。オーバークロックによって、システムが起動しなくなるトラブルをなくすことができます。

      ●静音・低温化関連機能
      Q-Fan 2 ・Q-Fan 2(冷却ファン自動制御機能)
       Q-Fan 2は、CPUファンとケースファンの回転数を自動で制御する機能です。BIOS設定画面に用意したQ-Fan 2項目の設定を変更することにより、最高回転数モードや静音モードなど、好みの設定でQ-Fan 2機能を使うことができます。CPUの温度に応じて、CPUやマザーボードの温度に応じてファンの回転数を自動で変化させることも可能なので、手軽に静音PCを実現することが可能です。

      ●BIOS関連機能
      O.C. Profile
      ・O.C. Profile(BIOS設定管理ツール)
       O.C. Profileは、複数のBIOS設定を切り換えて使用することができる管理ツールです。設定した内容は、マザーボード上のCMOSのほかファイルにも出力できるため、設定ファイルを知人と交換することなども可能です。安定性を重視した設定や、オーバークロックに特化した設定など、複数の設定を簡単に切り換えることが可能なため、マザーボードのBIOS設定の利便性が格段に上がります。
      O.C. Profile
         
      EZ Flash 2 ・EZ Flash 2(簡単BIOS更新ツール)
       EZ Flash 2は、PCの起動時に簡単にBIOSの更新を行える機能です。EZ Flash 2のプラグラムはBIOSに内蔵しているため、OSを起動する必要がありません。PCの起動中に、「Alt」キーと「F2」キーを同時に押せばEZ Flash 2が起動し、USBメモリやフロッピーディスク、またはCD-Rなどに保存したBIOSイメージからBIOSを更新することができます。
         
      CrashFree BIOS 3 ・CrashFree BIOS 2(BIOS復旧機能)
       CrashFree BIOS 2は、BIOSの更新時などにBIOSがクラッシュしてしまった場合でも、サポートCD-ROMから簡単にBIOSを復旧することができる機能です。この機能があれば、BIOSがクラッシュした場合でもマザーボードを修理に出す必要がなくなります。
         
        ・MyLogo 2(起動画面カスタマイズ機能)
       MyLogo 2は、パソコンの起動時に表示される画像を好みのものに変更する機能です。自分だけの起動画面を作ることができます。

      ●その他
      Power LED SATA on the Go(External Serial ATA 3Gb/sポート)
       SATA on the Goは、バックパネルに搭載しているExternal Serial ATA 3Gb/sポートのことです。
         
      Q-Connector

      Q-Connector(ケーブル簡単接続ツール)
       ケースのフロントパネルに搭載されている、システムパネルやUSB、IEEE1394のケーブルをマザーボードに接続する作業は、大変わずらわしいものです。Q-Connectorは、ケースから出ているケーブルをシステムパネル、USB、IEEE1394でそれぞれ1つにまとめ、マザーボードにワンタッチで接続可能にするアダプタです。自作の作業をより簡単にします。

      Q-Connector photo step01 Q-Connector photo step02 Q-Connector photo step03
      対応するケーブルをQ-Connectorに接続します   Q-Connectorをマザーボードに接続します   狭いケース内でも簡単に配線することが可能です

      ※製品の仕様は製品改善のために予告なく変更することがあります。
      ※このページで使用している製品写真および画面写真は撮影用機材を使用したものであり製品版とは異なる場合があります。