P7P55D-E LX

    P7P55D-E LX

    USB 3.0とSATA 6Gb/sをオンボード搭載するメインストリームマザーボード

    • Intel P55チップセット採用
    • Core i7/i5/i3 CPU対応
    • DDR3-2200/1600/1333/1066メモリ対応
    • ・x16スロット×1、x1スロット×4、PCIスロット×2
    • ハードウェアベースのオーバークロックを行える「TurboV EVO」チップを搭載
    • CPUへの供給電力を細かく制御して電力消費を抑える「EPU」を搭載
    • 2オンスの銅基板層で基板放熱性能を上げる「Stack Cool 3」を搭載
    • CPUとケースファンを自動制御する静音機能「Fan Xpert」を搭載
    • メモリの相性問題時にパソコンを強制起動する「MemOK!」機能を搭載
      Product Image

      Intel® P55プラットフォームに対応

      LGA1156のLynnfield/Clarkdaleコアに対応

      Intel® Core™ i7/i5/i3 Processorに対応しています。

      PCI Express 2.0

      高速なPCI Express 2.0に対応
      PCI Express 2.0に対応しています。

      Intel® P55 Express Chipset

      Intel® P55 Express Chipsetを採用しています。

      メモリ対応

      PC3-17600/12800/10700/8500 DDR3 SDRAM(DDR3-2200/1600/1333/1066)に対応

      PC3-17600/12800/10700/8500 DDR3 SDRAM(DDR3-2200/1600/1333/1066)×4に対応し、最大16GBのメモリを搭載可能です。


      広帯域のUSB 3.0とSerial ATA 6Gb/sに標準で対応

      Serial ATA 6Gb/s

      Serial ATA 6Gb/sは、現在主流のSerial ATA 3Gb/sと比較して、2倍の転送速度を実現した最新のSerial ATA規格です。従来のSerial ATA 3Gb/sに対応する機器もそのまま接続して使用できます。

      USB 3.0

      USB 3.0は、現在主流のUSB 2.0と比較して、約10倍もの転送速度を実現した次世代のUSB規格です。USB 3.0には、従来のUSB 2.0/1.1規格の機器も接続できます。

      オーバークロック機能

      オーバークロック制御用の専用チップ「TurboV EVO」チップを搭載


      オーバークロックには、さまざまな種類があります。可能な限り高いクロックを目指すオーバークロック、ベンチマークテストの値をできる限り上げるためのオーバークロック、そして購入したCPUよりもワンランクやツーランク上の性能をコストをかけずに得るためのオーバークロックなどです。ASUSのマザーボードは、オーバークロック用の各種機能を内蔵する「TurboV EVO」チップを搭載することで、そのどのオーバークロックにも対応できます。TurboV EVOチップは、オーバークロック関連のさまざまな検出機能のほか、クロックジェネレーターを直接制御できる機能、各種電圧を直接制御できる機能を備えています。

      Turbo Key


      ワンタッチで、PCの動作を予め設定をしておいたオーバークロック動作に切り替えることができる機能です。電源ボタンに機能を割り振ることでき、電源ボタンを押すだけで通常動作とオーバークロック動作の切り替えを行えます。

      EPU


      EPUチップは電源回路全体の制御を行っており、CPUの負荷をリアルタイムに監視し、CPUが要求する電力を正確に瞬時に電源回路に作らせます。EPUの採用により、一般的な電源回路よりも正確で迅速な電力管理を行えるため、CPUをより安定して動作させられるほか、オーバークロック時の安定性向上も実現しています。

      ASUS Exclusive Features

      メモリの相性問題を解決するMemOK!機能を搭載


      メモリの相性問題が発生した場合、通常はパソコンを起動することさえもできず、解決するためにはメモリを交換するしかありません。今まで、メモリの相性問題は、自作パソコンの大きな問題の1つでした。ASUSの「MemOK!」機能は、メモリの相性問題が発生した場合に、マザーボード上のMemOK!ボタンを押してパソコンを起動するだけで、問題を解決する機能です。MemOK!機能では、メモリに記録されている動作設定(SPD)を無視し、動作が可能と思われる設定でパソコンの起動を試みます。起動した後は、そのまま使用しても問題ありませんし、自分でメモリの設定を変更して使用することもできます。