X99-DELUXE II

    X99-DELUXE II

    Thunderbolt 3やU.2など最新のインターフェースを搭載した多機能Intel X99マザーボード

    - LGA2011-v3対応
    - Intel Core i7シリーズCPU対応
    - Intel X99チップセット搭載
    - DDR4メモリ×8枚(最大128GB)対応
    - PCIe x16×5、PCIe x1×1
    - SATA 6Gb/s×10、SATA Express×1、M.2×1、U.2×2
    - USB 3.1 Type-A×3、USB 3.1 Type-C×1、USB 3.0×8、USB 2.0×6
    - 1000BASE-T×2、IEEE802.11ac/n/a/g/b
    - Bluetooth 4.0
    - 安定性を高めたLGA2011-v3完全互換の独自ソケット「OC Socket」を搭載
    - デジタル電源回路の「DIGI+ VRM」を搭載
    - オーバークロック専用チップの「TPU」を搭載
    - 省電力を実現する電力制御チップの「EPU」を搭載
    - 業界最高水準の高性能ファンコントロール機能「Fan Xpert 4」を搭載
    - LEDでマザーボードを鮮やかに光らせる「Aura」機能を搭載
    - 重いカードも安心な高耐久PCI Expressスロット「SafeSlot」を搭載
    - USB 3.1の速度を上げる「USB 3.1 Boost」機能を搭載
    - Thunderbolt 3ポートを追加する「ThunderboltEX 3」拡張カードを付属
    - ATXフォームファクター
    Product Image
    1USB BIOS Flashback
    2Intel® LAN×2
    3USB 3.1 Type-A×3
    4USB 3.1 Type-C×1
    53x3 デュアルバンド無線LAN+BT 4.0
    68chオーディオ(DTS対応)
    7

    PCle 3.0×4

    3-way SLI & CrossFireX対応
    8

    Crystal Sound 3

    • プレレギュレータ
    • オーディオプロファイル
    • 対ノイズシールド
    • ポップノイズ防止回路
    • アンプ
    • 左右ch分離基板
    • 日本製オーディオコンデンサ
    9DIGI+ VRM
    10

    OC Socket

    Intel® LGA2011-v3
    11DDR4-3333(OC)対応
    1232Gb/s M.2
    1332Gb/s U.2×2
    14SafeSlot
    15TPU
    基本性能の違い
    安定性を高めた
    LGA2011-v3完全互換の独自ソケット
    「OC Socket」
    OC Socket

    「OC Socket」は、IntelのLGA2011-v3ソケットに若干のピンを追加した、ASUSが独自に開発を行ったCPUソケットです。高負荷時などの高電圧が必要な際に、CPUが要求する電圧を通常のLGA2011-v3ソケットよりも正確に供給することができます。たとえば、CPUが通常よりも高い1.8Vの電圧を急に要求した場合、LGA2011-v3ソケットではその瞬間には1.7V前後の供給にとどまってしまうのに対して、OC Socketでは正確に1.8Vを供給することができます。また、OC SocketはDDR4メモリの動作にも影響を与えます。DDR4メモリのクロックを上げる場合に、LGA2011-v3ソケットと比べてより低い電圧で安定動作させることが可能です。

    通常のLGA2011-v3

    電圧
    CPUコア電圧 1.728V

    設定した電圧に届かない

    OC Socket

    電圧
    CPUコア電圧 1.824V

    設定した電圧をほぼ実現



    オーバークロックおよび高負荷時にCPU電圧が1.825V必要な場合に以下のような差が発生(左:LGA2011-v3、右:OC Socket)

    テスト環境 CPU: Intel Core i7-5960X | MB: X99-DELUXE II | メモリ: Corsair DDR4-2133×4 | ビデオカード: GTX 680 | OS: Windows 7 64bit | ソフト: Prime95

    追加のCPU用電源コネクタで負荷分散

    CPUソケットの近くにある8ピン電源コネクタはCPU用の電源コネクタですが、本製品ではそこにさらに4ピン電源コネクタを追加することで、電力供給の負荷分散を行っています。CPUに対して安定した電力供給を行うことができ、高負荷時やオーバークロック時にCPUをより安定させることができます。
    キャッシュバスの電圧調節に対応

    Core i7が搭載するキャッシュバスは、CPUコアとメモリコントローラーとシステムエージェントとL3キャッシュをつなげるバスです。CPUのあらゆる処理に必須となる重要なバスであり、このキャッシュバスのクロックを上げることが、CPUの性能を上げることにつながります。ASUSのOC Socketでは、このキャッシュバスの電圧を調節することができ、キャッシュバスのクロックを通常のマザーボードよりも上げることができます。



  • リファレンス設計のマザーボードではキャッシュ倍率を30倍までしか設定できませんが、OC Socketを搭載するASUSのマザーボードなら45倍以上に設定することができます
  • キャッシュバスはCPUの主要部分を結ぶバスです。キャッシュバスのクロックを上げることでCPUの性能が大きく向上します
  • 3DMark Physics

    10%

    性能向上

    0

    0

    定格

    X99-DELUXE II(OC)

    メモリ転送速度

    40%

    性能向上

    0

    MB/s

    0

    MB/s

    定格

    X99-DELUXE II(OC)

    DDR4読み出し速度

    21%

    性能向上

    0

    MB/s

    0

    MB/s

    定格

    X99-DELUXE II(OC)

    DDR4書き込み速度

    36%

    性能向上

    0

    MB/s

    0

    MB/s

    定格

    X99-DELUXE II(OC)

    3DMark Physics
    CPU: Intel Core i7-5960X 4.8GHz | MB: X99-DELUXE II | メモリ: Corsair DDR4-2133×4 | ビデオカード: GTX 780 | OS: Windows7 64bit

    AIDA64 memory benchmark
    CPU: Intel Core i7-5960X | MB: X99-DELUXE II | メモリ: Corsair DDR4-2133×4 | ビデオカード: GTX 780 | OS: Windows7 64bit

    DDR4メモリの安定性を向上

    ASUSのX99マザーボードでは、互換ソケットのOC Socketによって、DDR4メモリのオーバークロックでの安定動作を向上しています。また、CPUの左右にメモリスロットを等間隔で配置することで、同じチャンネルのメモリの配線を無理なく同じ長さにすることができ、高クロック時の安定性を向上しています。

    ワンクリックですべての設定を自動設定
    オーバークロック設定や省電力設定やファン設定を
    自動で設定する便利機能

    付属のAI Suite 3が搭載する5-Way Optimization機能は、マザーボードのオーバークロックの設定、省電力の設定、電源回路の最適化、ファン制御の設定、LANの最適化、オーディオ設定の最適化をすべて自動で行う便利機能です。マザーボードの設定がめんどうだという方や、自作PCの初心者の方は、まずこの機能をお試しください。とても簡単にPCを最適な状態に設定してくれます。

    • ゲームをスムーズに実行できるようになります。また、オンラインゲームに最適なLAN設定や、ゲームに最適なオーディオ設定を行います。
    • 低負荷時にはファンの回転数を抑えて静かに、高負荷時には冷却重視でファンを高速回転させるといったファンの設定を自動で行います。
    • アイドル時や低負荷時には自動で省電力動作するので消費電力を削減できます。
    自動設定の効果

    CPUクロック

    43%

    0

    GHz

    0

    GHz

    OC

    定格

    自動オーバークロック

    静音性

    ファン回転数

    1000 rpm

    ダウン

    0

    rpm

    0

    rpm

    Awayモード

    定格

    静音化

    消費電力

    14%

    0

    W

    0

    W

    Awayモード

    定格

    省電力

    テスト環境
    Intel LGA2011-v3 i7-5960X 140W | X99-DELUXE II | CRUCIAL SSD 64G | ENERMAX EMR1350EWT 1350W | ASUS PB278Q 27” | MICRON MTA8ATF52164AZ-2G1A1 4GB×2 | GTX650Ti-DC2T-1GD5×1
    • OC用カスタムチップ
    • 電力管理用カスタムチップ
    • 高性能ファン制御機能
    • デジタル電源回路
    • 自動ブーストソフト
    OC用カスタムチップ

    TPU

    オーバークロック機能を一手に受け持っているのが、オーバークロック関連の制御を専門に処理するカスタムチップの「TPU(TurboV Processing Unit)」です。オーバークロックに関するさまざまな汎用的な処理を行うことができ、CPUに余計な負荷をかけることなく各種ハードウェアの設定変更を正確に素早く行えます。また、ビデオカードの設定も行えます※。

    ※対応ビデオカードが必要です
    電力管理用カスタムチップ

    専用チップで省電力化

    EPU

    ASUSのX99マザーボードが省電力なのは、電力管理専用のカスタムチップである「EPU(Energy Processing Unit)」を搭載しているからです。EPUの主な役割はデジタル電源回路の制御ですが、それに加えて、システム全体の電力制御も行っています。専用の制御チップを持たないマザーボードと比べて、デジタル電源回路の高度な制御を行うことができ、システム負荷に応じて素早く電力供給を制御することができます。また、EPUが各部の電力管理を行うのでPC全体を省電力で動作させることができます。

    業界最高水準の高性能ファンコントロール機能

    Fan Xpert 4は、CPUファンとケースファン、および液冷ポンプの回転速度を温度に応じて細かく制御できるファンコントロール機能です。PWMファンとDCファンの両方に対応しており、PWMファンに対しては、DC制御を組み合わせることで低回転時の制御精度を向上する、PWM/DCハイブリッド制御の「Extreme Quietモード」を使用できます。また、3Aまでの強力なファンを駆動できる「High AMPファンヘッダ」も搭載しています。各ファンに対して、CPU温度や電源回路の温度など、温度制御に使用する温度の計測場所を指定できるので、自分のPC環境に合わせた制御が可能となっています。

    ファンヘッダ

    液冷ポンプ用ヘッダ

    温度センサ

    拡張ファンヘッダ

    液冷ポンプ用ヘッダ

    PWMおよびDC制御に対応する液冷ポンプ用ヘッダです。液冷クーラーの冷却液の流量を制御できます。

    High AMPファンヘッダ

    3Aまでの強力なファンを制御できます。

    温度センサ

    ファンに対して、どの温度センサを元に制御を行うかを設定できます。1つのファンに対して3か所まで指定可能です。

    ファンヘッダ(PWM/DC両対応)

    ファンがPDM制御かDC制御かを自動で判別して適切な制御を行えます。

    保護チップ

    ファンを過電流などから守る保護チップです。

    拡張ファンヘッダ

    便利な機能 >
    • ソフトなしでも使用可能

      ファン制御機能は付属のソフトからだけでなくUEFIからも同様の設定を行えます。
    • ファンスキャン機能

      ファンのスペックや実際に動作可能な回転数の範囲などをワンクリックで自動検出します。
    • Extreme Quiet Mode

      PWMファンが苦手とする極低回転域において、DC制御方式を使用することで正確な制御を行える、PWM/DCハイブリッド制御を使用することができます。
    « 左のページに戻る
    デジタル電源回路

    DIGI+ VRM

    マザーボードの心臓部とも言える電源回路に、ASUSオリジナルのデジタル電源回路である「DIGI+ VRM」を搭載しています。DIGI+ VRMはアナログ電源回路に比べて応答性に優れており、負荷によって変動するCPUの要求電力に対して、より早くより正確な電力供給を行うことができます。
    自動ブーストソフト

    Turbo Core App

    「Turbo Core App」は、予め登録をしておいたソフトが実行されたときに、自動でCPUをオーバークロックするなどしてPCのパフォーマンスをリアルタイムに変更するソフトです。ゲームを実行したときにのみ、PCのパフォーマンスを向上させるような使い方ができます。また、ソフトの優先度を登録しておいて、優先度に応じてCPUのパフォーマンスを変更させるといったことも可能です。
    付属周辺機器
    ファン拡張カード
    接続できるファンの数を増やす拡張カード
    ファンヘッダを3つ追加できる拡張カードを付属しています。各ファンヘッダは12Wまで対応しています。
    M.2拡張カード
    PCI Express 3.0 x4接続のM.2拡張カード
    32Gb/sのデータ帯域を実現する、PCI Express 3.0 x4でマザーボードと接続するM.2拡張カードを付属しています。対応するM.2カードは2230~22110です。
    3x3無線LANアンテナ
    IEEE802.11acの1,300Mbpsに対応
    2.4GHz/5GHzデュアルバンドに対応し、IEEE802.11ac/n/a/g/bの最大1,300Mbpsの無線LANを使用できる無線LAN機能を搭載しています。無線LAN機能を使用する際は付属のアンテナを使います。

    ※アクセスポイントモードはIEEE802.11n/a/g/bのみの対応です。
    ※転送速度は理論値であり使用環境によって異なります。
    ThunderboltEX 3拡張カード
    Thunderbolt 3とUSB 3.1の拡張カード
    Thunderbolt 3とUSB 3.1 Type-Cのコンボポートを1ポートと、USB 3.1 Type-Aを1ポート搭載する、PCI Express 3.0 x4拡張カードの「ThunderboltEX 3」を付属しています。Thunderbolt 3デバイスなら最高40Gb/s、USB 3.1デバイスなら最高10Gb/sの高速な接続が可能です。また、Thunderbolt 3とUSB 3.1 Type-Cのコンボポートでは最大36W(12V/3A)の電力供給を行えます。
    >>カード単体の製品ページ(英語)
    グラフィカルで使いやすい
    UEFI BIOS
    ASUSでは、初心者からパワーユーザーまであらゆるユーザーに使いやすいように設計を行ったグラフィカルなUEFI BIOSを搭載しています。従来のBIOSと変わらない操作性を備えたAdvanced Modeと、メモリ搭載量やCPUクロックなどを分かりやすく表示するEZ Modeの2つの動作モードを用意し、マザーボードの設定を容易に変更することができます。
    EZ Flash 3
    UEFI BIOSからインターネット接続を行ってUEFI BIOS自身を更新できる機能です。
    S.M.A.R.T
    SSDやHDDの詳細な情報を確認できるS.M.A.R.Tに対応しています。
    EZ Tuning Wizard機能
    画面上に表示される質問に答えていくだけで、簡単にPCのオーバークロックとRAID環境の構築を行える初心者向けの機能です。
    My Favorites
    よく使う設定項目をお気に入り登録しておける機能です。
    EZ Mode
    • ファンコントロール機能の設定 画面を見ながら簡単に直感的にファンコントロール機能の設定を行えます。
    • EZ XMP X.M.Pメモリの設定を画面のプルダウンメニューで選ぶだけで行えます。
    • SATA情報の表示 SATAに接続しているSSDの名称や容量を表示します。
    • 日時設定 UEFI BIOSの日時設定を簡単に行えます。
    Advanced Mode
    • GPU POST ビデオカードを使用している場合は、接続帯域や認識している枚数などの情報を表示します。
    • Secure Erase SSDを工場出荷時の状態に戻すことができます。
    • 更新履歴の確認 最後に設定変更した内容を表示およびUSBメモリに保存できます。
    • SATAポートの名称変更 SATAポートの表示名を変更できます。
    • Aura(LED設定) イルミネーション機能のAura機能の設定を行えます。
    付加機能
    LEDでマザーボードを美しく照らすイルミネーション機能
    Aura
    チップセット部分と拡張スロットのロック部分、および拡張スロットに近いマザーボードカバー部分は、PC使用時にLEDで美しく光り、さらに付属ソフトで光の色を自由に変更できます。淡く明滅させたり、CPUの温度に応じて色を変えさせたりすることもでき、マザーボードをよりスタイリッシュに演出することが可能です。また、5050タイプのLEDテープに対応するピンヘッダをマザーボード上に搭載しており、市販のLEDテープを接続すれば、PC全体をLEDテープでデコレーションすることができます。

    常に点灯

    淡く明滅

    点滅

    音楽に合わせて点滅

    流れるように点滅

    フラッシュ

    レインボー

    カラーサイクル

    CPU温度に応じて色を変更

    5050 LEDテープ対応ヘッダ

    重いカードもしっかり支える
    高耐久PCI Expressスロット
    SafeSlot

    一般的なPCI Express x16スロットはプラスティック製ですが、本製品が搭載する「SafeSlot」仕様のPCI Express x16スロットには、プラスチックに加えて金属も使用しており、大幅に耐久性を向上しています。ビデオカードなどを挿した場合に、従来のプラスチック製スロットと比較して、ビデオカードの荷重がかかる方向には約1.8倍の強度を持たせており、ビデオカードを引き抜く方向では約1.6倍の強度を実現しています。SafeSlot仕様のPCI Express x16スロットは、CPUソケットから数えて2本目を除く計4本のスロットに採用しています。

    マルチGPUへの対応

    複数のGPUまたは複数のビデオカードによる分散処理によってグラフィックス性能を大幅に向上する、NVIDIA SLIおよびAMD CrossFireXのマルチGPU技術に対応しています。

    • SLI/CrossFireXスイッチ
    • 40レーンCPU使用時 3-way/2-way
    • 28レーンCPU使用時 3-way/2-way

    低ノイズにこだわった

    オーディオ機能

    Crystal Sound 3
    1
    ノイズ対策
    左右チャンネル分離基板
    左右のチャンネルをレイヤーで分離
    2
    デジ/アナ分離基板
    デジタル回路とアナログ回路エリアを分離
    3
    低ノイズ電源
    プレレギュレータ
    電源ノイズを大幅に削減
    4
    より豊かな体験を
    アンプ
    ヘッドホン/スピーカーを完全にドライブ
    5
    ポップノイズ防止回路
    ポップノイズを防止
    6
    日本製オーディオコンデンサ
    より豊かな音を実現する日本製オーディオコンデンサを使用
    Intel製LANコントローラー
    CPU使用率が低いIntel製LANコントローラーを搭載
    優れたデータ転送性能を低いCPU使用率で実現するIntel製のLANコントローラーを2基搭載しており、1000BASE-T対応のLANポートを2ポート搭載しています。
    任意のプログラムの通信優先度を向上
    Turbo LAN
    特定のソフトの通信優先度を上げる「Turbo LAN」ソフトを付属しており、複数のデータ通信を同時に行っている場合などに、通信の優先度をコントロールすることができます。たとえば、いつもプレイしているゲームを登録しておけば、そのゲームの通信を何よりも優先して処理します。バックグラウンドで動画を再生していても、音声チャットをしていても、ゲームだけを起動しているときと変わらない快適性を維持することが可能です。
    1リアルタイムスピードモニタ
    2お気に入りリスト
    3ソフトごとに優先度を設定
    優れた信号特性を実現した
    高性能LANポート
    LANGuard
    本製品は高耐久で高品質なLANポートを搭載しています。「LANGuard」という名称のこのLANポートは、一般的なLANポートとくらべて1.9倍の静電気の電圧に耐えることができ、2.5倍の過電圧(最大15,000V)に耐えることができます。また、LANGuardでは内部に使用しているコイルなどの部品にも低ESRの高性能なものを使用しており、通信時の優れた信号特性を実現しています。
    すべてのキーボードに
    マクロ機能などを追加
    Key Express
    「Key Express」機能を使えば、特別な機能を搭載していない通常のUSBキーボードに、マクロ機能などを追加することができます。割り当てを行えるのはF1キー~F10キーで、各キーに対して、キーマクロ、ショートカット、マルチメディア機能などの機能を割り当てることが可能です。
    マルチメディア
    各種マルチメディア機能の割り当てや、USBデバイスの取り外しといった機能を割り当てることができます
    マクロ
    キー入力を15キーまでマクロとして記録できます
    ショートカット
    ソフトやフォルダのショートカットを割り当てることができます
    電源オフから実行
    電源オン
    電源ボタンを割り当てます
    EZ XMP
    メモリをXMP設定に変更します
    Flashback
    UEFIを更新できます
    インターフェース
    USB 3.1ポートを搭載
    10Gb/sの帯域幅を持つUSB 3.1ポートを搭載しています。Type-AとType-Cの2種類のポートを備えており、最新のUSB機器を使用できます。
    最新のU.2ポートを搭載
    32Gb/sの転送速度を持つ、最新のU.2ポートを搭載しています。最新のSSDを使用できます。
    SATA Expressポートを搭載
    高速な接続を行えるSATA Expressポートを搭載しています。
    M.2スロットを搭載
    32Gb/sの転送速度を持つ、M.2スロットを搭載しています。基板タイプのM.2 SSDを使用できます。
    スマートフォン連携
    Wi-Fi GOでPCをもっと便利に
    本製品が搭載する無線LAN機能を使えば、PCの画面をタブレットで操作したり、DLNAサーバーの操作をしたりする機能を使用することができます。
    付属の3x3アンテナを接続すれば、最大1300Mbpsの転送速度に対応するIEEE802.11ac/n/a/g/b規格の無線LANを使用できます。
    ※転送速度は理論値であり、実際の使用環境での速度とは異なります。ホットスポット機能はIEEE802.11n/a/g/bにのみ対応しており、Windows 10ではホットスポット機能を使用できません。
    Cloud GO!
    ASUS WebStorage、Google ドライブ、Dropbox、OneDriveといったWebストレージサービスに、PCのデータを自動でバックアップする機能です。
    Remote Desktop
    離れた場所からタブレットなどを使ってPCの画面を表示する機能です。
    File Transfer
    タブレットやスマートフォンのデータを
    PCに転送する機能です。
    Remote Keyboard & Mouse
    離れた場所からタブレットなどを使ってPCを操作する機能です。
    いつでもどこでも動画や音楽を楽しめる
    Media Streamer
    PCに保存してある動画や音楽をどこからでも見たり聞いたりすることができます。たとえば知人の家に行ったときにみんなで動画を楽しんだり、リビングのスマートテレビに映し出すこともできます。
    スマートフォンやタブレットの画面をPCの液晶に表示
    HyStream
    Androidのキャスト機能およびiOSのAirPlay機能に対応する「HyStream」ソフトを付属しており、スマートフォンやタブレットに保存してある動画や写真やゲームなどを大画面で楽むことができます。

    ※本機能への対応可否はご使用の端末メーカーにお問い合わせください
    AndroidデバイスでPCのキーボードとマウスを使える
    Mobo Connect
    「Mobo Connect」機能は、PCで使用しているマウスとキーボードを、スマートフォンなどのAndroidデバイスで使用できるようにする機能です。
    使いやすさ
    組み立てやすく、使いやすく
    ASUSのマザーボードには、マザーボードおよびPCを、より組み立てやすくより使いやすくするためのさまざまな仕組みを搭載しています。
    説明を見る
    CPU取り付けアダプター
    ソケットピンの破損を防止するアダプター
    CPUソケットの数が多く、1本1本のピンが大変細いLGA2011-v3では、CPUの角がピンに当たったりCPUをピンの上に落としたりしてピンが破損してしまう事故が多く発生しています。それを防ぐのが、ASUSのマザーボードに付属しているCPU取り付けアダプターです。CPU取り付けアダプターを使えば、CPUを安全にCPUソケットに載せることができます。
    ※本製品に付属するCPU取り付けアダプターはCore i7-6000シリーズ(Broadwell-E)にのみ対応しています。
    説明を見る
    PC Cleaner
    不要なソフトやデータを削除
    PCに保存してあるソフトやデータの中から、使用していないソフトやデータをリストアップして、ディスクスペースを空けることができるソフトです。
    説明を見る
    Q-DIMM
    取り付けしやすいメモリスロット
    一般的なメモリスロットは、スロットの両側のノッチをロックすることでメモリを固定しますが、Q-DIMMでは、より簡単に片側だけのロックでメモリを固定することができます。
    説明を見る
    Q-Slot
    ビデオカードを簡単に取り外せるロック機構
    ビデオカードを簡単に取り外せるようにしたロック機構です。一般的な拡張スロットでは、2スロットタイプのビデオカードを使用している場合など、ビデオカードをロックしているレバーに手が届かず、ビデオカードを外せないことがあります。Q-Slotでは、ロック部分にくぼみを入れてあり、ボールペンの先などで押すことで簡単に取り外すことができます。
    説明を見る
    Q-Connector
    配線を簡単に行えるアダプター
    PCケースのシステムパネルケーブルやHDDアクセスLEDなどをマザーボードに接続する作業は大変わずらわしいものです。「Q-Connector」は、PCケースから出ているケーブルをシステムパネル、HDDアクセスLEDなどでそれぞれ1つにまとめ、マザーボードにワンタッチで接続するアダプタです。自作PCの組み立てをより簡単にします。
    説明を見る
    Q-Shield
    取り付けしやすいバックパネル
    一般的なバックパネル(I/Oパネル)よりも高品質で取り付けしやすいオリジナル設計のバックパネルです。従来のバックパネルは、マザーボードをPCケースに取り付ける際にバリがジャマになることが多く、大変取り付けづらいものでした。Q-Shieldはバリがなく、高級感のあるバックパネルとなっています。
    説明を見る
    Q-LED
    接触不良をお知らせするLED
    CPUやメモリなどの取り付けが不十分で接触不良になっている場合に、LEDを点灯して異常をお知らせする機能です。電源を入れる前に気付くことができるので、パーツの破損を防止できます。
    説明を見る
    Q-Code
    PCの状態を表示するディスプレイ
    PCの起動時にPOST情報を表示するディスプレイです。PCが起動しないなどのトラブルが起きた際に原因を調べる手助けになります。

    ※CPU取り付けアダプターは付属するマザーボードの専用品となります。ほかの製品には使用できないのでご注意ください。

    IntelのCPUとチップセットについて
    LGA2011-v3のIntel Core i7 Processorに対応
    本製品は、LGA2011-v3ソケットに対応するIntel Core i7 Processorを搭載できるマザーボードです。Intel Core i7 Processorは、メモリコントローラーおよびPCI ExpressコントローラーをCPUに内蔵しており、4チャンネル接続でのDDR4メモリの使用に対応しています。また、40レーン対応CPUなら40レーン、28レーン対応CPUなら28レーンのPCI Express 3.0を使用できます。
    Intel X99 Chipset
    本製品が搭載するIntel X99 Chipsetは、LGA2011-v3のIntel Core i7 Processorに対応するチップセットです。このチップセットはシリアルインターフェースに対応しており、M.2およびSATA 6Gb/sの高速インターフェースをマザーボード上に搭載できます。