RADEONVII-16G

    極上のゲーム体験

    Radeon VIIは、DirectX®12およびVulkan®機能をサポートし、1440p、Ultrawideおよび4Kの超スムーズで一貫して高いフレームレートで信じられないほどのゲーム体験を提供することで、高性能ゲームプレイの要求を満たすように構築されています。 お気に入りのesportsゲームを活性化し、パフォーマンスにほとんど影響を与えずに、HDゲームの無制限ストリーミングを可能にします。3Radeon VII GPUは、独自のクラスのものです

    偉大なる創造

    AMD Radeon VIIは、巨大な記憶力と優れたグラフィックパフォーマンスを備え、超リアルなビジュアルを実現します。 16GBのHBM2メモリ、最大1TB /秒のメモリ帯域幅、および4096ビットのメモリインタフェースを備えたAMD Radeon VIIは、メモリを大量に消費するグラフィックが要求されるアプリケーションに最適です。 8Kの解像度でも、VR以降でも、コンテンツの作成をサポートします。

    直感的なゲームの機能

    AMD Radeon™ Software Adrenalin 2019 Editionを使用すると、ゲーム体験をより細かく制御できます。 ソフトウェアの直感的なインターフェースにより、プレーヤーはアクションの1秒を逃したりゲーム内のパフォーマンスを犠牲にすることなく、リアルタイムでグラフィック設定をストリーミング、共有、調整することができます。

  • Radeon™ReLiveの簡単なストリーミング機能でゲームの勝利を手に入れましょうRadeon™ ReLive
  • Radeon™ Chillを使用してよりスマートかつクールに作業 - ゲーム中に動的に電力を節約
  • Radeon™ Wattman7 7を使用してカスタムプロファイルでゲームプレイを調整し、PCのパフォーマンスを向上
  • Radeon™ Overlayを使ってゲームを離れることなく好みを調整
  • Day-0ドライバのサポートなど
  • GPU Tweak II

    監視、調整、およびチューニング

    ASUS GPU Tweak IIユーティリティは、グラフィックカードの調整をさらに向上させます。 それはあなたがカスタマイズ可能なオンスクリーンディスプレイを通してリアルタイムですべてを監視するオプションで、GPUコアクロック、メモリ周波数、電圧設定などを含む重要なパラメータを調整することを可能にします。 高度なファン制御は、グラフィックカードを最大限に活用するためのその他の多くの機能と一緒に含まれています

    Quantum Cloud

    GPU電源から利益を生む

    Quantum Cloudは、アイドル状態のGPUを動作させることにより、お金を稼ぐことができるシンプルで安全なサービスです。簡単なアプリケーションを通じてクラウドベースのアプリケーションを実行し、その過程でお金を稼ぐことができます。 収益は自動的にあなたのWeChatまたはPayPalアカウントに転送され、個人情報はオンラインに保存されないため、プライバシーは損なわれません。

    XSplit Gamecaster

    プレミアムストリーミング

    XSplitは、インゲーム・アノテーションやその他の高度な機能を備え、プレミアムなストリーミング体験を提供します。一部のASUSグラフィックスカードには無料のライセンスが付属しています。オンラインでお会いしましょう。  

    wtfast

    遅延を除去

    私たちはユーザーがラグ、レイテンシ、パケットの損失から悩まされることなく自由にプレイできるようにwtfastと提携しました。6ヶ月のwtfast Gamers Private Networkへの加入によって、より小さなping値が実現し、スムーズで流れるようなオンラインゲーム体験が得られます。最早、ASUSグラフィックスカードの購入を迷う必要はありません。

    1. As of Jan 9, 2019. Radeon VII features 16GB of memory. Radeon RX Vega 64 features 8GB of memory. Nvidia RTX 2080 Ti features 11 GB of memory. RX-266
    2. As of Jan 9, 2019. Radeon VII features 1024 GB/s of memory bandwidth. Rade-on RX Vega 64 features 484 GB/s of memory bandwidth. Nvidia RTX 2080 Ti features 616 GB/s of memory bandwidth. RX-267
    3. Testing done by AMD performance labs 1/3/19 on Ryzen 7 2700X,16GB DDR4 3000MHz, Radeon VII, AMD Driver 18.50, and Windows 10. Using Fortnite 1080p Max settings, Radeon VII scored 127 fps. Fortnite 1080p Max settings and HD streaming to Twitch 1080p (1080p @ 60fps, 6 Mbps, AMF encoder) Radeon VII scored 123 fps. PC manufacturers may vary configurations yielding different results. All scores are an average of 3 runs with the same settings. Per-formance may vary based on use of latest drivers. RX-272
    4. Requires a monitor and AMD Radeon™ graphics, both with FreeSync support. See www.amd.com/freesync for complete details. Confirm capability with your system manufacturer before purchase. GD-127
    5. Number of FreeSync technology enabled screens available (254) at https://www.amd.com/en/products/freesync-monitors - Largest ecosystem when compared to publicly available listings of competing product solutions at https://www.144hzmonitors.com/list-of-g-sync-monitors/ and https://www.blurbusters.com/gsync/list-of-gsync-monitors/ which list 58 screens respectively, as of October 2018.
    6. FreeSync 2 HDR does not require HDR capable monitors; driver can set monitor in native mode when FreeSync 2 HDR supported HDR content is detected. Oth-erwise, HDR content requires that the system be configured with a fully HDR-ready content chain, including: graphics card, graphics driver and application. Video content must be graded in HDR and viewed with an HDR-ready player. Windowed mode content requires operating system support. GD-105