P1-PH1

    P1-PH1

    LGA775 Pentium 4対応ブックタイプベアボーン

    ・LGA775のPentium 4/Celeron Dに対応
    ・ATI Radeon XPRESS 200チップセット搭載
    ・スリムかつスタイリッシュな省スペースベアボーン
    ・多彩な前面インターフェース
    ・豊富な映像出力端子
    Product Image

    [P1-PH1の主な特徴]
    ・スリムでスタイリッシュなブックタイプベアボーン
      P1-PH1は、省スペース性に大変優れるブックタイプのケースを採用したベアボーンPCです。横91mmのスリムな筐体は置く場所をあまり選ばず、リビングや勉強机の上などはもちろん、職場などでも違和感なく設置することができます。また、ベアボーンPCに見えないような高級感あるデザインも特徴です。本体カラーはブラックとホワイトを用意しているので、設置する場所に合わせて選択することができます。

    ・Radeon X300ベースのグラフィックスコアを内蔵
     P1-PH1が採用するATI Radeon XPRESS 200 for Intel Processorsチップセットは、ATIのRadeon X300グラフィックスコアをベースとしたグラフィックス機能を内蔵しています。そのため、ビデオカードを増設しなくても、ビジネス用途はもちろんWebブラウズやDVD-Videoの視聴といったエンターテインメント用途も十分にこなすことができ、ある程度の3D処理も可能となっています。

     
      Punditで好評のスッキリとしたデザインをP1-PH1でも採用しました

    ・多彩な前面インターフェース
      省スペースタイプのベアボーンPCは、本体サイズが小さいためにインターフェースの種類が少なくなる傾向にあります。しかし、P1-PH1の場合は前面パネルの中に限界までインターフェースを詰め込んでいます。USB 2.0とIEEE1394(6ピン、4ピン)はもちろん、S/P DIFの入出力端子にマイクとヘッドホン端子、さらにCFカードリーダーに、3種類のメモリーカードの読み書きが可能な3 in 1カードリーダーも備えています。P1-PH1は、前面パネルだけでほとんどの機器を接続することが可能です。

    ・DVI-Dを含む豊富な映像出力端子
     ビジネスでの使用、また家庭での使用を考え、P1-PH1では多くのディスプレイに対応できるように4種類の映像出力端子を用意しています。液晶ディスプレイに最適なDVI-D端子、プロジェクターやCRTなどに最適なDsub 15ピン端子、そしてテレビなどに気軽に出力できるS-VIDEO端子とコンポジット端子。P1-PH1はさまざまなディスプレイにそのまま接続することが可能です。

     

     
     

    コンパクトでありながら、多彩なインターフェースを搭載しています

     

    [P1-PH1に搭載されている独自機能]

    ・CrashFree BIOS 2(BIOS復旧機能)
     CrashFree BIOS 2は、BIOSの更新時などにBIOSがクラッシュしてしまった場合でも、サポートCD-ROMから簡単にBIOSを復旧することができる機能です。この機能があれば、BIOSがクラッシュした場合でも本体を修理に出す必要がなくなります。

    ・MyLogo2(BIOS起動画面変更機能)
     MyLogo2を使うと、PCが起動する際のBIOS起動画面をカスタマイズすることができます。自分だけのオリジナル起動画面を作ってみましょう。

     
     

    スタイリッシュなデザインで使いやすく、さまざまな場所になじみます