V2-PE3

    V2-PE3

    VIAチップセット採用のLGA775ベアボーンでAGPスロットを搭載

    ・LGA775 Pentium 4対応
    ・VIA P4M800 Proチップセット採用
    ・高いコストパフォーマンス
    ・シンプルな機能とシンプルなデザイン
    ・AGPスロットを採用し、過去の資産の再利用が可能
    ・DDR/DDR2メモリに両対応
       
      [製品の特徴]

      ・高い拡張性と高いコストパフォーマンス
       V2-PE3は、タワー型のケースを採用したベアボーンPCです。タワー型は、さまざまなサイズのビデオカードや拡張カードを取り付けることができるため、拡張性が高く使い勝手がよい点が特徴です。ケース内部の空間が広いため、初心者に組み立てやすく、テレビキャプチャカードなどを増設する際などには高いメンテナンス性を提供します。またV2-PE3の場合は、とくにコストパフォーマンスが高いため比較的気軽にベアボーンPCに挑戦できる点も特徴となっています。既に自作PCを持っている方にも、余っているパーツを使用したセカンドマシンとして最適です。

      シンプルな構成ながら、使いやすく拡張性も十分です

      ・余計な機能を加えず使いやすさを優先
       このベアボーンPCは、より多くの方の好みに合うように、「シンプル」であるという点にこだわって開発されました。使い続けても飽きがきにくいシンプルなケースデザインに、余計な付加機能を搭載しないシンプルな機能構成など、パソコンの初心者をはじめ長年パソコンを使ってきた玄人まで、多くの方に使いやすいベアボーンPCです。

      ・高いコストパフォーマンス
       V2-PE3は、オーソドックスな構成にすることで、コストを徹底的に抑えている点が特徴です。パソコンとしての基本機能は十分に備えつつ、多くの方に納得していただける優れたコストパフォーマンスを備えています。もし、後から追加したい機能などが出てきたら、汎用のパーツを組み込んで、自分だけのPCに仕上げていくことができます。

      ・DDR1とDDR2の両方のメモリに対応
       V2-PE3は、DDR SDRAMスロットを2本とDDR2 SDRAMスロットを2本備えています。どちらのメモリも2GBまでの搭載容量をサポートし、ユーザーの使用環境に合わせて使用メモリを選択することが可能です。この2つのメモリはメモリの動作周波数が近ければ性能はほとんど変わらないので、コスト重視または将来性重視など選択の幅が広がります。

      ※DDRメモリとDDR2メモリの同時使用はできません。

      ・高いグラフィックス機能を実現
       V2-PE3は、チップセットに採用されたK8M800 Proに、VIA UniChrome Proグラフィックスコアを内蔵しています。このグラフィックスコアは、2D処理なら十分なパフォーマンスを発揮し、3Dエンジンも搭載しているので比較的軽い3D処理ならこなすことができます。3Dゲームなどには向いていませんが、3Dゲームをプレイしたい場合は、AGP 8Xスロットに最新のビデオカードを増設することが可能です。

       

      [ASUSTeKが独自に搭載している主な機能

      ファンコントロール機能「Q-Fan」搭載で静音動作を実現
       V2-PE3には、ASUSTeK製マザーボードでお馴染みの「Q-Fan」という機能を搭載しています。Q-Fanは、PCに搭載されている冷却ファンを温度に応じて自動でコントロールする機能です。PCがあまり処理をしていないときにはCPUクーラーの回転数を下げて静音動作し、重い処理で発熱が多いときには回転数を上げて強力な冷却を行います。

      ※このページで使用している製品写真および画面写真は実際の製品と異なる場合があります。