家中をカバーするWi-Fi 6対応トライバンドメッシュWi-Fiルーター、「ZenWiFi AX (XT8)」を発表

    ASUS JAPAN株式会社は、家中をカバーするWi-Fi 6対応トライバンドメッシュWi-Fiルーター、「ZenWiFi AX (XT8)」を発表しました。本製品ではホワイトとブラックの2色のモデルがあり、ブラックモデルは販路限定となります。両色ともに2台セットも用意をしており、2020年6月26日(金)より販売を開始致します。




    ZenWiFi AX (XT8)







    ------------------------------------------------------------------------------------
    ・製品名 : ZenWiFi AX (XT8)
    ・Wi-Fi対応規格 : Wi-Fi 6 IEEE802.11ax/ac/n/a/g/b
    ・CPU : 1.5 GHz クアッドコア
    ・対応周波数 : 5GHz-1, 5GHz-2, 2.4GHz
    ・メモリー : 256MB フラッシュ / 512 RAM
    ・最大転送速度 : IEEE802.11ax (最大4,804Mbps - 5GHz-2), IEEE802.11ax (最大1,201Mbps - 5GHz-1), IEEE802.11ax (最大574Mbps - 2.4GHz), IEEE802.11ac (最大3,466Mbps - 5GHz-2), IEEE802.11ac (最大867Mbps - 5GHz-1), IEEE802.11n (最大300 Mbps), IEEE802.11a/g (最大54Mbps), IEEE802.11b (最大11Mbps)
    ・搭載アンテナ : 内蔵6本
    ・インターフェース : WAN (RJ45/2.5GBASE-T)×1, LAN(RJ45/1000BASE-T)×3, USB 3.1 Gen 1×1
    ・サイズ : 160mm×161mm×75mm
    ・質量 : 716g
    ・価格 : オープン価格
    ・予定発売日 : 2020年6月26日(金)
    ・製品ページ : https://www.asus.com/jp/Networking/ZenWiFi-AX-XT8/
    ------------------------------------------------------------------------------------


    〇 ZenWiFi AX (XT8)の主な特長
    ・家中どこでも快適

    ZenWiFi AX (XT8)を2台同時に使用することで最大約511㎡、およそ6部屋をカバーすることが可能です。広範囲なカバレッジに加え、必要に応じて設定を変更できるバックホール機能を備えたトライバンド設計により、リビングルームや庭など、ご自宅のどこにいても、超高速で安定した、安全なWi-Fiネットワークをお楽しみいただけます。

    ・様々なデバイスとスムーズなWi-Fi 6接続

    Wi-Fi 6 (802.11ax)は複数のデバイスからの信号をまとめて同時に送信することが可能であるため、待ち時間が短縮されます。Wi-Fi 6はターゲットウェイクタイム(TWT)にも対応しており、 Wi-Fi 6と互換性のあるデバイスの消費電力を最大7倍削減し、バッテリ寿命を向上させます。

    ・AiMeshと専用のバックホール

    AiMeshは複数のASUS無線LANルーターを接続して、ご自宅、オフィス全体に安定性と信頼性のあるWi-Fiメッシュネットワークを提供するASUSのシステムです。ZenWi-Fi AXは5GHz-2を専用のバックホールとして利用するため、さらに高速で安定した通信が可能です。「AiMesh」でのメッシュネットワーク構築により、音声や画像が途切れることのない安定した接続が可能となるため、テレワーク(在宅勤務)、Web会議用ににもオススメです。

    ・安心のセキュリティーシステム

    インターネットに接続すると、誰もが常にオンライン上のあらゆる危険にさらされます。ZenWiFi AX (XT8)は高度なペアレンタルコントロール機能を備えたAiProtectionを搭載しており、ご自宅のネットワーク環境をビジネスレベルのセキュリティで守ります。家族全員のセキュリティーをASUS Routerアプリを使って管理することができます。

    ・2.5Gbps WANポートを搭載

    本製品には2.5Gbps対応のWANポートを1基備えています。現在主流である1Gbpsは802.11axの転送速度を生かすためのボトルネットとなっていますが、2.5Gbps対応のWANポートによって可能性を最大限に生かすことができます。