10点マルチタッチ対応で直観的操作が可能な、IPSパネル採用21.5型液晶ディスプレイ「VT229H」を発表

     ASUS JAPAN株式会社は、10点マルチタッチ対応で直観的操作が可能な、IPSパネル採用21.5型液晶ディスプレイ「VT229H」を発表しました。2019年4月12日より販売を開始する予定です。


    VT229H







    製品名
    VT229H
    パネルサイズ
    21.5型ワイド
    パネル種類
    IPS
    最大解像度
    1,920×1,080
    応答速度(G to G)
    5ms
    走査周波数(デジタル/アナログ)
    水平30~83 KHz、垂直50~75 Hz
    映像入力端子
    HDMI 2.0×1
    D-sub15ピン×1
    内蔵スピーカー
    1.5W + 1.5W (ステレオ)
    サイズ(スタンド含む)
    491.5mm x 204.4mm x300.1mm
    対応VESA規格
    100mm×100mm
    質量
    約3.7kg
    価格
    オープン価格
    予定発売日
    2019年4月12日
    製品ページ



    発表製品の主な特長

    10点マルチタッチ対応
    緻密な硬度7Hのマルチタッチディスプレイは、最大10箇所のタッチを同時認識でき、Windows10で使用するために最適化されているため、直観的かつ効率的な作業環境を提供します。

    鮮やかな映像を178度の広視野角で表現
    LEDバックライト IPSパネルを採用しており 、178度の広視野角を備え、水平面と垂直面の色ムラが最小限に抑えられるため、鮮やかな映像を広視野角で実現します。

    VESAマウント対応
    本製品はVESAマウントに対応しており、スタンドを取り外すことで壁や液晶用アームなどに取り付けることできるので、ご家庭やオフィスは勿論、様々な環境に合わせた設置が可能です。

    SplendidPlus™ ビデオインテリジェンステクノロジー搭載
    使用用途に合わせて、明るさ、コントラスト、シャープネスを強化してビデオや画像を最適化します。SplendidPlus™は従来の風景、スタンダード、シアター、sRGB、夜間モードに加えて、読書用と暗室用の2つの新しいモードを備えます。

    チラつきを軽減するフリッカーフリー機能
    画面のチラツキ(フリッカー)が目に負担をかけて疲労の原因になると言われています。本製品はフリッカーフリー技術を搭載しフリッカーの発生を低減しています。ASUSのブルーライト軽減機能とフリッカーフリー技術は、ドイツの第三者調査機関であるTÜV Rheinlandの認証を取得しており、安心して使用できます。

    ブルーライト軽減機能
    ブルーライトを軽減する機能を搭載しており、目の疲れや肩こりの原因になると言われているブルーライトを大幅に抑えることができます。ブルーライト軽減機能を有効にした際には、見え方が異なる4種類のフィルターを選択できます。液晶ディスプレイの使用で目が疲れやすいと感じている方などに最適な機能です。