スマートフォンからも簡単に設定ができる867+300Mbps デュアルバンド無線LAN中継機、「RP-AC55」を発表

     ASUS JAPAN株式会社は2018年4月27日、スマートフォンからも簡単に設定ができる867+300Mbps デュアルバンド無線LAN中継機、「RP-AC55」を発表いたしました。5月18日から販売を開始する予定です。



    スマートフォンからも簡単に設定ができる867+300Mbps デュアルバンド無線LAN中継機
    「RP-AC55」




    製品名
    RP-AC55
    Wi-Fi対応規格
    IEEE802.11ac/n/a/g/b
    対応周波数
    5GHz, 2.4GHz
    最大転送速度 IEEE802.11ac (867Mbps)
    IEEE802.11n (300 Mbps)
    IEEE802.11a/g (54Mbps)
    IEEE802.11b (11Mbps)
    搭載アンテナ
    外付け2本
    インターフェース
    LAN(RJ45)×1
    サイズ
    幅 52mm × 高さ 93mm × 奥行き 32mm ~
    価格
    オープン価格
    予定発売日
    2018年5月18日

    製品の主な特長

    部屋の隅々までWi-Fiを拡張

    802.11ac対応の無線中継機ASUS RP-AC55は、どんなルーターとも連携ができます。死角をなくし、部屋の隅々まで802.11acのWi-Fiネットワークを送り届けることができます。

    高速Wi-Fi通信

    新型の802.11acチップセットを搭載しているので、5GHz帯で最大867Mbpsの高速Wi-Fi通信を提供します。これは標準的な802.11nの約3倍の速度です。本機のワイヤレスパフォーマンスによって有線接続をせずにオンラインゲーム、インターネット、その他の帯域幅を必要とするタスクを楽しむことができます。

    WPSボタンでかんたんセットアップ

    WPSボタンを使用することで無線LANルーターと自動接続を行うことができます。最適化されたパフォーマンスによって、シームレスでスムーズなインターネットを提供します。詳細な設定はパソコンと本体をLANケーブルで接続し、ユーザーインターフェースから行います。

    ASUSエクステンダーアプリでかんたんセットアップ

    ASUSエクステンダーアプリによって中継機のセットアップを行うことができます。パソコンがなくても、スマートフォンやタブレットから数回のタップで、無線LANルーターのログイン情報を中継機へ転送行うことや理想的な設置場所を探すためのツールを提供しています。

    無線LANの受信電波の強さが一目で分かるLEDインジケーターを搭載

    本体の前面には無線LANの受信状態を確認できるLEDインジケーターを搭載しています。RP-AC52をどこに設置すればよいのか分からない場合に、LEDインジケーターを見れば最適な設置場所がすぐに分かります。

    3つのモードが選択可能

    アクセスポイントやメディアブリッジとしても利用ができます。アクセスポイントモードでは無線LANルーターと有線接続し、各デバイスにワイヤレスを提供します。メディアブリッジモードでは、無線LANルーターと中継機をワイヤレスで接続し、デバイスはLANケーブルで中継機に接続します。