ASUS、Z390マザーボードの対応メモリ拡大を発表

    UEFI BIOSアップデートの展開がASUS Z390マザーボードで最大128GBのメモリサポートを実現

    要点

    • ASUS Z390マザーボードへの新しいUEFI BIOSの展開により、4つの32GB DIMMを使用して最大128GBのDRAM対応が可能
    • Intelは最近、その第9世代インテルCoreプロセッサーのメモリリファレンスコード(MRC)をアップデートし、各DIMMのサポート容量を16GBから32GBへ拡大
    • ASUS Z390マザーボードのBIOSアップデートは、ASUSサポートウェブサイト上で展開中

    2019年1月10日、台北、台湾 ― ASUSは本日、同社のZ390マザーボードが、UEFI BIOSのアップデートを通じて最大128GBのDRAM容量をサポートすることになると発表しました。UEFI BIOSのアップデートは、ASUSのサポートサイト上で本日から開始されます。ASUSは、近々提供する追加的なBIOSアップデートを通じて、このメモリサポートの拡大をすべてのZ390マザーボードに適用できるようにする予定です。

    これまで、128GB DRAMのサポートは、インテル® X299プラットフォームなど、8個のDIMMスロットを持つハイエンドデスクトップ(HEDT)マザーボードだけに限られていました。インテルは最近、そのメモリリファレンスコード(MRC)をアップデートして、第9世代インテルCore™プロセッサーのメモリ・コントローラーによる各DIMMのサポート容量を16GBから32GBに拡大し、両方のチャンネルに2つずつDIMMを挿入(2DPC)したときの合計システムメモリ容量を128GBとすることを可能にしました。このメモリ容量の拡大は、メモリ集約型のアプリケーションやタスクを実行する際に、より高い柔軟性をユーザーに提供します。

    該当するASUS Z390マザーボードのオーナーは、ASUSのサポートサイトで提供が開始されたBIOSを通じて、最大128GBのメモリをサポートするようにそのシステムをアップデートすることができます。その他のASUS Z390マザーボード用の追加的BIOSアップデートの提供も間もなく開始される予定です。Z390マザーボードには、下記の認定ベンダーリスト(Qualified Vendors List:QVL)に記載された最新の32GBメモリモジュールを使用できます。

    ベンダー
    部品番号
    サイズ
    SS/DS
    チップブランド
    チップ番号
    タイミング
    電圧
    DIMMソケットサポート(オプション)
    SL LINK
    J4BGUS2G8QHBC
    32GB
    DS
    サムスン
    -
    19-19-19-43
    1.2V
    1 DIMM
    2 DIMM
    3 DIMM

    ASUSについて

    ASUSは、フォーチュン誌の「World’s Most Admired Companies(世界で最も称賛される企業)」に名を連ねており、現在および未来のスマートライフに向けた製品の開発に力を注いでいます。ASUSの包括的なポートフォリオには、AR、VR、IoTとともに、Zenbo、ZenFone、ZenBook、および様々なITデバイスとコンポーネントが含まれます。ASUSは、世界中に16,000人以上の従業員および5,000名を超える一流の研究開発の人材を擁しています。イノベーションを中心として品質に注力するASUSは、4,511の賞を受賞しており、2017年の収益は約130億米ドルに達しました。