豊かな拡張性と高度な冷却性能を備えたAMD X470搭載ATXマザーボードWi-Fi標準搭載モデル「ROG CROSSHAIR VII HERO (WI-FI)」を発表

     ASUS JAPAN株式会社は2018年6月1日、豊かな拡張性と高度な冷却性能を備えたAMD X470搭載ATXマザーボードWi-Fi標準搭載モデル「ROG CROSSHAIR VII HERO (WI-FI)」を発表いたしました。本日より販売を開始する予定です。

    豊かな拡張性と高度な冷却性能を備えたAMD X470搭載ATXマザーボードWi-Fi標準搭載モデル
    ROG CROSSHAIR VII HERO (WI-FI)





    製品名
    ROG CROSSHAIR VII HERO (WI-FI)
    対応CPU
    AMD Ryzen/A/Athlonシリーズ
    対応ソケット
    Socket AM4
    チップセット
    AMD X470チップセット
    対応メモリ DDR4-3600×4 (最大64GB)
    拡張スロット
    PCIe 3.0 x16×2
    PCIe 2.0 x16×1
    PCIe 2.0 x1×2
    ストレージ機能
    M.2×2
    SATA 6Gb/s×6
    USB機能
    USB 3.1×13
    USB 2.0×5
    ネットワーク機能 1000BASE-T×1
    IEEE802.11ac/n/a/g/b
    Bluetooth機能
    Bluetooth 4.2
    フォームファクター(サイズ)
    ATX(305mm×244mm)
    価格
    オープン価格
    予定発売日 2018年6月1日

    製品の主な特長

    IEEE802.11ac無線LAN機能

    最大867Mbpsの転送速度に対応するIEEE802.11acの無線LAN機能を搭載しています。5GHzと2.4GHzのデュアルバンドに対応しており、IEEE802.11n/a/g/bも使用可能です。LANケーブルを使用することなく、無線LANでネットワークゲームを楽しむこともできます。

    業界最高水準の高性能ファンコントロール機能「Fan Xpert 4」

    Fan Xpert 4は、CPUファンとケースファン、および液冷ポンプの回転速度を温度に応じて細かく制御できるファンコントロール機能です。PWMファンとDCファンの両方に対応しており、PWMファンに対しては、DC制御を組み合わせることで低回転時の制御精度を向上する、PWM/DCハイブリッド制御の「Extreme Quietモード」を使用できます。

    重いカードもしっかり支える高耐久PCI Expressスロットの「SafeSlot」

    一般的なPCI Express x16スロットはプラスチック製ですが、本製品が搭載する「SafeSlot」仕様のPCI Express x16スロットには、プラスチックに加えて金属も使用しており、大幅に耐久性を向上しています。ビデオカードなどを挿した場合に、従来のプラスチック製スロットと比較して、ビデオカードの荷重がかかる方向には約1.8倍の強度を持たせており、ビデオカードを引き抜く方向では約1.6倍の強度を実現しています。

    AURA SYNC機能

    「ASUS Aura」は内蔵のRGB LEDとオンボードRGBヘッダーに接続されたストリップ用にさまざまな機能のプリセットを備えた完全なRGBライティングのコントロールを提供します。また、すべてのAura対応ASUSハードウェアとシンクロすることが可能で、美しいイルミネーションを構成することができます。

    ROG SupremeFX

    オーディオテクノロジーは進化を遂げ、ラインイン接続で113dBの優れた信号対雑音比を実現し、最高の録音品質を提供します。また、SupremeFX S1220コーデックにより安定した電力を供給するために低ドロップアウトレギュレータを追加し、優れたフロントパネル出力用にESS® Sabre Hi-Fi ES9023Pデジタル-アナログコンバータ、そして高ゲインと低ディストーションを実現するためにテキサス・インスツルメンツ製RC4580オペアンプを追加しました。

    ASUS PRO CLOCK TECHNOLOGY

    本製品は3つのカスタムチップを搭載することで基本性能を向上しています。CPU電圧の制御やオーバークロック関連の処理を行う「TPU」(TurboV Processing Unit)に、電源回路の制御をはじめとした電力供給関連の処理を行う「EPU」(Energy Processing Unit)、CPUのクロックを生成する「PRO Clock」です。この3つのカスタムチップが、オーバークロックの制御、CPU電圧と電源回路の制御、安定したクロックの生成を連携して行うことで、CPUの性能を最大限に引き出すことが可能となっています。