Radeon RX 5600 XTを搭載した3連ファンのオーバークロックモデル「ROG-STRIX-RX5600XT-T6G-GAMING」を発表

    ASUS JAPAN株式会社は、Radeon RX 5600 XTを搭載した3連ファンのオーバークロックモデル「ROG-STRIX-RX5600XT-T6G-GAMING」を発表しました。2020年8月28日(金)より販売を開始する予定です。




    ROG-STRIX-RX5600XT-T6G-GAMING







    ------------------------------------------------------------
    製品名 :ROG-STRIX-RX5600XT-T6G-GAMING
    グラフィックスコア:​AMD RADEON™ RX 5600 XT
    ​バスインターフェース : PCI Express 4.0
    ブーストクロック : ~1,750 MHz (OCモード時 ~1,770 MHz)
    ゲームクロック : ~1,670
    メモリクロック : 14 Gbps
    メモリインターフェース:192bit
    ビデオメモリ:GDDR6 6GB
    搭載ポート: HDMI 2.0b×1、DisplayPort 1.4×3
    補助電源コネクタ : 8ピン×1、6ピン×1
    サイズ : 303.7 x 130 x 53.9 mm
    価格 : オープン価格
    予定発売日 : 2020年8月28日(金)
    製品ページ : https://www.asus.com/jp/Graphics-Cards/ROG-STRIX-RX5600XT-T6G-GAMING/
    ​------------------------------------------------------------

    〇 発表製品の主な特長

    ・Axial-techファン設計

    最新世代のトップエンドROGグラフィックスカード用に新しく設計されたこれらのファンは、大型ブレード用の小型ハブと下向きの空気圧を高めるためのバリアーリングを備えています。

    ・0dB テクノロジー

    0dBテクノロジーにより、GPUコアの温度が45℃を下回ったときにファンの回転を止めることができ、負荷の軽いゲームを完全に静かに楽しむことができます。GPUの温度が上がると、ファンは自動的に再び回転します。

    ・Dual BIOSスイッチ搭載

    パフォーマンスモードではファンが回転され、カードを常に冷却した状態に保ちます。静音モードでは同じ電力目標と上限での設定が維持されますが、中程度の温度でもより静かに動作させるために、より緩やかなファン曲線が提供されます。さらにカスタマイズと制御を行うには、GPU Tweak IIソフトウェアをご使用ください。

    ・MaxContactテクノロジー

    ヒートスプレッダとGPUとの接触面積を約2倍に拡大しました。この「MaxContact」技術によって、従来のクーラーよりも効率良くGPUからクーラーに熱を伝えることができます。

    ・高性能高耐久なASUS独自部品の「Super Alloy Power II」

    優れた品質と信頼性を備えた高級コンポーネント「Super Alloy Power II」の採用により、性能の向上と、電力損失および負荷時のコンポーネントノイズの低減、動作温度の低下を実現しています。