法人様向け
サポート&あんしん保証

WiFi 6の革命をリード

認定済みの
パフォーマンス

認定済みのパフォーマンス

ASUS WiFi 6製品はWi-FiAlliance®によるWi-Fi CERTIFIED 6™で、WPA3やOFDMA関連の伝送などの一連の厳密なWiFi 6機能テストに合格しています。ASUSは家庭用Wi-Fi CERTIFIED 6ルーターを初めて販売した会社のひとつなので、このテクノロジーのメリットを完全に提供することができます。
完璧な
ラインアップ

完璧なラインアップ

ASUSは、消費者とプロフェッショナル向けのWiFi 6ルーターを幅広くご提供しています。仕事用やゲームプレイ用のハイエンドモデル、またはご家庭用のお手頃なモデルなど、ASUSは用途に合ったWiFi 6ルーターをご用意しています。
初のWiFi 6
エコシステム

初のWiFi 6エコシステム

ASUSはWiFi 6ルーターのパイオニアの一社でした。デスクトップPC用のASUS PCE-AX58BT PCIe® WiFi 6アダプターの導入により初のシングルブランドのWiFi 6エコシステムが可能になり、WiFi 6がASUSルーター、マザーボード、ラップトップ、ミニPCでご利用いただけるようになりました。
認定済みの
パフォーマンス

認定済みのパフォーマンス

ASUS WiFi 6製品はWi-FiAlliance®によるWi-Fi CERTIFIED 6™で、WPA3やOFDMA関連の伝送などの一連の厳密なWiFi 6機能テストに合格しています。ASUSは家庭用Wi-Fi CERTIFIED 6ルーターを初めて販売した会社のひとつなので、このテクノロジーのメリットを完全に提供することができます。
完璧な
ラインアップ

完璧なラインアップ

ASUSは、消費者とプロフェッショナル向けのWiFi 6ルーターを幅広くご提供しています。仕事用やゲームプレイ用のハイエンドモデル、またはご家庭用のお手頃なモデルなど、ASUSは用途に合ったWiFi 6ルーターをご用意しています。
初のWiFi 6
エコシステム

初のWiFi 6エコシステム

ASUSはWiFi 6ルーターのパイオニアの一社でした。デスクトップPC用のASUS PCE-AX58BT PCIe® WiFi 6アダプターの導入により初のシングルブランドのWiFi 6エコシステムが可能になり、WiFi 6がASUSルーター、マザーボード、ラップトップ、ミニPCでご利用いただけるようになりました。

WiFi 6とは?

最新のWiFi 6(802.11ax)は、既存のあらゆるWiFiデバイスに対応する新しいWiFi規格であるため、新しいWiFi 6デバイスを追加するだけで、この最高のWiFiがもたらすメリットをすぐにお楽しみいただけます。*
  • 4X

    低いレイテンシ
  • 1.25X

    より速い速度
  • 7X

    エネルギー効率
  • 1.25X

    より長い信号範囲

混雑したマルチデバイスネットワーク向けの設計

OFDMA、MU-MIMO、BSSカラーリングテクノロジーの革新的に組み合わせたWiFi 6テクノロジーは最大4倍のネットワーク容量を提供し、トラフィック密度の高い環境でのレイテンシを低減します。前世代のWiFi 5(802.11ac)は、各ネットワークチャネルで一度に1つのデバイスしか処理できないので、利用可能な帯域幅の使用が効率的ではありません。WiFi 6でサポートされているOFDMAは、各チャネルを小さなサブチャネルに分割し、複数のデバイスからの信号をまとめて同時に送信できるようにすることで、レイテンシを減らしてスムーズで応答性の高いWiFiエクスペリエンスを実現します。
  • WiFi 5 OFDM


    帯域幅の浪費 - 高いレイテンシ

  • WiFi 6 OFDMA


    帯域幅をフル活用 - 低いレイテンシ

ワープ並みに速いWiFi

WiFi 6テクノロジーは、革新的な1024-QAM変調方式のテクノロジーを使用することにより今までの速度制限を超えました。古いWiFi 5(802.11ac)は256-QAMテクノロジーを使用していますが、1024-QAMの信号には25%も多い情報が含まれ、最大1.25倍のパフォーマンス向上を実現します。このように改善された速度は最大11Gbpsになる可能性があります。8KビデオをストリーミングしているときやVRゲームを楽しんでいるときでも、ラグとレイテンシが起こりません。**

デバイスのバッテリー寿命の向上

WiFi 6ルーターを使用すると、すべてのモバイルデバイスとIoTデバイスの消費電力を削減できます。ターゲットウェイクタイム(TWT)機能により、ルーター通信が不要なときにはデバイスをスリープ状態にでき、消費電力を最大7分の1に削減してバッテリー寿命を大幅に改善します。したがって、より高速なWiFi 6パフォーマンスのあらゆるメリットを受けながら、スマートフォンやノートパソコンのバッテリー寿命を最大化できるのです。
  • ターゲットウェイクタイムなし
    WiFi 5

    デバイスの消費電力が高い

  • ターゲットウェイクタイムあり
    WiFi 6

    クライアントデバイスのバッテリ寿命が7倍も向上

さらに進化するWiFi

WiFi 6は、OFDMAテクノロジーを使って各ワイヤレスチャネルをさらに小さなサブチャネルに分割することによりWiFi信号範囲を拡大し、カバレッジを改善します。これらのサブチャネルの帯域幅は減少しているため、範囲が最大80%改善されます。その結果、家中のWiFiデッドスポットが減り、デバイスのWiFi接続がより高速で信頼性の高いものになるのです。WiFi 6があれば、屋根裏部屋、庭、地下室までWiFiが届くようになります。***

WiFi 6の詳細

最新のWiFi規格であるWiFi 6へのアップグレード前に知っておくべき5つのこと

WiFiは毎日の生活に欠かせないものです。WiFi 6の台頭により、さらに効率的なデータ配信と高速化が実現します。パフォーマンスの向上の他にも、本当にWiFi 6は必要なのでしょうか?これを判断するために知っておきたいことが5つあります。

1. 重要なのは下位互換性

新しいテクノロジーへのアップグレードに関する懸念は、初期段階ではサポートがあまりないということに関するものですが、WiFi 6の場合はそうではありません。主には互換性のあるデバイスにデータを送信するために機能しますが、既存のすべてのWiFi対応ガジェットでも機能するため、ユーザーがスマートフォンやタブレットを交換する必要はありません。新しいWiFiには新しいデバイスが必要なのでしょうか?答えは、いいえ、です。

2. 混雑したエリアでのパフォーマンス強化

混雑した環境でWiFi速度が低下することはよく知られている問題であり、このデジタル時代でもそれは同じです。スマートフォンやノートパソコンからタブレットに至るまで、ご家庭の中でWi-Fiデバイスがますます増えるにつれて、1人に1つのガジェットという生活が変わってきています。ただし、このような状況に対応するためには帯域幅により優れた機能が必要です。WiFi 6はデバイスの伝送速度を上げることでユーザーエクスペリエンスを向上させ、接続不良やレイテンシの問題は解決されるでしょう。

3. スマートホームのエコシステムのサポートが増加

新たな時代の到来です。スマートホームの人気が高まるにつれ、平均的な家により高密度のネットワークが発生し、WiFi速度が遅くなる可能性が出てきます。
WiFi 6のアップグレードされたテクノロジーは、この問題に取り組むように設計されており、伝送速度を落とさずにトラフィックを増やすことができます。このモノのインターネット(IoT)の時代では、スマートホームエコシステムを持つことで、ARとVRテクノロジーのサポートが強化されます。これにより、ゲーマーはデバイス間で人気のあるVRタイトルを楽しむことができるようになり、優れたWiFiの性能がもたらされます。

4. 未来の4Kと8Kのストリーミングに向けて

4Kと8Kビデオが主流になるにつれて720pストリーミングの時代は急速に過去のものとなりつつあります。これらは低速では動作できないので、高解像度フォーマットにふさわしいWiFiインフラストラクチャが必要となります。WiFi 6は、より高速なプロセッサー、より多くのメモリ、より多くのラジオストリームを組み合わせることで、東京オリンピックなどのイベントを途切れのなく視聴できるようにする、技術的に高度なストリーミングにも対応するように装備されています。

5. バッテリー寿命がさらに長く

新たなバージョン、新たなアップグレード。ネットへの接続を維持する必要がある今日では、長いバッテリー寿命が望まれています。WiFiデバイスが頻繁に使用される現在はそれが特に重要となります。WiFi 6のまったく新しい「ターゲットウェイクタイム(TWT)」機能は、アクセスポイントがWiFi無線をスリープ状態にしてから次の送信時の指定時間にウェイクアップすることで、省エネ技術を活用します。より長い時間と優れたバッテリー効率で、効率アップしましょう。

WiFi 6のエコシステムが発展し続けるにつれて、より多くのWiFi 6認定製品が市場に現れることが予想されます。数多くの利点を備えたこの新しい標準は、特に高速を重視するユーザーにとっては価値あるアップグレードであることが証明されています。まずは、ASUSからWiFi 6のエコシステムに移行しましょう。

閉じる

WiFi 6の詳細

ASUS WiFi 6ルーター:その違いとは?

WiFiは、接続性が重要である現在のモノのインターネット時代(IoT)の主役となるものです。テクノロジーが進化し続けるにつれ、WiFi機能はさらに向上していき、WiFi 6の始まりを位置付けるものとなります。より速い速度、より多い容量、より長いバッテリー寿命に誰もがアクセスでき、それに伴ってハードウェアのアップグレードも必要となります。ASUSが最新のWiFi 6ルーターで競争力を発揮するのはこの点です。拡張された接続範囲、スマートホームの利便性、デバイスのセキュリティを提供し、これらの要求に対応します。

WiFi 6とは正確には何なのでしょう?嬉しいパフォーマンスの向上はその一つですが、新しいWiFi規格では、複雑な802.11n、801.11ac、802.11axという用語の使用が廃止され、それぞれ「WiFi 4」、「WiFi 5」、「WiFi 6」と名前が変更されました。これらの新しい名前は互換性のあるソフトウェアやデバイスでも使用されるため、ユーザーはどのネットワークに接続するかを知ることができます。

ただし、堅牢なWiFi 6エコシステムがなければ、そのメリットには何の価値もありません。ASUSは、ご家庭にWiFi 6ルーターラインナップをご提供して利便性と効率性を両方もたらすことを目指しています。これは、競合他社の中で最も完全なラインアップと言えます。WiFi 6アダプターやノートPCなどからマザーボードまで、ASUSの製品ラインアップは着実に増えてきており、既存のWiFi 6ルーター製品と相性もぴったりです。

では、利便性とはどのようなことでしょうか?デバイスの製品ラインナップを完全にご用意しているので、ハイエンドや一般的なルーターに対する需要にもぴったりな製品が簡単に見つかると同時に、クライアントデバイスの両方がWiFi 6対応となることを可能にするエコシステムを確立することもできるのです。ASUSはすべての製品カテゴリーでWiFi 6を初めて採用したブランドのひとつであり、ルーターとクライアントデバイスの幅広い選択肢と多様性をユーザーにもたらしています。

一方、既存のラインナップでは、高性能のRT-AX88Uが主要の製品です。ルーターのWiFi 6認定によりASUSブランドが信頼されるだけでなく、WiFi 6のユーザーエクスペリエンスを向上させるための取り組みが承認と信頼の証によって示されています。

以前はご家庭にルーター1台というのが普通だったのかもしれませんが、今の状況は変わっています。現在、注目の的となっているメッシュネットワーク。ASUSは、独占のAiMeshテクノロジーを利用して独自の製品をご用意しています。これはスタンドアロンのAiMeshルーターを接続してメッシュネットワークを形成するため、ご家庭により速い接続をもたらしながらネットワークの柔軟性が向上します。さらに重要なのは、接続範囲が拡大するということです。これによりデッドゾーンが排除され、スムーズなデータ転送が可能になります。これは、常にネットに接続しておかなければならないと言う今日のニーズにおける重要な特性です。

AiMeshの便利な機能を使用して設定内で最適なWiFi信号を自動選択することで、プロセスをさらに効率化します。これにより、同じスペース内で異なるネットワーク間を常に切り替える必要がなくなります。この製品の特に優れた点はサポートされているルーターに対応するということです。そのため、ユーザーは新しいAiMeshルーターを1つ購入するだけでメッシュネットワークを構築でき、現在のルーターの代わりに高価なメッシュセットを新たに買う必要がないのです。



WiFiは便利ですが、弱点がない訳ではありません。接続性にはサイバー脅威とセキュリティの抜け穴の懸念が常にあり、弱いパスワード、暗号化されていないWiFi、不適切な設定などの単純な問題により、ハッカーはファイアウォールを簡単に迂回して機密の個人情報を盗む可能性があるのです。ASUSはTrend Micro™と提携して、独自のAiProtectionテクノロジーで生涯のセキュリティ保護をご提供します。これには、脆弱性に対処するために特別に設計された3つの側面からなる次のセキュリティアプローチを採用しています。これらは、防止(ルーターのセキュリティスキャン)、保護(悪意のあるサイトのブロック)、緩和(感染したデバイスの検出とブロック)で、セキュリティが最優先されています。

次第にテクノロジーの世界で台頭していくWiFi 6をASUSが品質、多様性、ユーザーエクスペリエンスにおいてリードする中で、他のメーカーもこの新しい領域に移行して取り入れる段階に入っています。強力なエコシステムと最も完全なWiFi 6ルーターのラインナップを確立したASUSは、品質、多様性、ユーザーエクスペリエンスにおいて多くのメリットをご提供しています。

閉じる

WiFi 6の詳細

WiFi 6についての説明:新しいWiFi規格を支えるテクノロジー

WiFiの開発により人々の生活に革命的なメリットがもたらされ、利便性と接続性がさらに向上します。ご家庭では複数の電子機器が共有ネットワークに接続されたままになることが多いので、同時使用が可能となっています。

しかし、このために接続が遅くなるという一般的な問題が発生します。ワイヤレス帯域幅の需要が増加するにつれて従来のルーターの容量は分割されるので、速度が低下して待ち時間が長くなります。

新しいWiFi 6規格は、このような問題に対処するように設計されています。WiFiの新時代の到来をお約束するものと言えるでしょう。WiFi 6は前世代の既存の構造に基づいて構築されており、認定パートナー各社により高速・大容量・広範囲なカバレッジ、そしてより優れたバッテリー効率などの強化された規格を満たすことも目標としています。

第一の特徴としては、基礎となるWiFiテクノロジーが無線信号を使用して機能することが挙げられます。デバイスがWiFi送信を送信するには、特定の無線チャネルで周波数信号を変調する必要があります。これは、バイナリコードの形式で受信側デバイスによって受信されます。直交振幅変調(QAM)と呼ばれるこのプロセスには、デジタルデータを伝送するためのさまざまな方法での電波の変調が含まれます。ルーターのパフォーマンスは、送信されるバイナリコードの規模によって決まります。

例として、2-QAMアクセスポイントをみてみましょう。WiFi電波は2つの方法でしか変更できないため、送信ごとに1桁のコード(「1」または「0」)になります。それと比較して、4-QAMのものは、4種類の異なる方法で波を変調する能力を備えた2桁の送信(「00」、「01」、「10」、または「11」)を送信できます。

ただし、WiFi 6ではその能力がさらにアップします。1024-QAMのパフォーマンスにより、デバイスは最大25%の速度を誇る10桁のバイナリ伝送を送信でき、集中的な使用事例のスループットを向上させます。簡単に言うと、ルーターが送信できるバイナリコードが多いほど、より強力で高速になります。80MHzと4x4デバイスでのボード全体のピークデータレートの比較は次のとおりです。

● WiFi 5 256 QAM (common): 最大1733 Mbps
● WiFi 5 1024 QAM (一部のルーターのみ): 最大2167 Mbps
● WiFi 6 1024 QAM (一般的): 最大2400 Mbps

知っておくべき用語はQAMだけではありません。ここでは「直交周波数分割多元接続」の略であるOFDMAをご紹介します。WiFi 6の新機能は分割統治の原則に基づいて機能し、デバイスが1つのチャネル内で同時に異なるクライアントにサービスを提供できるようにします。



このプロセスは、2.5GHzと5GHz周波数帯の伝送チャネルをリソースユニット(RU)と呼ばれるさらに小さなデジタルエンティティに分割する追加機能でさらに強化されています。これらは、ルーターが情報を送信するための別のプラットフォーム(現代のASUSルーターがその例)を提供するので速度が向上し、高速になります。

WiFi 6では複数のユーザーが一度にネットワークに接続できるため、データ送信のタイミングを可能な限り正確に維持する必要もあります。ネットワーク容量をより大きくするには同時ユーザー間の干渉を最小限に抑える必要があり、WiFi 6はアクセスポイントのトリガーフレームブロードキャストを同期させることでこれを機能させます。

トリガーフレームは、簡単に言えば、アップストリーム送信を調整できるようにRUを割り当て、各クライアントに送信タイミングを設定するためにWiFi 6によって採用された新しいフレームワークです。そのため、デバイスは特定の個別の送信タイミングに割り当てられ、その同期により帯域幅が向上します。

WiFi 6には、より高度なビームフォーミング機能も搭載されています。WiFi信号を全方向にブロードキャストする従来の方法とは対照的に、ビームフォーミングは特定の方向に信号を投影することに焦点を当てているため、信号はより強く、より集中しています。このため信号範囲がより長くり、デバイスの受信が良好になるだけでなく、カバレッジを拡大するためのデッドゾーンも少なくなります。

さらに、WiFi 6アクセスポイントとルーターは、より優れたバッテリー効率を誇ります。新しいターゲットウェイクタイム(TWT)テクノロジーのおかげでデバイスはデータを受信するスケジュールに組み込まれ、スリープモードに従事する時間を増やすことができます。これはバッテリーの寿命を節約するだけでなく、信号のビジー状態や衝突も低減させます。これらは両方とも、いつもネットに接続している生活が普通であるモノのインターネット(IoT)時代では非常に便利な機能です。

初期段階にあるにもかかわらず、WiFi 6の可能性は非常に有望です。最近開始された認定プログラムは、大規模な採用に向けた大きな飛躍であり、新しいWiFi規格を採用し始めた人々が増えています。ASUSはこの分野で活躍しており、WiFiルーターやノートパソコンからマザーボードやデスクトップPCに至るまで、WiFi 6デバイスを次々と展開しています。

最も完全なWiFi 6ルーターの製品ラインナップを組み合わせて導入すれば、新しい時代のWiFiに参入する準備が整うでしょう。上記の利点に加えて、ASUSのエコシステムは独自のテクノロジーも備えており、WiFi 6エクスペリエンスの満足度と楽しさがより高くなります。

閉じる

WiFi 6 テストのビデオ

WiFi 6 製品
新登場

免責事項: * WiFi 6(802.11ax)のすべてのメリットを体験するには、WiFi-6対応のデバイスが必要です。** 速度は、160 MHzをサポートするWiFi 6デバイスで計算されます。*** データはアップリンクOFDMAを参照します。