Prime X299 Edition 30

    Prime X299 Edition 30

    AI オーバークロック、16のIR3555パワーステージ、DDR4 4266 MHz、Wi-Fi 6、5Gbps Ethernet、Type-C Thunderbolt 3ポート、トリプルM.2、USB 3.2フロントパネルコネクター、Aura Sync RGBライティングを備えた、Intel Core Xシリーズプロセッサ対応のIntel ATXマザーボードLGA 2066搭載のASUS創立30周年記念モデル

    • Intel LGA 2066ソケット:最新のIntel® Core™ Xシリーズプロセッサに対応
    • AI Overclocking: CPUとクーラーに基づいてCPUパフォーマンスを即座に最適化し、エキスパートによるチューニングと同等の効率を実現
    • 堅牢な電源設計:16のIR3555パワーステージ、ProCool IIコネクター、アロイチョーク、10Kの国産コンデンサにより安定した電源を供給
    • 包括的な熱設計:スカイブ加工フィンのヒートシンク、アクティブヒートシンク、M.2ヒートシンク、2オンスのPCBデザイン、バックプレート
    • 次世代の接続性:DisplayPort 1.4搭載のType-C™ Thunderbolt 3×2、M.2×3、フロントUSB 3.1 Gen 2コネクター
    • 高性能なネットワーク:MU-MIMO対応のオンボードのWi-Fi 6(802.11ax)、Aquantia® 5 Gbps Ethernet、Intel Gigabit Ethernet
      Product Image
      TUF H370 Plus Gaming TUF H370 Plus Gaming
      • Intel® Gb Ethernet

      • Aquantia® 5G Ethernet

      • 2 *DP IN for TB3用

      • 4 * USB 3.2 Gen 1

      • 2 * Thunderetbolt 3
        (USB TypeC)

      • Intel® Wi-Fi 6 AX200

      • 8-CH オーディオ

      • 3 x PCI Express 3.0
        ● 3 way/2 way SLI & CFX 対応
        ● ASUS SafeSlot

      • CPUのM.2 PCIE x4 モード

      • Crystal Sound 3
        ● Realtek® S1220Aコーデック
        ● 高力率プリレギュレータ
        ● De-pop サーキット
        ● デジタルノイズの影響を最低限に抑制
        ● プレミアム品質の
        国産オーディオ・コンデンサ
        ● オーディオ専用の
        PCBレイヤー

      • 2 * 8-ピン ProCool II コネクター

      • 16のIR3555パワーステージ ファンを備えた
        スカイブ加工フィンのヒートシンク設計

      • DDR4 4266+(O.C.)

      • Intel® Core™ X-シリーズプロセッサ用LGA 2066 ソケット

      • フロントUSB 3.2 Gen 2 Type-C™ コネクター

      • 2” LiveDash OLED

      • 4* フロント USB 3.2 Gen 1 コネクター

      • Intel® X299 チップセット

      • 8 x SATA 6Gb/s

      • ● CPU /X299 チップセットの
        M.2 22110 PCIE x4モード
        ● Intel® Optane Memory Ready

      • ASUSノード

      • 4-ピン RGB ヘッダー

      • アドレッサブル Gen 2 RGB ヘッダー

      Prime

      新しい特別なPrime X299 Edition 30は、30年にわたるASUSのマザーボード開発の記念となります。このハイエンドのデスクトップは、オーバークロッキング対応の強力なVRM、直感的な冷却コントロール、次世代の接続性、広範なカスタマイズなどの特徴的な機能と最新のパフォーマンスを組み合わせています。また、外部OLEDを搭載した新しいSmart Control Consoleも備えています。

      すべてのコアを最大限に活用

      Intel®のハイエンドのデスクトッププラットフォームは、コア、キャッシュ、帯域幅を高める最新のIntel Core™ Xシリーズプロセッサによって強化されています。Prime X299 Edition 30は、処理能力をさらに向上させてCPU負荷の高いタスクに対処することが可能で、帯域幅の増加により、GPUとNVMe SSDを高めて様々な作業を高速化できます。

      ProCool II コネクター

      ProCool IIコネクターは、 EPS 12Vの電源用ラインとの安全で信頼できる接続を確保します。第2世代の特長は、メタルアーマーとソリッドピンのアップグレードによる放熱の向上、および不適切な接続を示すBIOS POSTメッセージによる警告用LEDディスプレイです。

      PowIRstage MOSFETS

      Prime X299 Edition 30 VRMは、それぞれ60アンペアを処理する定格の16のIR3555 PowIRstages®で構成されています。

      超微粒なアロイチョーク

      各PowIRstageは、45アンペアを処理する定格の高透磁率合金コアチョークを伴います

      10Kの国産メタリックコンデンサ

      入出力フィルタリングは、高い動作温度で数千時間持続する定格の固体高分子コンデンサによって提供されます。

      詳細

      M.2

      オンボードのM.2で速度を達成

      プロフェッショナル向けのアプリケーションでは高速なソリッドステートストレージが求められるため、Prime X299 Edition 30は、最新のNVMe SSDと互換性のあるM.2スロットを3つ搭載しています。すべてのスロットが110mmを超えるドライブをサポートしており、Intel VROCテクノロジーによりCPU直結のブート可能なRAIDアレイとして構成可能です。

      VROC

      RAIDをアップグレード

      オンボードのM.2スロットとASUS Hyper M.2 x16 Card V2*を使用すると、RAID構成で3つのM.2ドライブを接続することでIntelの Virtual RAID on CPU(VROC)**を活用できます。VROCにより、ブート可能になるようにRAIDアレイを容易に構成可能で、従来のDMIのボトルネックが取り除かれるため、ストレージが他のトラフィックにより妨げられなくなります。

      * ASUS Hyper M.2 x16 Card V2は別途購入する必要があります。
      ** RAID 1、5、または10にはIntel VROCハードウェアキーの追加購入が必要

      Thunderbolt 3
      Type-C ポート

      非常に高速で上下の向きを問わない接続性

      高速の外部ストレージが多くのワークステーションで必要となるため、Prime X299 Edition 30では、最大40Gbpsの集約インターフェイスの帯域幅とThunderbolt 3が統合されています。背面のI/Oパネルには、DisplayPort 1.4出力とデータをサポートするデュアルThunderbolt 3 Type-Cポートを備えています。1つのThunderbolt 3ポートから最大6台のデバイスをデイジーチェーン接続可能で、この方式で接続された高速充電のデバイス用に15Wまでの電力に対応できます。

      USB 3.2 Gen 2フロントパネルコネクター

      将来的にも安心

      多数のUSBポートの搭載により、互換性を備えた高速なUSB 3.2 Gen 2接続に対応するフロントパネルヘッダーをはじめとして、周辺機器を搭載したハイエンドの装備をサポートします。

      Intel Wi-Fi 6 AX200

      最大 2.4Gbpsの長距離に対応可能な統合されたWi-Fi

      Prime X299 Edition 30は、802.11axと互換性のある最新のIntel Wi-Fi 6 AX200を搭載しています。Wi-Fi 6としても知られているこのネットワークプロトコルでは、理論上のピーク帯域幅が驚くことに最大2.4 Gbpsに達します。パワーユーザーにとってさらに重要なのは、多数の競合トラフィックにより混雑したネットワーク上でより効率的に動作できるように最適化されていることです。

      * ネットワークの環境により速度は変わります。

      Intel Wi-Fi AX200
      2.4 Gbps
      Other wireless adapter
      0.86 Gbps

      Aquantia AQC-111C 5G イーサネット

      高速な内蔵のネットワーク

      Prime X299 Edition 30は、5Gbps Ethernetを搭載しており、標準ギガビットイーサネットの最大5倍の帯域幅を提供します。非圧縮の4K UHDビデオのストリーミングを途切れることなく視聴可能で、これまで以上に高速なバックアップとファイル転送が可能です。中間接続にも対応しているので、最適な帯域幅の選択が容易となり、最大5Gbpsまでの任意の速度で超低遅延のメリットを受けられます。

      * ネットワークの環境により速度は変わります。

      Intelイーサネット

      スループットの向上、CPU使用率の低減、優れたゲーム体験の実現

      最新の Intel I219-V Ethernetには、CPUオーバーヘッドを低減して非常に高いTCPとUDPスループットを提供できる利点を備えており、より高速で滑らかなデータ転送を実現します。

      CPU負荷の低減TCP & UDP 高スループット

      LANGuard

      2.5倍の過電圧に耐える

      一般的なLANポートとくらべて1.9倍の静電気の電圧に耐えることができ、2.5倍の過電圧に耐えることができます。

      Turbo LAN

      カスタマイズ可能なパケットの優先順位付けのためのネットワーク最適化ソフトウェア

      cFosSpeedトラフィックシェーピングテクノロジーを備えたTurbo LANを使用すると、直感的なインターフェイスを介してアプリケーションの優先順位を設定し、ネットワークラグを削減できます。

      コアまでクール

      効果的な冷却は、ストックスピードでも極めて重要です。このため、 Prime X299 Edition 30では、システム全体で統合された冷却コントロールが可能で、最も本格的な装備にも対応できます。オンボードのヒートシンク、多数のファンヘッダー、Fan Extension Card IIを標準装備し、ウォーターポンプとAIOヘッダーのオプションを備えています。

      アクティブに冷却するヒートシンク

      マスとエアフローは非常に重要なので、VRMヒートシンクはスカイブ加工の高アスペクト比の薄型フィンを採用しています。隠れている40mmのファンは60°Cに達すると作動します。この組み合わせによりCPU負荷の高いタスクに最適な冷却を実現します。

      M.2 ヒートシンク

      2つのM.2スロットがヒートシンクに覆われており、長時間続く重いストレージ読み込みの間にパフォーマンスに影響を与える高温によるスロットリングに対処します。

      落下防止ネジは、ヒートシンクを取り外す際に部品が落下するリスクを最小限に抑えます。

      Stack Cool 3+

      2オンスの銅層が、重要なコンポーネントから熱を移して、最大20°C温度を低下させます。

      バックプレート

      バックプレートの強化によりマザーボードの安定性が向上し、内蔵の熱パッドが、VRMや他のコンポーネントからの熱を効率的に拡散します。

      冷却設計

      Prime X299 Edition 30は、史上最も包括的な冷却コントロールを備えており、FanXpert 4またはUEFI BIOSを介して設定可能です。

      • 複数の熱源
      • デュアルポンプヘッダー
      • スマートプロテクション
      • 4ピンPWM/DCファン
      • 各ヘッダーは、3つの温度センサーをダイナミックに参照可能で、Fan Xpert 4を介して対応するASUSグラフィックスカードの温度を調べて、GPUとCPUの負荷の高いタスクの冷却を最適化することもできます。

      • 高性能なPWM/DCウォーターポンプ用に3A以上の給電に対応した専用ヘッダー、さらにAIO用の2つ目の専用ヘッダーを搭載しています。

      • 過熱および過電流から各ファンヘッダーを保護する専用の集積回路

      • 各オンボードヘッダーは、PWM/DCファンの自動検出に対応しています。

      Fan Extension Card II

      Fan Extension Card IIを新たに搭載したPrime X299 Edition 30には、FanXpert 4を介して制御可能なヘッダーが6基追加されています。このカードの3つの温度センサーヘッダーがオンボードの温度センサーを補完し、さらには、異なるコンポーネントに取り付け可能なサーミスターを3つ搭載しています。冷却用のヘッダーの追加に加えて、RGB LEDストリップ用のヘッダーを3基確保しています。

      • 1
      • 2
      • ねじ穴によって、シャーシの2.5インチベイにカードを取り付け可能

      • ASUSノードコネクターによって、互換性のあるPSUやアクセサリーを接続可能

      あなた流にチューニング

      包括的な制御はASUS Primeシリーズの基盤となります。Prime X299 Edition 30に搭載された柔軟なツールによって、思い通りのパフォーマンスを提供できるようにシステムのあらゆる側面をチューニングできます。

      AI オーバークロック

      ASUS AI Overclockingは、自動チューニングをこれまで以上に速くスマートに行います。 WindowsまたはUEFIから直接利用可能で、CPUと冷却機能をプロファイリングして、個々のシステムごとに最適な構成を予測します

      CPUの可能性

      専用のアルゴリズムがCPUの性能を評価

      冷却能力

      オンボードのインテリジェンスが、温度、ファン速度、パワードローといったシステムのバイタルを確認して冷却パフォーマンスを測定

      5-way Optimization

      ワンクリックで複雑なチューニングを自動設定します。5-Way Optimizationは PCビルドに合わせてカスタマイズされたオーバークロックと冷却の設定を提供し、自動的にシステム全体のチューニングを施します。

      • ユーザーそれぞれのシステム構成用に最適化されたオーバークロックおよび冷却プロファイルを提供する自動チューニングユーティリティ
      • ファンは日常的な用途では静かな動作を維持し、システムがCPUやGPUの負荷の高いタスクの処理中には最適なエアフローを提供します。
      • ユーザーがCPUまたはメモリのワークロードを軸に最適化とオーバークロックを可能にする全く新しいストレステスト

      CPUパフォーマンスブースト

      Turbo プロセッシングユニットは、正確な電圧制御とCPUとグラフィックスカードの高度なモニタリングを提供すると共に、オーバークロックパラメーターを調整してパフォーマンスを最適化します。

      総合的なエネルギー効率の向上

      Energy Processing Unit (EPU)を使用すると、システム全体の電力をリアルタイムで節約することができます。EPUは、ハードウェアの要求に応じて消費電力を自動的に検出して調整するので、マシンの性能を犠牲にすることなく電力を節約できます。

      空冷/水冷に両対応した柔軟なコントロール

      Prime X299 Edition 30では、FanXpert 4またはUEFI経由でファンを包括的に制御できます。空冷・水冷を問わず、 Auto-Tuningでは、ワンクリックですべてのパラメータをインテリジェントに設定します。Extreme Quietモードでは、すべてのファンの速度をデフォルトの最小値未満に抑え、軽いタスクの実行時にはシステムの静寂性を保つことができます。

      精密なデジタル電源制御

      Digi+は、電圧低下、スイッチング周波数、および電力効率の各設定をリアルタイムでコントロールし、CPU電圧を微調整することで究極の安定性と性能を実現します。

      あらゆるアプリケーション向けにコア単位のパフォーマンスの最適化

      Intelの最新のXシリーズプロセッサは、コア単位のチューニングを備えています。ASUS Turbo Coreアプリケーションでは、この機能を利用して特定のプロセッサコアにアプリケーションを割り当てることが可能なので、必要に応じて処理能力に優先順位を付けることができます。

      UEFI BIOS

      UEFI BIOSは、リグの設定、調整、調整に必要なすべてを提供します。 PC DIYの初心者向けのインテリジェントに簡素化されたオプションと、ベテラン向けの包括的な機能を提供します

      繊細な調整に対応する高度なチューニング

      ゲーミングマシンの調整をより深く行う準備ができたら、トータルコントロールに対応したアドバンスモードを使用します。各セクションは直感的に操作できるよう整理されており、組み込みの検索機能により、必要なオプションを簡単に見つけることができます。アドバンスモードの各機能はインテリジェンスに設計されているため、思うままに調整することが可能で、パラメータを設定すれば、それに必要なだけのパフォーマンスを発揮させることができます。

      予測機能
      AI Overclockingが、温度、ファン速度、パワードローといったシステムのバイタルを監視し、オーバークロッキングパフォーマンスを推定します。

      AI Overclocking ガイド
      AI Overclockingガイドでは、AI Overclockingの起動やクイックガイドの閲覧を行えます。

      検索機能
      探しているオプションや設定を素早く簡単に見つけることができます。

      ASUSユーザープロフィール
      BIOSの異なるバージョン間で設定の引き継ぎを行ったり、他のユーザーと設定を共有したりすることができます。

      セットアップを簡単に実行

      EZモードは、簡単なセットアップを目的として設計されており、重要な設定と統計情報を1ページに表示します。ガイド付きウィザードやドラッグアンドドロップ機能により、複雑なタスクの手間を省き、重要な設定をワンクリックで適用できる利便性でマシンを即座に調整して起動することができます。

      AI オーバークロック
      ショートカットからAI Overclockingのインテリジェンスを有効にします。

      直感的なグラフィカルファンコントロール
      マウスで曲線をドラッグするだけで、個々のファンを微調整できます。

      EZ XMP
      ワンクリックでDRAM性能を向上させます。

      Aura オン/オフ モード (ステルス)
      Aura RGBライティングまたはすべてのオンボードLEDを即座に有効/無効に切り替えて、ステルスモードに移行可能です。

      大きな違いをもたらす細やかな配慮

      点滅するユーティリティのUEFIへの直接統合からファームウェア更新の簡易化やシステムのバイタルサインの表示まで、全般的なエクスペリエンスを改善するあらゆる細部にまで細心の注意を払っています。Prime X299 Edition 30は、ビルドをパーソナライズして最適な状態を維持するのに必要なツールを備えています。

      プリマウントI/Oシールド

      間違えることなくセットアップ完了

      ROGシリーズで初めて採用されたプリマウントI/Oシールドではフォームが機能に対応します。Prime X299 Edition 30で利用可能なこの機能により、初心者ビルダーも経験豊富なベテランも同様にインストールプロセスを合理化できます。

      FlexKey

      多目的ボタン

      FlexKeyは、めったに使用されないリセットボタンに別の機能を割り当てられます。このボタンに従来の機能を設定しておく代わりに、パフォーマンスプロファイルの変更、UEFIの直接起動、Aura Syncライティングの切り替えなどの機能を再度割り当てることができます。

      BIOS FlashBack™

      CPUとDRAMを使わずにBIOSをアップデート

      Prime X299 Edition 30はUSB BIOS Flashback®をサポートしており、電源と必要なファイルの入ったUSBスティックのみ使用して低レベルのファームウェアアップデートを実行できます。

      ASUSノード

      常に先行するヘッダー

      ASUSノードは、ASUSマザーボードが他のシステムのコンポーネントと通信可能な専用の双方向インターフェイスであり、システムビルダーに様々な新しいオプションをもたらします。


      美しく力強いサウンドを生み出すRealtekコーデックと独自の設計

      Prime X299 Edition 30は、Realtekとの緊密な連携の下に設計された独自のオーディオコーデック「Realtek S1220A」を採用しています。ステレオのライン出力で前例のない120dBの信号対雑音比(SNR)、ライン入力で113dBのSNRを備えており、純粋なオーディオ品質を実現しています。さらに、新たなインピーダンス検出回路によって自動的にゲインを調整し、ヘッドフォンに最適なボリューム範囲を確保します。

      DTS:X® Ultraは、空間オーディオ機能の追加により、ヘッドフォンとスピーカーを高めてゲーミング、VR、拡張現実体験を強化します。DTS:X Ultraは、チャンネル、シーン、オブジェクトに基づいたサウンドをサポートし、対応するコンテンツ内で瞬時にさらに深く没入可能になります。また、DTS®コーデック向けに後処理の強化やデバイスレベルのチューニングも備えています。


      ゲームへの没入感を高める完璧なオーディオ

      高力率プリレギュレータ

      電源入力のノイズを低減し安定した性能を確保します。

      デジタルノイズの影響を最低限に抑制

      アナログ/デジタル信号を分離し、左右のチャンネル間で発生する信号の干渉を著しく削減

      左チャンネルと右チャンネルをレイヤーで分離

      オーディオパス間のクロストークを最小限にすることを保証

      統合されたアンプ

      高周波数または低周波数が欠落することなく、インピーダンスが高いヘッドフォンを利用することが可能

      De-pop サーキット

      すべてのオーディオ出力において起動時のポップノイズを低減します。

      プレミアム品質の国産オーディオ

      プレミアムの部品が特徴的な没入型のサウンドを例外なく忠実に提供

      LiveDash OLED

      一目でシステム情報を確認

      Prime X299 Edition 30には、マザーボードの中心を占める2インチのLiveDash OLEDがあります。クロック速度、温度、電圧のような重要なシステム統計情報をわかりやすく表示できるように配置されています。パーソナライズをさらに楽しめるように、テキストやアニメーションGIFなどのカスタムイメージを簡単に追加できます。

      Aura Sync

      Outshine the competition

      十分に調整されたパワーユーザーのシステムは、それに相応する美しさを伴います。ASUS Auraは、内蔵RGB LEDに関する様々な機能プリセットを搭載したフルRGBライティングコントロールを備えており、増え続けるAura対応のASUSハードウェアとすべて同期可能です。ボードには、標準の4ピンRGBストリップ*用のデュアルヘッダーに加えて、新しいアドレサブルGen 2 RGBストリップ**とデバイス用にさらに2つのヘッダーを備えています。

      詳細 >
      • Static 常に点灯
      • Breathing フェードイン/アウト
      • Strobing 点滅
      • Rainbow 虹色に点灯
      • Color cycle 色を変化させて点灯
      • Starry night 星のように点滅
      • Music effect 音楽に合わせて点滅
      • CPU temperature Smart

      * Aura RGBストリップヘッダーは、最大定格3A(12V)の5050タイプのRGB LEDストリップに対応しています。輝度を最大にするには、ストリップの長さは3m以下である必要があります。

      ** アドレサブルRGBヘッダーは、WS2812BのアドレサブルRGB LEDストリップ(5V/Data/Ground)をサポートしており、最大出力定格3A(5V)で60個までのLEDに対応します。

      アドレサブルGen 2 RGBヘッダー

      Prime X299 Edition 30は、アドレサブルGen 2 RGBヘッダーを備えています。第2世代のアドレサブルRGBデバイスのLED数が検出可能になることで、ソフトウェアが特定のデバイスに対して自動的にライティングエフェクトを調整できます。この新しいヘッダーは、既存のAura RGB機器との後方互換性も備えています。

      Armoury Crate

      Armoury Crateは、サポートしている製品をユーザーが集中制御できるように設計された、新しいソフトウェアユーティリティです。Armoury Crateでは、直感的に操作できる単一のインターフェイスから、システム内のあらゆる対応デバイスのRGBライティングとエフェクトを簡単にカスタマイズできます。このソフトウェアでは、キーボードやマウスの設定など、あらゆるASUS製品の設定の制御も行えます。Armoury Crateは、専用の製品登録機能やハイライトを備えており、ASUSコミュニティの最新情報を入手することができます。


      • AURA SYNC

      • ドライバーとマニュアルのダウンロード

      • SMART CONTROL CONSOLE

      • アカウント管理

      Smart Control Console

      AIのコンパニオン

      Smart Control Consoleは、USB経由で接続する外部モジュールです。モニター上部に適切に配置可能なスタンドを備えており、統合されたOLEDはオンボードのLiveDashとは別に制御できます。720p IR Webカメラにより、生体認証機能であるWindows Helloによるフェイスログインにモジュールが対応できます。また、動作の追跡も可能なので、ジェスチャーベースのコントロールにより、スクロールやドラッグといった基本的な機能の命令を行えます。統合されたアレイマイクにより、CortanaとAlexaの音声認識のサポートが向上します。3つの個別の音声コマンドを用いて、CPUの電圧やファンのRPMの起動をPCに命令できます。


      • LiveDash

        OLED
      • 720p

        IR Webカメラ
      • ジェスチャー

        コントロール
      • 音声

        コマンド

      Intel Optane memory ready

      Intel Optane™は、Prime X299 Edition 30がサポートする画期的な不揮発性メモリテクノロジーです。Intel Optaneメモリモジュールは、接続したストレージを高速化してブート時間とロード時間を短縮するので、あらゆる処理の速度とレスポンスが向上します。
      詳細

      Intel X299 チップセット

      Intel X299チップセットは、LGA 2066ソケットIntel Core Xシリーズプロセッサをサポートしています。シリアルポイントツーポイントリンクの活用により性能が向上し、帯域幅と安全性の向上を実現します。さらに、X299は、より高速なデータ取得のために、最大10個のUSB 3.2 Gen 1ポート、8つのSATA 6 Gbpsポート、最大32 Gbps M.2をサポートしています

      Intel® LGA 2066 ソケット Intel® Core™ X-series プロセッサ

      Intel Core Xシリーズプロセッサ(6コア以上):4チャンネル(8つのDIMM)、44のPCI Express 3.0/2.0レーン