ROG RAMPAGE VI APEX

    ROG RAMPAGE VI APEX

    オーバークロッカーの要望に応える特別仕様のIntel X299 EATXマザーボード

    • Intel® Core™ Xシリーズプロセッサファミリー: 最新のCPUソケット「LGA2066」に対応
    • 4500MHz以上で動作可能なデュアルチャンネルDDR4/4133MHz以上で動作可能なクアッドチャンネルDDR4(O.C.)をサポート: スムーズかつ高速なパフォーマンス実現のためにメモリを最大限に利用。
    • パフォーマンスを追求した設計: 合理化されたレイアウトによってあらゆる限界を突破。
    • デュアル ROG DIMM.2: ファン取り付けキット付きの2枚のデュアルM.2拡張カード - キットを使用すれば、スロットリング防止用のファンを取り付けることができます。
    • X形PCB: ユニークな切り欠きによるAura Syncライティングの透過。
    • Aura Sync RGB LED:驚異的な同期効果と2つのAura 4ピンRGBストリップヘッダー。
    • カスタマイズ可能な光るネームプレート: 自分だけのボード、自分だけのシンボル。
    • オーバークロッカー用ツールキット: オーバークロッキングを支援するハードウェアレベル制御。
    • 結露検知: 氷点下冷却用のオンボード結露検知回路。
    • ROG Water Cooling Zone:流量および温度用のオンボードプローブヘッダーにより、システムにとって重要な水冷サーモスタットのモニターが可能。
    • 快適なゲーム環境の追求: 5-Way Optimization、SupremeFXオーディオ、Intelギガビット・イーサネット。
    • 優れた保護機能: SafeSlot、SafeDIMM、プレミアムコンポーネントにより高い耐久性を実現。

    コアユーザー向けのEXTREME OCボード

    ROGエンジニアにより巧妙にカスタマイズされ、世界トップクラスのオーバークロッカーによって完璧にチューニングされたRampage VI Apexは、パフォーマンス記録を破るために作られた専用ボードです。最適化された4-DIMMメモリトレースレイアウト、M.2 SSDを確実に冷却する革新的なデュアルDIMM.2モジュール、Aura RGBライティングにより巧みにアクセントが付けられた独特のX形PCBを特徴とするApexは、妥協を許さないエンジニアリングとラジカルな外観が融合した製品です。Rampage VI Apexで次のショーケースモデルをビルドし、X299プラットフォームのパフォーマンスを限界まで引き出してください。

    play
    • 1 CMOSクリアボタン
      USB BIOS Flashback
    • 2 2x2 802.11ac Wi-Fi
    • 3 1 x PS/2 マウスポート
      1 x PS/2 キーボードポート
    • 4 Intel I219-V

      LANガード

      USB 3.1 Gen 2 ポート

      1 Type-A + 1 Type-C

    • 5

      10 x USB 3.1 Gen 1 ポート
      (4 @ mid-board)

    • 6 マルチGPU SLI/CFX 対応

      4 x PCIe 3.0 x16 SafeSlots (CPU)
      1 x PCIe 3.0 x4 slot (PCH)

    • 7 カスタマイズ可能な光るネームプレート
    • 8 SupremeFX S1220Aコーデック

      ・ フロント/リア用の高インピーダンス
      ・ 120dB SNRステレオ再生出力
      ・ 113dB SNR録音入力

    • 9 2 x AURA 4ピンRGBヘッダー
    • 10 デュアルCPU 8-PIN コネクター
    • 11 オーバークロッカー用ツールキット

      ・ Q-Code
      ・ LN2 モード
      ・ 結露検知LED
      ・ スローモードスイッチ
      ・ リトライボタン
      ・ セーフブートボタン
      ・ MemOK!ボタン
      ・ ProbeIt
      ・ PCIe スイッチ

    • 12 3Dプリント用マウント
    • 13 Intel Xシリーズプロセッサ用Intel LGA2066
    • 14 2 x DIMM.2 ソケット ( CPU+PCH )

      ・ 1 x M.2 2230~22110 (PCIe 3.0 x4 + SATA)
      ・ 3 x M.2 2230~22110 (PCIe 3.0 x4)

    • 15

      1 x USB 3.1 front panel コネクター

    • 16 DDR4 4500MHz+/Dual Channel
      DDR4 4133MHz+/Quad Channel

      ・ 4 x DIMM Quad/Dual Channel DDR4
      ・ XMPサポート
      ・ Safe DIMM スロット

    • 17 W_IN/OUT, W_Flowヘッダー
    • 18 Intel X299 チップセット
    • 19 6 x SATA 6G ポート
    • 20 5 x USB 2.0 ポート (3 @ mid-board)

    限界突破への挑戦

    世界記録の更新

    Rampage VI Apexは世界記録の更新を目標に作られたボードですが、すでにその目標は達成されています。その最適化されたレイアウト、高品質のコンポーネント、そして液体窒素(LN2)と液体ヘリウム(LHe)による氷点下での過酷な動作に耐えるその能力によって、Apexはすでに7つの世界記録を更新し、16の世界順位1位を獲得しています*。これらにはIntel Core i7の最高CPU周波数が含まれており、その値は4つのコアと8つのスレッドで7.562GHzです。つまり、このチップの標準周波数である4.3GHzに対して、一挙に75.87%のオーバークロックを実現したことになります。

    * 世界記録と世界順位1位はHWBOT.orgの2017年7月27日時点のものです。

    「APEXを使用することにより、ASUS ROGは、コンシューマボードに対するLN2-OC最適化を実現しました。これは、常時オーバークロッキングに最適なクロックも実現します。Skylake-X用の頼りになるボードです。」

    Roman “der8auer” Hartung

    オーバークロック
    世界ランキング6位

    * *ランキングはHWBOT.orgの2017年6月12日時点のものです。

    「このボードは『すべてを制するもの』です。ROGの特別なエンジニアリングのおかげで、コールドブートバグは発生しません。また、パフォーマンスの観点からも、Apexは現在購入できるマザーボードの中で最良のボードです。」

    Daniel “Dancop” Schier

    オーバークロック
    世界ランキング1位

    *ランキングはHWBOT.orgの2017年6月12日時点のものです。

    オーバークロッカー用ツールキット

    ハードウェアレベル制御

    Rampage VI Apexには、オーバークロッキングを支援するために、ハードウェアレベルの制御機能を持つオーバークロッカー用ツールキットが含まれています。マザーボードのデュアルBIOS機能を使用すれば異なるファームウェアバージョンを試すことができ、一方が破損した場合でも修復が可能です。また、オンボードスイッチによって、第1 BIOSと第2BIOSを簡単に変更することができます。オーバークロッカー用ツールキットには、システムを一時的に停止するためのポーズスイッチや、スロットを素早く切り替えるためのPCIeスイッチ(4個)も含まれています。その他のツールには、セーフブートボタンとリトライボタン、氷点下でのPOSTを助けるLN2ジャンパ、スローモードスイッチなどがあります。これらを組み合わせることによって、ユーザーによる新たな記録樹立を助けるために設計された、迅速かつ容易に使用できる時間短縮のためのツールが構成されています。

    1. QLED

      現在のブート状態を示す4個のLEDです。

    2. LN2モードジャンパ

      液体窒素(LN2)を使用したオーバークロッキング用の特別なオプションと機能を有効にするジャンパです。

    3. スローモードスイッチ*

      注意を要するベンチマーク経路をバイパスするために、CPU速度を直ちに1/8まで低下させます。

    4. 停止スイッチ*

      ベンチマークの途中でシステムを一時停止させ、OCパラメータを微調整するために使用します。

    5. リトライボタン

      このボタンを押すと、ただちにハードウェアリセットが開始されます。

    6. セーフブートボタン

      ただちにPCをリセットして、セーフモードで直接ブートします。

    7. PROBEIT

      内蔵測定ポイントを介して電圧をチェックします。

    8. PCIE スイッチ

      デバッグを容易にするために、4個あるx16 PCIeスロットを個別に有効または無効にするスイッチです(4個)。

    9. MEMOK!

      ただちにメモリ設定を再調整して、ブートが確実に行われるようにします。

    10. BIOS スイッチ (デュアルBIOS)

      BIOS 1と2を迅速かつ簡単に切替えることができます。

    11. *スローモードスイッチとポーズスイッチを使用するには、LN2モードを有効にする必要があります。

    結露検知

    Rampage VI Apexの裏面に結露が発生した場合は、専用回路でこれを検知できます。CPU、DRAM_L、DRAM_R、PCIeの4つの個別セクションに分かれており、あるエリアに短絡の危険が存在する時には、有効な警告を発することができます。

    • CPU LED

      CPU周辺に結露が検知されると点灯します。
    • DRAM LEDs

      左右のDRAM周辺に結露が検知されると点灯します。
    • PCIE LED

      PCIe周辺に結露が検知されると点灯します。

    最適化されたトレースレイアウト

    複雑かつ革新的なエンジニアリングの組み合わせによるトレースレイアウトが、Rampage VI Apexの高いパフォーマンスを実現しています。1チャンネルに1つのDIMMスロットを割り当てることで、トレース距離を短縮することが可能になりました。これは、より厳密にインピーダンスを制御し、信号干渉の可能性を減らせることを意味します。また、エンジニアリング優先の方針を採用して集積回路の数を減らし、考え得る最良のトレースルーティングを可能にしました。その結果、マザーボードの安定性が向上して、より多くのオーバークロッキングヘッドルームが確保され、既存のメモリキットから最良のパフォーマンスを得ることが可能になりました。

    高いメモリ耐性

    ROGのエンジニアはEATXマザーボードに4スロットのメモリデザインを採用し、メモリトレース経路のレイアウトを高度に最適化して、ノイズを最小限に抑えるとともに、シグナルインテグリティを改善することを可能にしました。Rampage VI Apexは、DDR4オーバークロッキングにより、デュアルチャンネルモードで最大4500MHz以上、4個のDIMMによりクアッドチャンネルモードで4133MHz以上の速度を実現します。また、ROGは主要なすべてのDDR4メモリベンダーと協力関係にあり、最大限の互換性と実用性能を保証しています。

    Extreme Engine Digi+を使用した
    ASUS PRO Clock II技術

    専用のベースクロックジェネレーターがCPUとメモリのオーバークロックマージンを拡張します。このカスタムソリューションはTPUとの連携で、電圧とベースクロックのオーバークロック制御を強化し、Intel® Core™ Xシリーズプロセッサが持つすべての性能を引き出すと共にユーザーの求める調整に柔軟に応えます。もちろん、Rampage VI Apexには、高く評価されているROGのデジタル電源コントローラ、Extreme Engine Digi+が組み込まれています。Digi+ PWMコントローラ、PowlRstage® IR3555 MOSFET、MicroFine Alloy Choke、10K Black Metallic Capacitorを使用するExtreme Engine Digi+技術は、常に安定した電力を供給します。

    4x

    FASTER

    BCLKレンジ

    • OC

      470MHz

    • デフォルト

      100MHz
    *BCLKのオーバークロッキングレンジは、CPUの能力、冷却、マザーボードサポート、チューニングオプションによって異なります。
    CPU : Intel LGA 2066 i7-7740X | マザーボード : Prime X299-Deluxe | DRAM : G.Skill F4-3200C16Q-16GRKD | 電源 : Corsair AX1500i | 水冷システム : Corsair H115i

    ASUS Pro Clock IIの特長:

    • 起動時間の短縮
    • 高度なオーバークロックのための極限環境でのジッター低減
    • 過剰なオーバークロック時の安定性の向上
    • MicroFine alloy chokes

      大電流での安定性と効率の向上
      • 3x
        緻密さ
      • 31%高い冷却
        効率
      • 75%ヒステリシス
        低減
    • 10K日本製ブラックメタル
      コンデンサ


      • 5x長寿命
      • 20%優れた
        極限温度への耐性
    • POWLRSTAGE ®
      IR3555 MOSFETS


      • 効率
      • 低電力損失
      • 低温
      • 寿命

    innovations

    デュアル ROG DIMM.2

    Rampage VI Apexには、合計で4つのPCIe 3.0 x4 M.2 SSDをサポートするために、2つのROG DIMM.2モジュールが組み込まれています。ROG DIMM.2は既存の広範なメモリクーラーをサポートしており、Rampage VI Apexは2つのファンマウントを備えています。このファンマウントには2台の50mmファンか1台の80mmファンを取り付けることができるので、M.2ドライブを容易に冷却することができます。各モジュールは、温度レポート用に1対のオンボードサーマルセンサーヘッダーを備えており、Fan Xpert 4ソフトウェアまたはASUS UEFIを介して、ファンの回転数と音を制御することができます。最後に、各モジュールには、ASUSのAuraソフトウェアを介して制御可能なオンボードRGB LEDが取り付けられており、さまざまなライティング効果によってビルドにアクセントをつけるためのオプションが追加されています。

    • 1
    • 2
    • ROG DIMM.2 拡張カード

      X2
    • 2つのファンマウントを装備

    RAID & VROC

    • 1
    • 2
    • VROC

      CPU_DIMM.2拡張カードを使い、RAID内の2つのM.2ドライブを接続することによって、IntelのVirtual RAID on CPU(VROC)機能*の利点を生かすことができます。あるいは、最大4つのPCIe® 3.0 x4 M.2ドライブと最大128Gbpsの合計帯域幅に対してASUS Hyper M.2 X16カード**を増設することによって、ストレージの性能を最大限まで向上させることができます。VROCを使用すると、RAIDアレイを簡単にブータブルアレイとして構成可能で、従来のDMIによるボトルネックを解消できるので、ストレージが他のトラフィックによって制約されることがなくなります。

      *Intel VROCのハードウェアキーを追加購入するには、RAID 1、5、または10が必要です。
      **Hyper M.2 X16 Card は別売りです
      Hyper M.2 x16 Card
    • PCH RAID

      X299 PCHに直接配線されたPCH_DIMM.2モジュールをインストールして、チップセットベースのRAID構成を有効にし、ストレージ性能を強化したり、冗長層を追加したりすることができます。

    VRM と I/O ヒートシンク

    コア数の多い最新のIntel Core i7およびi9 CPUは大量の電力を消費するので、Rampage VI Apexには本格的なVRM冷却機能が組み込まれています。ヒートパイプを介してI/Oカバーに接続された大容量のフィン付きヒートシンクは、その広い表面積から効率的に熱を放出します。また、プラットフォームの性能を限界まで引き出したいと考えるコアユーザー向けに、エアフローを加速するためのファン取り付けに使用できるブラケットも含まれています。

    * ファンは別売りです

    ROG WATERCOOLING ZONE

    ROGの革新的なWater-Cooling Zoneは、かつてない冷却システム用モニタリング機能を実現します。ROG Water-Cooling Zoneのデュアル水温ヘッダーと流量ヘッダーは、AI Suiteユーティリティに情報を直接提供するので、流量とクーラント温度を常時モニターすることができます。

    INTEL OPTANE MEMORY READY

    Intel® Optane™メモリ*は、Rampage VI Apexがサポートする革命的な不揮発メモリ技術です。劇的に向上したデータ転送速度を提供するOptaneメモリモジュールを使用すれば、従来の機械式ハードドライブを補完して、ストレージ性能を向上させることができます。

    *Intel® Xシリーズプロセッサ、ドライバ、およびBIOSアップデートによって使用可能になります。PCH_DIMM.2でのみ使用可能

    USB 3.1 Gen 2 Type-A & Type-C

    搭載のUSB 3.1により10GBPSという究極の速度を実現

    搭載のUSB 3.1により10GBPSという究極の速度を実現

    CUSTOMIZATION

    OUTSHINE THE COMPETITION

    付属ソフトで光の色を自由に変更できます。淡く明滅させたり、CPUの温度に応じて色を変えさせたりすることもでき、マザーボードをよりスタイリッシュに演出することが可能です。また、5050タイプのLEDテープに対応するピンヘッダを2つマザーボード上に搭載しており、市販のLEDテープを接続すれば、PC全体をLEDテープでデコレーションすることができます。

    • Static Static
      常に点灯
    • Breathing Breathing
      フェードイン/アウト
    • Strobing Strobing
      点滅
    • Rainbow Rainbow
      虹色に点灯
    • Color cycle Color cycle
      色を変化させて点灯
    • Comet Comet
      流れ星のように点滅
    • Flash & dash Flash & dash
      単色でステップ点滅
    • Wave Wave
      波のように点滅
    • Glowing Yo Yo Glowing Yo Yo
      ヨーヨーのように点滅
    • Starry night Starry night
      星のように点滅
    • Music effect Music effect
      音楽に合わせて明滅
    • CPU temperature CPU Temperature
      CPU温度で色を変更


    * Aura RGBストリップヘッダーは、最大定格2A(12V)の5050タイプのRGB LEDストリップに対応しています。輝度を最大にするには、ストリップの長さは3m以下である必要があります。
    ** 延長ケーブルが1本付属します。RGB LEDストリップは別途購入する必要があります。
    * Aura RGBストリップヘッダーは、最大定格2A(12V)の5050タイプのRGB LEDストリップに対応しています。輝度を最大にするには、ストリップの長さは3m以下である必要があります。
    ** 延長ケーブルが1本付属します。RGB LEDストリップは別途購入する必要があります。

    ライティングの無限の可能性

    ASUS Aura SDKを使用すると、Aura Sync対応PCギアの力を最大限に引き出すことが可能です。システム内部の照明から周辺機器に至るまで、SDKはゲームやソフトウェアをRGBライティングで強化するための進化したツールを提供します。ゲームのエフェクトやアラート、オーディオはすべてAuraに対応したハードウェア上に描くことができ、アクションを補強するための繊細で、華やかなビジュアルキューを作成できます。コアユーザー向けにPCの状態を監視する新しい方法として、温度などのシステムパラメータをライティングで表現することも可能です。

    AURA SYNC products

    カスタマイズ可能な光るネームプレート

    同梱されているDIYキットを使ってネームプレートをカスタマイズすると、ユーザーのパーソナルマークをAura Syncライティングによるイルミネーションで飾ることができます。

    *ここでは、あらかじめカットされたROGロゴを例として示していますが、内容は簡単にカスタマイズできます。
    **デフォルトでは、カスタマイズしたネームプレート用のLEDは、LIGHT_BAR_1ジャンパにより無効になっています。LEDを有効にするにはジャンパ位置を切り替えてください。
    • DIY KIT

      ブラックマイラー×3

      保護フィルム付きネームプレート

    • 切る

      カッターナイフを使ってブラックマイラーをカット

      download

      テキストファイルをダウンロード

    • テープ

      カスタムネームプレートの保護フィルムをはがして、変更を加えたブラックステッカーを張り付けます。

    • 取り付け

      付属のネジを使って新しいネームプレートをボードに取り付けます。

    • play

      詳しいカスタマイズ方法を参照する

    X形PCB

    Rampage VI Apexは、非対称のX形回路基板とラジカルなライティングスキームによって他製品との差別化を図っています。ユニークなX形デザインが、よりシンプルでクリーンなケーブルルーティングを可能にし、特徴的なAura RBGバックライティングが、あなたのビルドを際立った存在にします。

    3Dプリント対応

    3Dプリントアクセサリー

    カスタムPCビルドではケースの内部まで観察されるため、3Dプリントアクセサリーを使うことで個性を演出することができます。

    2-WAY SLI HB ブリッジカバー
    SLI HB ブリッジのPCB基板に取り付けることで個性を演出できます。eATX, ATX, mATXの複数のフォームファクターに対応します。
    ファングリル
    一定のスタイルをビルドに追加します。
    ケーブルコーム
    マルチコネクターデザインでケーブルを整理します。3Dデザインファイルは、24ピン、8ピン、8+6ピン、6ピンおよび4ピンのPSUコネクタに対応しています。
    ROGフォント
    文字をプリントするには、ROGフォントファイルを使用してください。あなたの名前や任意のフレーズを追加して、ビルドを完全にカスタマイズすることができます。
    ROGキーチェーン
    3DキーチェーンでROGへの情熱を示しましょう。

    3Dプリント スターティングガイド

    以下の手順に従って独自の3Dパーツを作成し、あなたのPCビルドにシームレスに組み込みましょう。

    • ダウンロード

      任意の3Dソースファイルを選択してダウンロードします。

      download
    • パーソナライズ

      サイズや形状の調整、テキストの追加、またはその他の属性の変更を行います。

      play

      チュートリアルを見る

    • プリント

      個人のプリンタを使用するか、ローカルベンダーまたはShapeways内のASUSストアにアクセスします。ASUS store

      shapeways
    • セットアップ

      3Dプリントで製作したパーツを組み立てて取り付けます。

      play

      チュートリアルを見る

    experience

    5-Way Optimization

    ワンクリックで複雑なチューニングを自動設定します。5-Way Optimizationは PCビルドに合わせてカスタマイズされたオーバークロックと冷却の設定を提供し、自動的にシステム全体のチューニングを施します。

    ・ ユーザーそれぞれのシステム構成用に最適化されたオーバークロックおよび冷却プロファイルを提供する自動チューニングユーティリティ
    ・ 冷却ファンは日常的な用途では静粛性が保たれ、システムがCPUやGPUに多大な負荷をかけるタスクの実行中には最適なエアフローを提供します
    ・ ユーザーがCPUまたはメモリのワークロードを軸に最適化とオーバークロックを可能にする全く新しいストレステスト

    • TPU

    • EPU

    • FAN XPERT 4

    • DIGI+
      POWER CONTROL

    • TURBO CORE APP

    CPUパフォーマンスの向上

    ASUS AI Suite 3 ユーティリティを使用して、即座にPCを始動! TurboV プロセッシングユニットは、正確な電圧制御とCPUとグラフィックスカードの高度なモニタリングを提供すると共に、オーバークロックパラメーターを調整してパフォーマンスを最適化します。

    総合的なエネルギー効率の向上

    Energy Processing Unit(EPU)によって、システム全体の電力を節約できます。EPUは消費電力を自動的に調整し、アウェイモードでは消費電力を限界まで下げます。アウェイモードは、未使用のI/Oコントローラをシャットダウンすることによって、究極の省エネルギーを実現します。

    空冷/水冷に両対応した柔軟なコントロール

    ROG Rampage VI Apexeでは、Fan Expert 4またはUEFI BIOSを介して、冷却ファンからウォーターポンプ、オールインワン(AIO)クーラーに至るまで、包括的なコントロールが可能です。Auto-Tuningモードでは、空冷・水冷に依らず、ワンクリックですべてのパラメータをインテリジェントに設定することができます。一方、Extreme Quiet モードでは、すべてのファンのスピードがデフォルトの最小値以下に抑えられ、軽いタスクを実行するときにはシステムは完全な静粛性を獲得します。

    精密なデジタル電源制御

    Digi+は、電圧低下、スイッチング周波数、および電力効率の各設定をリアルタイムでコントロールし、CPU電圧を微調整することで究極の安定性と性能を実現します。

    あらゆるアプリケーション用のコア単位のパフォーマンス最適化

    Intelの最新プロセッサはコア単位のチューニング機能を備え、ASUS Turbo Coreアプリケーションでは、特定のプロセッサコアにアプリケーションを割り当てることが可能なため、必要に応じてPCの処理能力に優先順位を付けることができます。

    冷却設計

    Rampage VI Apexの特徴は、これまでにない包括的な冷却制御です。この制御は、Fan Xpert 4またはUEFI BIOSを介して設定できます。

    Rampage VI Extreme
    • Multiple temperature sources position
    • Water pump+ position
    • 4-pin PWM/DC fan position
    • Bundled Fan Extension Card position
    • Smart Protection position
    • Water in/out position
    • Water flow position
    • 複数の熱源

    • Water pump+

    • 4ピンPWM/DCファン

    • AIO pump

    • スマートプロテクション

    • ウォーター IN/OUT

    • ウォーターフロー

    • モニタリングする熱センサーを3つまでユーザーが設定可能で、各ヘッダーはそれに応じて作業負荷に基づいた冷却を実現します。すべては「Fan Xpert 4」またはUEFI BIOS経由で簡単に管理することができます。

    • 高性能なPWM/DCウォーターポンプ用に3A以上の電力を供給できる専用ヘッダー

      detail
    • 全オンボードヘッダーはPWM/DCファンの自動検出に対応しています。

      * W_PUMP+およびAIO PUMPもPWM/DCの制御に対応しています。
    • 自立型水冷セットアップ用の専用PWM/DCヘッダーです。

    • 過熱および過電流から各ファンヘッダーを保護する専用の集積回路

    • 任意のコンポーネントの入力/出力時の温度監視が可能

      detail
    • 水路全体の流量の常時監視を実現

      detail
    • A special connector that lets water clocks designed for the Rampage VI Extreme to provide flow, temp and leakage data.

    各種メディアから高い評価を得たUEFI BIOS

    スムーズで滑らかなマウス制御を可能としたグラフィカルBIOSには、更なる改良が施されました。PCの初心者でも、熟練のオーバークロッカーでも、EZモードとアドバンスモードを使い分けて、それぞれの求めるものを素早く簡単に見つけることができます。

    EZ Mode

    • EZ Tuning Wizard

      OCとRAID。ハードウェアを選択し、さまざまなシナリオを適用してシステムパフォーマンスを調整したり、RAID構成を合理化してデータの転送とバックアップを高速化したりすることができます。

    • 直感的なグラフィカルファンコントロール

      マウスで曲線をドラッグするだけで、個々のファンを微調整できます。

    • EZ XMP

      ワンクリックでDRAM性能を強化します。

    • SATA情報の表示

      デバイスを識別するためにSATAポートの詳細を簡単に表示します。

    • 日時設定

      UEFI BIOSの日時設定を簡単に行えます。

    ADVANCED モード

    • お気に入り機能

      よく使う項目をお気に入りに登録しておけば、簡単にその項目にアクセスできます

    • EZ Flash 3

      BIOSインターフェース上から、インターネット経由でBIOSを更新できます。

    • SMART

      ストレージデバイスのS.M.A.R.T(セルフモニタリング、分析、およびレポートテクノロジー)ログをチェックして、信頼性を評価し、潜在的な故障を特定します。

    • GPU POST

      マルチVGAの推奨構成と、選択したASUSグラフィックカードに関する詳細情報を表示します。

    • セキュアイレース

      SSDを工場出荷状態に初期化することができます。

    • 更新履歴の確認

      最後の変更を記録し、設定したプロファイルをUSBドライブに保存することができます。

    • SATAポートの名前変更

      簡単に識別できるようにSATAポートに名称を設定することができます。

    SupremeFX

    オンボード機能とは思えない高音質オーディオ機能

    Rampage VI Apexの素晴らしいSupremeFXオーディオテクノロジーは、ライン入力で113dB、ライン出力で120dBの優れた信号対雑音比の優れた音質を提供し、最高レベルの録音品質を実現しました。 また、SupremeFX S1220Aコーデックに安定した電力供給用の低ドロップアウト・レギュレータを追加しました。

    NETWORKING

    ethernet

    Intelイーサネット

    CPU負荷の低減とTCP & UDPの高スループット

    ROG Rampage VI Apexは、より高速でスムーズなゲーミングを楽しむために最新のIntel®イーサネット(I219-V)を搭載しています。Intelイーサネットコントローラは、プロセッサーおよびチップセットと連携してCPUのオーバーヘッドを削減し、TCP/UDPのスループットを大幅に向上します。これにより、マシンは、より大きな処理能力をゲームやタスクに割くことができます。

    CPU負荷の低減

    TCP & UDP 高スループット

    mimo mimo

    2x2 Wi-Fi with MU MIMO

    最大転送速度867MBPSのオンボードWi-Fi

    2x2デュアルバンド2.4/5GHzアンテナを使用する新たなレベルの802.11ac Wi-Fiは、最大867Mbps*の転送速度を実現し、最新のマルチユーザーMIMO(MU-MIMO)技術が、すべてのネットワーク利用ユーザー**に最高のワイヤレス速度とオンライン速度を約束します。

    * Actual speed varies, and Wi-Fi hotspot feature operates at 802.11a/b/g/n. Windows 10 does not currently support Wi-Fi hotspot functionality.
    **MU-MIMO対応のクライアントが必要です。

    LANガード

    スループットの向上と最高のサージ耐性

    LANGuardは、より安全で信頼性の高いゲーム用接続を提供します。先進的な信号結合技術と優れた表面実装プロセスの組み合わせがROG Rampage VI Apexの接続を保護し、電気的に保護されたコンポーネント(ESD Guards)は、1.9倍の静電気と2.5倍のサージ(最大15kV)に耐えることができます。

    1.9X HIGHER

    静電気耐性

    2.5X-GREATER

    過電圧耐性
    languard

    PROTECTION

    SafeSLOt

    SafeSLOt

    SafeSlotは、ASUS独自設計の改良型PCIeスロットで、優れた保持力と剪断抵抗を持ちます。単一工程の新しいインサート成形プロセスで製造された本スロットは、板金補強によって高い強度得ており、追加のはんだ付けポイントによってマザーボードにしっかりと固定されています。

    *特許出願中
    SafeDIMM

    SafeDIMM

    SafeDIMMスロットは、従来のDIMMスロットよりも高い耐久性を実現する金属製のキーピンが特徴です。


    ESD Guards

    2X greater

    ESD GuardsはUSB、オーディオ、LANポートをカバーします。


    TrueVolt USB

    2 dedicated

    USB電源は、すべてのUSBポートに5Vの安定した電圧を供給し、電源の変動とデータ損失のリスクを最小限に抑えます。


    Q-connector

    1 piece

    すべてのフロントパネルケーブルを簡単に接続することができます。


    Q-Slot

    1 clip

    グラフィックスカードの交換や固定が容易です。


    Q-DIMM

    1 sided

    片側スライドクリップでメモリモジュールの取り扱いはシンプルかつ安全です。

    DRAM
    過電流保護

    1 additional

    リセッタブルヒューズが接続ポートとDRAMを過電流および短絡による損傷から保護します。

    ブラックニケルコーティングQシールド

    0 pain!

    バックパネルによる切り傷やけがから手を守ります。


    GIVE you more

    Overwolf

    インゲームドック

    Overwolfはゲーム画面上に表示される機能的なオーバーレイで、ゲームを中断することなくインターネット、電子メール、インスタントメッセージング、ストリーミング、ゲームプレイの録画といった各種機能をが利用可能です。 あなたがエリートパックのメンバーであることを示すカラーマッチしたROGスキンも、Overwolf App Storeからダウンロードできます。

    • In-game dock

    • In-game calling

    • Multi-IM support

    • 5 customizable apps

    • 0 missed calls during gaming

    • 5+ clients in a single interface

    ROG Clone Drive

    ドライブをコピーするスマートな方法

    まったく新しい「ROG Clone Drive」は、ハードディスクドライブやSSDのデータを迅速かつ効率的に複製する、スマートで便利なクローニングソリューションです。Clone Driveは非常にスマートで、1つのドライブを2つのターゲットドライブに同時にクローンしたり、ディスクから任意のファイルを高速でイメージングしたりすることもできます。

    RAMCache II

    ゲームのローディングを高速化

    ROGのユニークでインテリジェントなテクノロジーは、ストレージデバイス全体を効率的にキャッシュして、好きなゲームやアプリが瞬時に起動することを可能としました。RAMCacheは、ゲームのローディング時間をミリ秒単位からマイクロ秒単位という驚異的な次元まで短縮します。

    すべてのストレージデバイスを自動的にキャッシュして、システムのキャッシングリソースを最適に使用します。

    and.. more

    • AI Suite 3

      各種機能を1つに統合した統合ツールアプリ

    • ROG CPU-Z

      重要なシステム情報を表示

    • Mem TweakIt

      ダイナミックタイミングモニタリング、DRAM効率ゲージ

    • RAMDisk

      ジャンクション機能でSSDよりも最大20倍速く、アプリケーションをブーストします。

    • Kaspersky® Anti-Virus (1年間)

      定評のあるウイルス対策アプリ

    • DAEMON Tools プロスタンダード(1年間)

      光学ドライブを仮想化するアプリ

    • PC Cleaner

      クリックするだけでPCを高速化

    Beyond VR READY

    ROG Rampage VI Apex は「VR Ready」の更に先を行きます。ASUS ROG Beyond VR Ready Marqueは、ROG Crosshair VI Heroが多数のトップクラスのコンポーネントとの組み合わせでテストされ、VRヘッドセットを使用しない時でも、ゲーム、エンターテインメント、ビジネスのニーズに応えられるよう最大限の調整が施されていることを意味します。 ASUS Beyond VR Readyは、自信を持ってあなたの夢のシステムを構築する新しい方法を提供します。

    The Power of Intel

    Intel® X299 チップセット

    Intel X299チップセットは、LGA 2066ソケット Intel Core Xシリーズプロセッサをサポートしています。シリアルポイントツーポイントリンクを利用してパフォーマンスを向上させ、帯域幅と安定性が向上します。さらに、X299は最大10個のUSB 3.1 Gen 1ポート、8個のSATA 6Gbpsポート、32Gbps M.2サポートします。

    Intel® LGA 2066 (R4) ソケット Intel® Core™ X-series プロセッサ

    Intel Core X-Series プロセッサー (6 core above): 4-チャンネル(8-DIMM), 44/28 PCI Express 3.0/2.0 レーン。Intel Core X-Series プロセッサー (4 core): 2-チャンネル (4-DIMM), 16 PCI Express 3.0/2.0 レーン