ROG RAMPAGE VI EXTREME

    ROG RAMPAGE VI EXTREME

    トリプルM.2、10G LAN採用で圧倒的なスピードを誇るIntel X299搭載型EATXゲーミングマザーボード

    • Intel® Core™ Xシリーズプロセッサファミリー: 最新のCPUソケット「LGA2066」に対応
    • クアッドチャネルDDR4(OC)対応
    • 超高速10Gbpsネットワークで10倍のデータ転送速度を実現し、802.11ad Wi-Fiをサポート
    • シンクロしたRGB LEDイルミネーション: Aura Syncを搭載し、対応するPCギアやアドレサブルLEDストリップで多彩なイルミネーションを実現します。
    • ROG DIMM.2: Dual M.2拡張カードによりスロットリングを防止する冷却ファンを使用可能です。
    • 5-Way Optimization: PCビルドに合わせてカスタマイズされたオーバークロックと冷却の設定を提供し、自動的にシステム全体のチューニングを施します。
    • LiveDash OLED: カスタマイズ可能な液晶パネルにシステム情報やオリジナルのロゴを表示することができます。
    • ゲーミングオーディオ: SupremeFXとSonic Studio IIIの組合せにより、シーンに奥行きをもたせ、没入感を向上します。
    • ゲーミング仕様の耐久性: SafeSlotと厳選されたプレミアムコンポーネントによって高い耐久性を実現しています。
    Product Image
    Rampage VI Extreme key visual Rampage VI Extreme key visual_light

    最先端の仕様、インテリジェントな冷却機構、工夫を凝らした美しいフォルム: Rampage VI Extremeは、Intel X299プラットフォームのすべてを支配することで驚異的なパフォーマンスをもたらします。これこそが本物のフラグシップ・マザーボードです。

    Watch The Video

    1. プリマウントI/Oシールド
    2. CMOSクリアボタン
    3. BIOS フラッシュバックボタン
    4. 2x2 MU-MIMO 802.11AC Wi-Fi
    5. 1x1 802.11AD Wi-Fi
    6. Aquantia AQC-107 イーサネット
    7. Intel I219-V イーサネット LANガード
      GameFirst IV
    8. USB 3.1 Gen 2 (Type A + Type C) 12 x USB 3.1 Gen 1ポート (4 at front)
      2 x USB 2.0 ポート
    9. LiveDash OLED
    10. LEDイルミネーションオーディオジャック
    11. 4 x PCIe 3.0 x16 SafeSlots (CPU)
      1 x PCIe 3.0 x4 slot (PCH)
    12. インジウムメッキ済みROGアーマー
    13. SupremeFX S1220 コーデック ・ ESS® SABRE9018Q2C高精細DAC/AMP
      ・ フロント/リア用の高インピーダンス
      ・ 120dB SNRステレオ再生出力
      ・ 113dB SNR録音入力
      Sonic Studio III ・ Sonic Studio Link Sonic Radar III
    14. 2x RGBヘッダー
    15. ROG DIMM.2 ソケット ・ 2 x M.2 2230-22110 (PCIE)
    16. Intel Core™ i9 Xシリーズプロセッサ
      79xx, 78xx用CPUソケットLGA2066
    17. DDR4 4200MHz+ (OC) ・ 8 DIMM クアッドチャネル
      ・ XMPサポート
    18. USB 3.1 フロントパネルコネクタ―
    19. Intel X299 チップセット
    20. 6 x SATA 6G ポート
    21. 1 x M.2 ソケット 3 Type M 2242~2280(PCIe 3.0 x4 + SATA)
    22. 1 x U.2 コネクター
    23. W_IN/OUT, W_Flowヘッダー
    24. 1 x アドレサブルRGBヘッダー

    LEADINGCUSTOMIZATION

    Outshine the competition

    付属ソフトで光の色を自由に変更できます。淡く明滅させたり、CPUの温度に応じて色を変えさせたりすることもでき、マザーボードをよりスタイリッシュに演出することが可能です。また、5050タイプのLEDテープに対応するピンヘッダをマザーボード上に搭載しており、市販のLEDテープを接続すれば、PC全体をLEDテープでデコレーションすることができます。

    • Static 常に点灯
    • Breathing フェードイン/アウト
    • Strobing 点滅
    • Rainbow 虹色に点灯
    • Color cycle 色を変化させて点灯
    • Comet 流れ星のように点滅
    • Flash & dash 単色でステップ点滅
    • Wave 波のように点滅
    • Glowing Yo Yo ヨーヨーのように点滅
    • Starry night 星のように点滅
    • Music effect 音楽に合わせて点滅
    • CPU temperature CPU温度で色を変更


    RGBヘッダー

    完成されたRGBライティング

    Rampage VI Extremeは、オンボードの5050 RGBヘッダー2基と、RGBライティングに対応したLEDストリップや冷却ファン、クーラー、PCケースを接続可能なアドレサブルヘッダー1基を備え、全く新しいLEDイルミネーションを実現します。

    **アドレサブルRGBヘッダーはWS2812BアドレサブルRGBLEDストリップ(5V/Data/Ground)をサポートします。 輝度を最大にするには、最大3A(5V)の電源とストリップに実装されたLEDが60個以下である必要があります。
    * Aura RGBストリップヘッダーは、最大定格3A(12V)の5050タイプのRGB LEDストリップに対応しています。輝度を最大にするには、ストリップの長さは3m以下である必要があります。
    **RGBとアドレサブルRGB LED延長ケーブルが付属しています。LEDストリップとAura Sync対応製品は別売りです。

    RGB Headers focus
    • 4ピンRGBヘッダー

    • 4ピンRGBヘッダー

    • アドレサブルRGBヘッダー

    AURAライティングコントロール

    進化を遂げたASUS Auraは、これまで以上に扱いやすくなりました。

    UI 1

    AuraはRGBカラーコードに対応しており、セットアップは簡単です。

    UI 2

    '温度閾値を設定することで、RGBライティングによってCPUとGPUの温度を確認することができます。

    ライティングの無限の可能性

    ASUS Aura SDKを使用すると、Aura Sync対応PCギアの力を最大限に引き出すことが可能です。システム内部の照明から周辺機器に至るまで、SDKはゲームやソフトウェアをRGBライティングで強化するための進化したツールを提供します。ゲームのエフェクトやアラート、オーディオはすべてAuraに対応したハードウェア上に描くことができ、アクションを補強するための繊細で、華やかなビジュアルキューを作成できます。コアユーザー向けにPCの状態を監視する新しい方法として、温度などのシステムパラメータをライティングで表現することも可能です。

    *Aura SDKに関する詳細はAura SDKサイトをご確認ください。Aura SDK.

    AURA SYNC products

    LiveDash OLED

    Rampage VI Extremeマザーボードは、役立つ情報やカスタマイズ可能なグラフィックを表示するOLEDパネル「LiveDash」を搭載しています。電源投入、セルフテスト(POST)フェーズの間、LiveDashは、従来のPOSTコードを使用して、進捗状況を表示します。その後、通常の動作に移行すると、CPU周波数、デバイス温度、ファン速度、またはウォータークーリングゾーンの情報のいずれかを選択、あるいはデフォルトのLiveDash GIFをカスタマイズしてオリジナルの画像やアニメーションを表示させることができます。

    Rampage VI Extreme OLED gif

    NEXT-GENconnectivity

    • 1
    • 2
    • 3

    802.11AD WI-FI

    最大4.6 GbpsのオンボードWi-Fi

    最大4.6Gpsの転送速度に対応する802.11ad無線LAN機能を搭載しています。**, 4K UHD ビデオストリーミングなども快適に視聴することができます。

    * 802.11ad(WiGig)の可用性は地域によって異なります。
    ** ネットワークの環境により速度は変わります。

    • 10GオンボードLAN

      10倍速イーサネットでボトルネックを回避

      限界に挑むパワーユーザーやコンテンツクリエイターの厳しい要求に対応するように設計された10GbpsのオンボードLANは、ホームネットワークを新時代へと導きます。標準的なギガビットイーサネットの最大10倍にも及ぶ帯域幅は、非圧縮の4K UHDビデオのストリーミングや、ファイルのバックアップおよび転送をこれまでにないスピードで実現します。また、中間の2.5Gbpsおよび5Gbps接続にも対応しているため、より高速なネットワーク接続と最大の柔軟性を両立しています。必要な帯域幅を自由に選択して、あらゆるスピードで極小のレイテンシを体験してください。

      * 10Gbps動作にはカテゴリ6以上のネットワークケーブルが必要です。Category 5eケーブルでは5Gbps以下で動作します。.

    • Intelイーサネット

      CPU負荷の低減とTCP & UDPの高スループット

      ROG RAMPAGE VI EXTREMEは最新のIntel®イーサネット(I219-V)を搭載しており、高速でスムーズなゲームの動作を可能とします。Intelイーサネットはプロセッサーとチップセットに対して、CPUのオーバーヘッドを削減すると同時に、TCP/UDPのスループットを向上すうるコントロールを行います。これにより、プロセッサの負荷が軽減されるため、マシンはゲームやタスクに対してより大きな処理能力を割くことができます。.

    LANガード

    スループットの向上と
    最高のサージ耐性

    本製品は高耐久で高品質なLANポートを搭載しています。「LANGuard」という名称のこのLANポートは、一般的なLANポートとくらべて1.9倍の静電気の電圧に耐えることができ、2.5倍の過電圧(最大15,000V)に耐えることができます。また、LANGuardでは内部に使用しているコイルなどの部品にも低ESRの高性能なものを使用しており、通信時の優れた信号特性を実現しています。

    1.9倍

    静電気耐性

    2.5倍

    過電圧耐性
    languard
    • ESD guards

    • Surge-protected components

    GAMEFIRST IV

    ゲームの通信優先度を高める

    GameFirst IVはネットワークトラフィックを最適化し、オンラインゲームからラグを取り除きます。マルチゲートチームを最大4つのネットワークチームに追加し、最大限の帯域幅とスムーズなゲームプレイを実現しました。 また、新しいアプリケーションデータを解析してデータベースを自動的にコンパイルする新しいインテリジェントモードを利用すれば、すべてのゲームが最高のパフォーマンスを発揮できるように最適化されます。

    watch video

    gamefirst IV

    トリプルM.2

    Rampage VI Extremeには、Intelの「IRST」および「VROC」オプションを最大限に活用することできる3つのM.2ドライブを備えています。3つのM.2スロットは、メモリスロットに隣接したDIMM.2モジュール上に2基、ROGアーマー下に1基で構成されます。VROCは、DIMM.2スロット上の2基のドライブをペアにすることで構成でき、一方でDIMM.2スロットとオンボードのM.2スロットの1基ずつをペアにすれば、IRST RAIDを構成することが可能です。

    • 1
    • 2
    • ROG DIMM.2

      ROG RAMPAGEVIEXTREMEには拡張カード「DIMM.2」が付属し、2つのM.2ドライブをDDR4インターフェイス経由で接続することができます。カード上に冷却ファンを追加することでM.2ドライブのサーマルスロットリングを防ぎ、最高のパフォーマンスを確保できます。

      *DIMM.2は、Type 22110(全長110mm)以下のM.2ドライブに対応
      dimm.2 detail

      ROG DIMM.2は、ソフトウェア「Fan Xpert 4」またはUEFI BIOS経由で搭載ファンの回転数と静音性のコントロールを可能とする、サーマルプローブヘッダー1組を搭載しています。

      1. ファンホルダー用のねじ穴
        * ファンホルダーは50mmのファン2台か80mmのファン1台に対応しており、現在市場に出ている様々なメモリークーラーをお使いいただけます。
      2. 2 サーマルプローブヘッダー
      3. 気流をよくするための穴
      x
    • PCIe Gen3 M.2

    VROC

    RAIDをアップグレード

    Rampage VI Extremeは、4つのPCIe® 3.0 x16 M.2ドライブを接続することで最大128Gbpsもの帯域幅を実現する「ASUS Hyper M.2 X16カード*」を増設することで、Virtual RAID on CPU(VROC)の性能を解き放ちます。PCHベースのRAIDアレイは、DMIバスの32Gbpsの制限によってボトルネックとなりますが、VROCでは、CPU PCIeレーンを利用することで非常に高速にデータを転送できるブータブルRAIDアレイの構成を可能とし、この制限を取り除きます。.

    *ASUS Hyper M.2 X16 Card は別売りで購入可能です

    Join the NVMe revolution

    SSDをスピードの限界へと導く革新的な仕様。任意のドライブをただ接続するだけで、最大32Gbpsのデータ転送速度を実現し、PCIeスロットを他の拡張カードのために解放できます。

    intel OPTANE memory

    Intel Optane memory ready

    Intel® Optane™は、 Rampage VI Extremeがサポートする画期的な不揮発性メモリテクノロジーです。Intel® Optane™メモリモジュールは、接続したストレージを高速化してブート時間とロード時間を短縮するため、マシンのすべての動作がより速くなり、より機敏にレスポンスを返すようになります。
    learn more >

    best gaming performance

    5-Way Optimization

    ワンクリックでオーバークロックと冷却性能の最適化を自動設定

    ワンクリックで複雑なチューニングを自動設定します。5-Way Optimizationは PCビルドに合わせてカスタマイズされたオーバークロックと冷却の設定を提供し、自動的にシステム全体のチューニングを施します。

    ・ ユーザーそれぞれのシステム構成用に最適化されたオーバークロックおよび冷却プロファイルを提供する自動チューニングユーティリティ
    ・ 冷却ファンは日常的な用途では静粛性が保たれ、システムがCPUやGPUに多大な負荷をかけるタスクの実行中には最適なエアフローを提供します
    ・ ユーザーがCPUまたはメモリのワークロードを軸に最適化とオーバークロックを可能にする全く新しいストレステスト

    • TPU

    • EPU

    • Fan Xpert 4

    • Digi+
      Power control

    • Turbo Core
      App

    CPUパフォーマンスの向上

    ASUS AI Suite 3 ユーティリティを使用して、即座にPCを始動! TurboV プロセッシングユニットは、正確な電圧制御とCPUとグラフィックスカードの高度なモニタリングを提供すると共に、オーバークロックパラメーターを調整してパフォーマンスを最適化します。.

    総合的なエネルギー効率の向上

    Energy Processing Unit (EPU)を使用すると、システム全体の電力をリアルタイムで節約することができます。EPUは、ハードウェアの要求に応じて消費電力を自動的に検出して調整するので、マシンの性能を犠牲にすることなく電力を節約できます。 また、アウェイモードを使えば、EPUはCPUのワット数を限界まで下げ、未使用のI/Oコントローラをシャットダウンし、グラフィックスカードの消費電力を削減する、まさに極限の省エネルギーモードが実現します。

    空冷/水冷に両対応した柔軟なコントロール

    Rampage VI Extremeでは、Fan Expert 4またはUEFI BIOSを介して、冷却ファンからウォーターポンプ、オールインワン(AIO)クーラーに至るまで、包括的なコントロールが可能です。Auto-Tuningモードでは、空冷・水冷に依らず、ワンクリックですべてのパラメータをインテリジェントに設定することができます。一方、Extreme Quiet モードでは、すべてのファンのスピードがデフォルトの最小値以下に抑えられ、軽いタスクを実行するときにはシステムは完全な静粛性を獲得します。

    精密なデジタル電源制御

    Digi+は、電圧低下、スイッチング周波数、および電力効率の各設定をリアルタイムでコントロールし、CPU電圧を微調整することで究極の安定性と性能を実現します。

    あらゆるアプリケーション用のコア単位のパフォーマンス最適化

    Intelの最新プロセッサはコア単位のチューニング機能を備え、ASUS Turbo Coreアプリケーションでは、特定のプロセッサコアにアプリケーションを割り当てることが可能なため、必要に応じてPCの処理能力に優先順位を付けることができます。

    冷却設計

    Rampage VI Extremeは史上最も包括的なファンコントロールを備え、Fan Xpert 4またはUEFI BIOSを介して設定可能です。

    Rampage VI Extreme
    • Multiple temperature sources position
    • Water pump+ position
    • 4-pin PWM/DC fan position
    • Bundled Fan Extension Card position
    • Smart Protection position
    • Water in/out position
    • Water flow position
    • Block sensor position
    • 複数の熱源

    • Water pump+

    • 4ピンPWM/DCファン

    • 冷却ファン用拡張カードが付属

    • スマートプロテクション

    • ウォーター IN/OUT

    • ウォーターフロー

    • ウォーターブロックセンサー

    • モニタリングする熱センサーを3つまでユーザーが設定可能で、各ヘッダーはそれに応じて作業負荷に基づいた冷却を実現します。すべては「Fan Xpert 4」またはUEFI BIOS経由で簡単に管理することができます。

    • 高性能なPWM/DCウォーターポンプ用に3A以上の電力を供給できる専用ヘッダー

      detail
    • 全オンボードヘッダーはPWM/DCファンの自動検出に対応しています。

      * W_PUMP+およびAIO PUMPもPWM/DCの制御に対応しています。
    • DC/PWMファンヘッダー3基と、サーマルプローブヘッダー3基を増設する拡張カードが付属します。

      detail
    • 過熱および過電流から各ファンヘッダーを保護する専用の集積回路

    • 任意のコンポーネントの入力/出力時の温度監視が可能

      detail
    • 水路全体の流量の常時監視を実現

      detail
    • Rampage VI Extreme用に設計されたウォーターブロックの流量・温度・液漏れデータを提供する特殊なコネクター

    高いメモリ耐性

    DDR4 OC 4200MHz+

    第3世代のASUS T-Topologyは、タイムアライメントされたシグナリングと最小限のクロストークを実現する最適化されたトレースパスにより、メモリの安定性と互換性を強化し、DDR4-4200MHz以上のメモリ周波数をサポートします。

    CPU : Intel LGA 2066 i9-7900X | マザーボード : Rampage VI Extreme |
    DRAM : G.Skill F4-3200C16Q-16GRKD | 電源 : Corsair AX1500i | 水冷システム : Corsair H115i

    4200+ MHz

    OCデザイン - ASUS PRO CLOCK II テクノロジー

    専用のベースクロックジェネレーターがCPUとメモリのオーバークロックマージンを拡張します。このカスタムソリューションはTPUとの連携で、電圧とベースクロックのオーバークロック制御を強化し、Intel® Core™ Xシリーズプロセッサが持つすべての性能を引き出すと共にユーザーの求める調整に柔軟に応えます。

    ASUS Pro Clockがもたらすメリット

    • 起動時間の短縮
    • 高度なオーバークロックのための極限環境でのジッター低減
    • 過剰なオーバークロック時の安定性の向上

    各種メディアから高い評価を得たUEFI BIOS

    スムーズで滑らかなマウス制御を可能としたグラフィカルBIOSには、更なる改良が施されました。PCの初心者でも、熟練のオーバークロッカーでも、EZモードとアドバンスモードを使い分けて、それぞれの求めるものを素早く簡単に見つけることができます。

    EZモード

    • EZ Tuning Wizard

      OCとRAID。ハードウェアを選択し、さまざまなシナリオを適用してシステムパフォーマンスを調整したり、RAID構成を合理化してデータの転送とバックアップを高速化したりすることができます。

    • 直感的なグラフィカルファンコントロール

      マウスで曲線をドラッグするだけで、個々のファンを微調整できます。

    • SATA情報の表示

      デバイスを識別するためにSATAポートの詳細を簡単に表示します。

    • 日時設定

      UEFI BIOSの日時設定を簡単に行えます。

    Advanced Mode

    • お気に入り機能

      よく使う項目をお気に入りに登録しておけば、簡単にその項目にアクセスできます

    • EZ Flash 3

      BIOSインターフェース上から、インターネット経由でBIOSを更新できます。

    • SMART

      ストレージデバイスのS.M.A.R.T(セルフモニタリング、分析、およびレポートテクノロジー)ログをチェックして、信頼性を評価し、潜在的な故障を特定します。

    • GPU POST

      選択したASUSグラフィックスカードの詳細情報を自動的に検出し参照できます。

    • セキュアイレース

      SSDを工場出荷状態に初期化することができます。

    • 更新履歴の確認

      最後の変更を記録し、設定したプロファイルをUSBドライブに保存することができます。

    • SATAポートの名前変更

      簡単に識別できるようにSATAポートに名称を設定することができます。

    best gaming audio

    SupremeFX

    ROGのフラグシップであるRampage VI Extremeでは、オンボードオーディオは更なる進化を遂げました。 フロントパネルのヘッドフォン出力は、統合型DAC/AMP「SABRE9018Q2C」によって、115dB THD+Nにも達し、オーディオトラックの微妙な表情まですべて再現することができます。音の解像度はESS Hyperstream™ DACアーキテクチャーによって更に改善され、サウンドステージの拡張と、より良い定位感をもたらします。また、解像度だけでなく、121dB DNRがもたらすノイズフロアによって、ダイナミックでパンチの効いたサウンドを実現します。そして、付属するソフトウェア「Sonic Studio」はイコライザオプションを提供し、用途や好みに合わせてサウンドにアクセントをつけることができます。

    Sonic Studio III

    Sonic Studioは、VRヘッドセットのHRTF(頭部伝達関数*)ベースのバーチャルサラウンドをサポートしており、風景を再現するような深みのあるサウンドで、より向上した没入感をもたらします。直感的なSonic Studioインターフェイスには、さまざまなEQオプションを備えており、個人の好みやヘッドセットの特性に合わせて音響を細かく調整することができます。

    Sonic Studio UI
    • 1
    • 2
    • 3
    • アプリケーションごとの設定

      オーディオプロファイルをカスタマイズすることで自分好みの音を聴く事が出来ます。

    • サラウンドサウンド

      本物の没入感をもたらすサラウンドサウンド

    • Sonic Studio Link

      新しいSonic Studio Link VR機能により、HRTF効果がOculus RiftやHTC Viveなどのヘッドセットにも拡張されます

    *頭部伝達関数とは、ダミーヘッドを介して記録された音声データから生成された音声アルゴリズムです。テストトーンは、ダミーヘッドの周りの球形グリッドから再生され、異なる方向から来る音の微妙な変化を取得します。 アルゴリズムはSonic Studioのバーチャルサラウンド機能に統合され、リアルな音声を再現します。
    ** Sonic Studio Linkは、バージョン3.6以降でのみご利用いただけます。

    Sonic Studio UI

    敵を見つけ出し、倒す方法

    Sonic Radar III

    ゲーム用に特化したオーディオ機能として、ゲーム内の音がする方向を画面上にグラフィカルに表示する「Sonic Radar III」機能を搭載しています。たとえば一人称視点のシューティングゲーム(FPS)などで、敵の足音や銃声がする方向と距離を画面上に視覚的に表示することができます。

    • 進化したオーディオアルゴリズム

      新しいSonic Radar オーディオアルゴリズムは精度が向上しており、敵の位置を正確に知ることができます。
    • 3Dエンジン

      Sonic Radar IIIは、より直感的な体験のために、ゲーム画面上に3D矢印を表示する、まったく新しいHUDを中心に構築されています。
    • オーディオブースト

      新しいオーディオブースト機能により、微かな音もダイレクトに聞くことができるようになりました。 *HUD:ヘッドアップディスプレイ
    • オーディオレーダー

      Sonic Radar 3は周囲のノイズや混戦に関係なく効果を発揮します。

    DIY Friendly Design

    プリマウントI/Oシールド

    ROGが特許出願中のI/Oシールドは、最大12kVの静電気放電に耐えることができ、マザーボードのPCケースへの取り付けをさらに容易にするためにボード側にあらかじめ取り付けられています。その洗練された新しいデザインは、見た目だけでなく、その性能も折り紙つきです。

    pre-mouonted I/O shield

    接続したグラフィックスカードを保護

    Rampage VI Extremeには、VGAホルダーが付属しており、グラフィックスカードの損傷や歪みを防止することができます。ROG VGAホルダーは、1枚の強力な金属板で構成され、最大15kgの重量に対応するため、最重量級のグラフィックスカードをも支えることができます。

    VGA holder

    SafeSlot

    SafeSlotは、ASUS独自設計の改良型PCIeスロットで、優れた保持力と剪断抵抗を持ちます。単一工程の新しいインサート成形プロセスで製造された本スロットは、板金補強によって高い強度得ており、追加のはんだ付けポイントによってマザーボードにしっかりと固定されています。

    *特許出願中
    SafeSlot


    Q-connector

    1 piece

    すべてのフロントパネルケーブルを簡単に接続することができます。

    DRAM
    過電流保護

    1つの追加

    リセッタブルヒューズが接続ポートとDRAMを過電流および短絡による損傷から保護します。


    カラー対応のQ-LED

    オンボードLEDは、CPU、メモリ、グラフィックスカード、またはブートデバイスの電源状態と潜在的な問題を提示するため、迅速な診断が可能です。


    TrueVolt USB

    2 dedicated

    すべてのUSBポートに5Vの安定した電圧を供給し、電力損失を最小限に抑えることでデータ損失のリスクを低減します。


    Q-Slot

    1 clip

    グラフィックスカードの交換や固定が容易です。


    Q-DIMM

    1 sided

    片側スライドクリップでメモリモジュールの取り扱いはシンプルかつ安全です。

    GIVES YOU MORE

    Overwolf

    Overwolf

    Overwolfはゲーム画面上に表示される機能的なオーバーレイで、ゲームを中断することなくインターネット、電子メール、インスタントメッセージング、ストリーミング、ゲームプレイの録画といった各種機能をが利用可能です。 あなたがエリートパックのメンバーであることを示すカラーマッチしたROGスキンも、Overwolf App Storeからダウンロードできます。

    • インゲームドック

    • インゲーム着信

    • マルチIM対応

    • 5 customizable apps

    • 0 missed calls during gaming

    • 5+ clients in a single interface

    CloneDrive

    ROG Clone Drive

    ROG Clone Drive は、ハードディスクドライブやSSDを迅速かつ効率的に複製するスマートで便利なクローニングソリューションです。 Clone Drive は非常にスマートなので、1つのドライブを2つのターゲットドライブへ同時に複製したり、ディスクからファイル高速で抽出したりすることができます。

    RAMCache II

    RAMCache

    ROGのユニークでインテリジェントなテクノロジーは、ストレージデバイス全体を効率的にキャッシュして、好きなゲームやアプリが瞬時に起動することを可能としました。RAMCacheは、ゲームのローディング時間をミリ秒単位からマイクロ秒単位という驚異的な次元まで短縮します。

    すべてのストレージデバイスを自動的にキャッシュして、システムのキャッシングリソースを最適に使用します。

    Keybot II

    KeyBot II

    専用のマイクロプロセッサーと直観的なユーザーインターフェースによって、お持ちのキーボードをアップグレードすることができます。キーボードから直接マクロを記録したり、瞬時にプロファイルを切り替えたり、F1-F10のホットキーで特別な機能を有効にしたり、シャットダウン(S5モード)状態からPCを起動したりすることもできます。

    You can even use KeyBot II to boost your PC into a specific mode with two-second press

    and.. more

    • AI Suite 3

      各種機能を1つに統合した統合ツールアプリ

    • ROG仕様のCPU-Z

      重要なシステム情報を表示

    • Mem TweakIt

      ダイナミックタイミングモニタリング、DRAM効率ゲージ

    • RAMDisk

      ジャンクション機能でSSDよりも最大20倍速く、アプリケーションをブーストします。

    • Kaspersky® Anti-Virus (1年間)

      定評のあるウイルス対策アプリ

    • DAEMON toolsソフトウェア

      光学ドライブを仮想化するアプリ

    • PC Cleaner

      クリックするだけでPCを高速化

    VRに対応

    Rampage VI Extrem は「VR Ready」の更に先を行きます。ASUS ROG Beyond VR Ready Marqueは、Rampage VI Extremが多数のトップクラスのコンポーネントとの組み合わせでテストされ、VRヘッドセットを使用しない時でも、ゲーム、エンターテインメント、ビジネスのニーズに応えられるよう最大限の調整が施されていることを意味します。 ASUS Beyond VR Readyは、自信を持ってあなたの夢のシステムを構築する新しい方法を提供します。

    The Power of Intel

    Intel® LGA 2066 ソケット Intel® Core™ X-series プロセッサ

    Intel Core X-series processors (6-core and above): 4-channel (8-DIMM), 44/28 PCI Express 3.0/2.0 レーン



    Intel X299 チップセット

    Intel X299チップセットは、LGA 2066ソケット Intel Core Xシリーズプロセッサをサポートしています。シリアルポイントツーポイントリンクを利用してパフォーマンスを向上させ、帯域幅と安定性が向上します。さらに、X299は最大10個のUSB 3.1 Gen 1ポート、8個のSATA 6Gbpsポート、32Gbps M.2サポートします。