ASUS無線LANルーターの下記製品の3004.386.4xxxxから、IPSecのIKEプロトコルIKEv2をご利用いただくことができます。

 

対応製品 ※3004.386.4xxxx以降のファームウェア
RT-AC86U
RT-AC88U
RT-AX88U
RT-AX92U
GT-AC2900
GT-AC5300
GT-AX11000
ZenWiFi XT8

ASUS無線LANルーターのセットアップ

1. ウェブブラウザのアドレス欄に「router.asus.com」を入力して管理画面にアクセスし、詳細設定の項目の[VPN]をクリックします。

※ 無線LANルーターのIPアドレスを変更している場合、管理画面にアクセスするには変更後のIPアドレスを入力してください。
※ 無線LANルーターのIPアドレスが判らない場合は、Device Discoveryユーティリティーをご使用ください。

2. [IPSec VPN]をクリックし、IPSec VPNサーバーを有効にします。

※本機能をご利用いただくには、WANがグローバルアドレスを取得している必要があります。

3. 事前共通鍵のパスワードを入力します。

4. ユーザー名、パスワードの設定、IKEのバージョンを[V2]を選択し、[+]をクリックしてリストに追加します。

5. [適用]をクリックします。

6. [Windows用]を選択し、[エクスポート]をクリックします。

7. ダウロードしたファイルがIKEv2の証明書になります。

Windows10 PCのセットアップ

1. WindowsデスクトップでウィンドウキーとRキーを同時に押して、[ファイル名をして実行]を表示し、[regedit]と入力します。

2. レジストリ―エディターの検索ボックスに以下のアドレスを入力します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\RasMan\Parameters

3. 編集→新規→DWORD(32ビット)値の順にクリックします。

4. [新しい値]というレジストリーが出来上がるので、[DisableIKENameEkuCheck]に名前を変更します。

5. レジストリーをダブルクリックし、値のデータを[1]に変更し、[OK]をクリックします。

6. PCを再起動します。

7. 先ほど、ダウンロードしたIKEv2の証明書を開き、[証明書のインストール]をクリックします。

8. [ローカルコンピューター]を選択し、[次へ]をクリックします。

9. [信頼されたルート証明機関]を選択し、[OK]をクリックします。

10. [次へ]をクリックします。

11. [完了]をクリックして画面を閉じます。

12. [OK]をクリックします。

13. デスクトップのワイヤレスアイコンを右クリックし、[ネットワークとインターネットの設定を開く]をクリックします。

14. メニューからVPNを選択し、[VPN接続を追加する]をクリックします。

15. 下記の通りVPN接続の設定を行い、[保存]をクリックします。

VPNプロバイダー:Windows(ビルトイン)

接続名:任意の名前を設定します。

サーバ名またはアドレス:IPSec VPN基本設定のサーバーIPアドレスを入力します。

VPNの種類:自動

サインイン情報の種類:ユーザー名とパスワード

ユーザー名(オプション):(空白)

16. 新たに作成されたIPSec VPNの接続名で[接続]をクリックします。

17. 無線LANルーター側で作成したIPSec VPNのユーザー名とパスワードを入力します。

 

注意事項

1. IPSec VPNで接続を行いローカル側のデバイスに接続する際は、ファイアウォールの設定が適切に行われているかご確認ください。

2. IPSec VPNの最大接続クライアント数は8台です。

3. アカウント1つにつき接続できる台数は1台です。

4. ユーザー名、パスワードを空白にしてのIPSecの利用はできません。

 

※使用されているイラスト、画面、各項目の名称、設定値、利用可能な機能は、ご利用のモデルやファームウェアのバージョンにより異なる場合があります。予めご了承ください。

※ASUSダウンロードセンターでは、最新ファームウェア、ソフトウェア、マニュアルなどを提供しています。

https://www.asus.com/jp/support/Download-Center/

※ASUSダウンロードセンターの検索手順に関してはこちらのFAQをご参照ください。

https://www.asus.com/jp/support/FAQ/1015629