[WiFiルーター] スマートコネクトの設定方法

スマートコネクトとは

スマートコネクトは、ASUSルーターに搭載されている機能で、デバイスを2.4GHzまたは5GHzの適切な帯域に自動的に接続します。通常、ユーザーはデバイスの能力の応じて適切な帯域を手動で選択する必要があります。スマートコネクトを使用することで、各デバイスに適切な帯域を手動で選択する必要がなくなり、デバイスをネットワークに接続するプロセスが簡素化されます。スマートコネクト機能を有効にした場合、5GHzのワイヤレス設定(ネットワーク名/パスワード)は、すべて2.4GHzの設定と同じに変更されます。

 

目次

ASUS Routerアプリを使用してスマートコネクトを有効にする

管理画面からスマートコネクトを有効にする

スマートコネクト詳細設定

よくあるご質問(FAQ)

  

準備

1). 本ページ最上部の「製品」欄に、お使いの製品のモデル名が記載されていることを確認します。(モデル名の記載がない場合はスマートコネクト非対応です)

2). ASUS Routerアプリで設定を行う場合は、お使いのスマートフォンやタブレットにASUS Routerアプリをインストールします。

     ASUS Routerアプリのインストール方法について、詳しくは次のリンクをご覧ください。

[WiFiルーター] ASUS RouterアプリでASUS Wi-Fi ルーターを設定する方法 (QIS:クイックインターネットセットアップ)

[WiFiルーター] ASUS Routerアプリで複数のASUSルーターを管理する方法

     ASUS ExpertWiFiアプリのインストール方法について、詳しくは次のリンクをご覧ください。

[WiFiルーター][ExpertWiFi] 二次元コードを使用した簡単セットアップ

3). お使いのASUSルーターのファームウェアが最新の状態に更新されていることを確認します。      
     ファームウェアバージョンの更新方法について、詳しくは次のリンクをご覧ください。

[WiFiルーター] ASUS Routerアプリからルーターのファームウェアを更新する方法

[WiFiルーター] ルーターのファームウェアを最新の状態に更新する方法

4). お使いの機器でASUSルーターのWi-Fiネットワークに接続します。

     各デバイスをWi-Fiネットワークに接続する方法については、次のリンクをご覧ください。

Windows でWi-Fi ネットワークに接続する - Microsoft サポート (外部リンク)

Android デバイスを Wi-Fi ネットワークに接続する - Android ヘルプ (外部リンク)

iPhone、iPad、iPod touch で Wi-Fi に接続する - Apple サポート (外部リンク)

 

ご注意: スマートコネクトのデフォルト設定では、スマートフォンなど接続するデバイス側のWi-Fiネットワーク設定によっては、スマートコネクト機能がうまく動作しない、頻繁に切断されるなどの問題が発生する場合があります。

 

 

ASUS Routerアプリを使用してスマートコネクトを有効にする

1. ASUS Routerアプリを起動し、設定 > WiFi > ワイヤレス設定 > ネットワーク設定 の順にタップします。

 

2. スマートコネクトを[トライバンドスマートコネクト]に設定し[適用]をタップします。

    設定が完了すると、下図のように2.4GHz、5GHz-1、5GHz-2の3つの帯域で同じネットワーク名とパスワードが使用するようになります。

    お使いのルーターが2.4GHzと5GHzの2つの帯域をサポートするモデルの場合は、スマートコネクトの設定で[デュアルバンドスマートコネクト]を選択します。 

    ご参考: モデルによって対応する機能は異なります。対応するバンドや仕様は 当社ウェブサイト の各製品ページでご確認ください。

 

 

管理画面からスマートコネクトを有効にする

1. PCとASUSルーターをWi-FiまたはLANケーブルで接続します。次に、ウェブブラウザを起動し、アドレス欄に http://www.asusrouter.com または LAN IPアドレス を入力し管理画面にアクセスします。

    詳しくは [WiFiルーター] ルーターの管理画面を表示する方法 をご覧ください。 

 

2. ログインページでユーザー名とパスワードを入力し[ログイン]をクリックします。

    ご参考: ユーザー名やパスワードを忘れてしまった場合は、ルーターを工場出荷状態に戻して再度設定を行ってください。

                詳しくは [WiFiルーター] ルーターを工場出荷時の状態にリセットする方法 をご覧ください。

 

3. WiFiルーター: 詳細設定メニューから ワイヤレス > 全般 の順に進み、「スマートコネクト」を[ON]に設定します。

    ExpertWiFi: 設定 > ワイヤレス > 全般 の順に進み、「スマートコネクト」を[ON]に設定します。

 

4. [適用]をクリックして設定を保存します。

    これで、2.4GHzと5GHz-1、5GHz-2の帯域が同じネットワーク名とパスワードで利用できるようになりました。

    ご参考: モデルによって対応する機能は異なります。対応するバンドや仕様は 当社ウェブサイト の各製品ページでご確認ください。

 

 

スマートコネクト詳細設定

ASUSルーターにはスマートコネクトスイッチングメカニズムのためのトリガー条件がデフォルトで設定されています。利用するデバイスやネットワーク環境によっては、スマートコネクト機能を快適に使用するためにトリガー条件を調整する必要があります。        
スマートコネクト設定をカスタマイズするには、詳細設定メニューから ワイヤレス > 全般 の順に進み、[スマートコネクト詳細設定]のリンクをクリックします。

  

スマートコネクト詳細設定の概要

特別な要件がない場合は、デフォルト設定を使用することをおすすめします。

 要約すると、(1) と (2) ではフィルターの条件を設定し、(3) では条件を満たした場合に切り替える帯域を設定します。(4) では、異なる帯域に切り替えるまでの猶予回数と時間を設定します。

 

(1) 帯域切替条件

     帯域切替をトリガーする必要があるかどうかを確認する条件を設定します。

(2) STA選択ルール

     帯域切替がトリガーされると、ルーターはこのSTA選択ルールに従って最適な帯域に切替可能なクライアント/STAをピックアップします。

(3) インターフェースの選択と品質

     トリガー条件に達すると、クライアントデバイスはターゲット帯域に切り換わります。

(4) バウンス検出

     TクライアントT/STAのバウンスバックを防止するために、クライアント/STAの操作された回数猶予時間(Window Time)で変更すると、滞留時間(Dwell time)中は現在の帯域に接続されたままになります。

     例えば、上記画像の設定は、デバイスが60秒間2回操作された場合、デバイスは180秒間現在の帯域に接続されたままになります。

 ご参考: デバイスが「802.11n」までサポートの場合、VHTが[AC only]に設定されているとそのデバイスはルーターのネットワークに接続することはできません。

            VHT:

All: すべてのクライアントデバイス

AC only: すべての802.11acクライアンデバイス

Not-allowed: すべての802.11ac以外のクライアンデバイス

           

設定が完了したら[適用]をクリックして設定を保存します。

 

 

よくあるご質問(FAQ)

Q1. スマートコネクトの設定をデフォルト状態に戻す方法はありますか?

      スマートコネクト詳細設定ページで[Default(デフォルト)]ボタンをクリックすることで、設定した規則を規定値に戻すことができます。

 

Q2. dBm値から、現在の接続信号強度をどのように判断することができますか?

   信号強度(強い): -20dBm ~ -70dBm

   信号強度(普通): -71dBm ~ -80dBm

   信号強度(弱い): -81dBm 以下

   上記を参考に、現在の信号強度をdBm値から判断することができます。

   信号強度が弱い場合は、 [WiFiルーター] 無線信号の受信状態を改善する方法 を参考に信号状態を改善してください。