お知らせ

ASUS バッテリー情報センター

 

バッテリーパックの耐用年数は環境温度、湿度、ノートブック PC の使用率によって変わります

  1. バッテリー容量は、使用にともない徐々に減少します。
  2. リチウムイオン(Li-ion)バッテリーは通常、300~500回の充電が可能です。正しく使用していれば、300回の充電または1年間の使用後に、元の容量の約80%が使用できる想定です。
  3. 高温または低温の環境で使用すると、同じ使用頻度であっても70%以上の容量が失われることがあります。
  4. その他にも、システムの設計、ノートパソコンのモデル、オペレーティングシステムの電力管理設定も、バッテリーの寿命に影響します。また、使用する環境の温度や、バッテリーの完全放電と完全充電の回数も、バッテリー性能に影響します。
  5. ノートパソコンでのバッテリーの放電率は、電力管理設定と、実行しているアプリケーションの種類によって直接影響を受けます。たとえば、グラフィック、アニメーション、ゲーム、動画再生など、プロセッサを集中的に利用するアプリケーションは、一般的なデスクトップアプリケーションよりも多くの電力を消費します。
1. ノートパソコンを2週間以上使用しないときは、ノートパソコンからバッテリーを取り外し、電源アダプターを取り外します。バッテリーは使用していなくても、時間経過にともない放電します。バッテリーの寿命を延ばすために、3か月おきに充電してください。充電を怠たると、充電できなくなったり、電力を維持できなくなることがあります。 2. バッテリーは、10℃~30℃の温度で保管してください。温度がこの範囲を下回ると、バッテリー性能が低下します。また、ノートパソコン内部の温度は、周囲の温度より高くなります。高温でバッテリーを使用すると、バッテリーが破裂する危険性が高くなります。
3. バッテリーは通常、正しく使用していれば、300~500回の充電が可能です。高温または低温の環境でノートパソコンを使用すると、バッテリーの充電可能回数に影響を与えます。 4. 湿気の多いところや低温の環境でバッテリーを保管しないでください。湿気や低温で放電が速くなることがあります。また、低温によりバッテリー内部の化学成分が劣化することがあります。一方で、極度の高温ではバッテリーが破裂する危険性があります。
5. バッテリーの寿命が延びるよう、電源アダプターを頻繁に抜き差ししないでください。 6. ノートパソコンまたはバッテリーを、ラジエーター、暖炉、ストーブ、または何らかの熱源の近くに置かないでください。温度が60℃を超えると、バッテリーが破裂して漏液し、火災を起こす可能性があります。
  1. ASUS Power4Gear(スーパーハイブリッドエンジン)には、状況に応じて4つの電力管理モードがあります。システムをDCモードに切り替えると、ASUS Power4Gearはバッテリーの寿命を延ばすために、自動的にバッテリー節約モードに切り替わります。

    バッテリーの節約には以下の方法もお試しください。

    • ディスプレイの明るさを下げます。
    • スクロールバーを動かして「最大プロセッサー状態」および「最小プロセッサー状態」を調整し、プロセッサー (CPU) のパフォーマンスを制限します。プロセッサーの活動を抑えると、電力消費を低減できます。*
    • 使用していないデバイスやハードウェアコンポーネントをオフにします。
    • 自動電力節約設定(ディスプレイの明るさを下げる、ディスプレイをオフにする、指定時間後にスリープ)を有効にして、電力消費を低減します。

    プロセッサーの状態を変えると、システムパフォーマンスに影響を与えることがあります。各電力モードのデフォルト設定を使用することをおすすめします。

  2. 無線デバイスをオフにします ( Fn + F2 )。
    文書処理など、ネットワークアクセスを必要としないアプリケーションのみを実行している場合、無線ネットワークアダプター、Bluetoothまたは3Gカードをオフにして、電力消費を低減できます。
  3. その他のアプリケーションとアクセサリをオフにします。
    使用していないアプリケーションまたはアクセサリはオフにできます。不必要なアプリケーションまたはコンポーネントを、オフにするか無効にすると、電力消費を低減し、バッテリーの寿命を延ばせます。

  1. ASUSバッテリー保証は、次の規約の下で適用されます。
    • バッテリーが保証期間内であるにもかかわらず、ノートパソコンが突然オン/オフの状態になる、シャットダウンする、あるいはシステムを起動できない場合、欠陥のあるバッテリーを新品と交換します。
    • 次の条件の下で新品のバッテリーに交換します。 (a) バッテリーを充電できない、(b) ノートパソコンがバッテリーの接続を検出できない、(c) バッテリー交換を促すメッセージまたは警告が繰り返し表示される、(d) バッテリーの充電インジケーターの点滅動作が異常である。
  2. 限定保証サービスの適用対象外
    • 経年劣化でバッテリー容量が低下した場合。
    • 公認スタッフ以外の者により製品が改ざん、修理、改良された場合。
    • 購入を証明する書類を提示できない場合、または保証シールが剥がされたり、修正されている場合。限定保証を利用できるよう、購入を証明する書類は保管し、製品に貼られている保証シールは剥がさないでください。
    • 湿気や内部の漏液により、電子部品に錆びや酸化が見られる場合。
    • 誤使用または過失があった場合。
  1. リチウムイオンバッテリー

    リチウムイオンバッテリー (Li-Ion) には、リチウム金属またはリチウム合金を含む陽極素材と、非水系電解溶液が使用されています。リチウムイオンバッテリーは、高電圧、長寿命、高充電率が特徴です。軽量で有害物質を含まず、不十分な放電によるメモリー効果の影響はほとんどありません。高密度の電力容量を維持しながらも、高速充電が可能な、スマートバッテリー充電器を使用できます。リチウムイオンバッテリーは、携帯電話やラップトップなどの製品に使用されています。

  2. リチウムポリマーバッテリー

    リチウムポリマーバッテリーは、現在最も広く普及しているバッテリーです。高いエネルギー密度や、小型、薄型、軽量、低コストのバッテリーパッケージなどがその利点です。リチウムポリマーバッテリーはあらゆる形状と容量で製造可能で、0.5mmの薄さも実現できます。同じサイズのリチウムイオンバッテリーと比較して、2倍の電力容量があります。リチウムポリマーバッテリーは、携帯電話やラップトップ、タブレットコンピュータに使用されています。

ASUS独自のSuperBattテクノロジーは、ASUS Smart Charging Algorithmにより、ノートパソコンのバッテリーを長持ちさせます。標準的なバッテリーは時間とともに劣化し、充電を重ねるごとに充電レベルが低下しますが、SuperBattテクノロジーでは、1,000回の充電後でも最大70%の充電率を維持します。これは通常のバッテリーの3倍の性能です。

*ASUS SuperBattは、K45、K55、K75、K95でのみ採用されています。

テストモード 充電後の容量
300回 1000回
他社製バッテリーの通常充電 80%~70% N/A
SuperBattテクノロジー ~90% ~70%